テニス スポーツ

メンタル

自分を持ってさえいれば、どんな試合の結果でも受け入れることが出来る

テニス、もう辞めようかな・・・。

そう考えるきっかけって、人それぞれ。

でも、私が今まで聞いた中で一番多かったのは、このケース。

大事な試合のために頑張って来て、それでも思うような成果が出なかった時。

なかなかその結果と向き合うことって、難しいですよね。

 

自分を持ってさえいれば、どんな試合の結果でも受け入れることが出来る

 


 

1.受け入れがたい結果が出る、それがテニスの試合

当たり前ですが、どんなに優秀な選手、練習を積んだ選手が集まっても、優勝出来るのは1人、1組。

どんな名コーチでも2人を同時に優勝させることは出来ないし、コートを笑顔で去れるのは一人だけ。

結果だけに目をやれば、それが厳しい現実です。

受け入れがたい試合、結果、皆さんにもたくさんあるでしょう。

でも、それこそがテニスであり、人生でもあるんです。

少し大きな話になりましたが、自分をしっかり持てているかどうか。

この部分、意識してみるだけで違うと思います。

 

2.「自分を持っておく」ことで、孤独にも耐えられる

シングルスの試合、コートに立っているのは自分一人。

ものすごい孤独感、に襲われることは無いですか?

私は何度もあります。

「もう、このまま逃げて帰りたい・・・」と、何度思ったことか・・・。

でも、自分自身をしっかり持っている、ことが出来ている時期はそういう衝動にも打ち勝つことが出来る。

学生の皆さんは、なかなか「自分を持つ」ということは意識する機会、少ないかも知れません。

ずっと周りには、仲間がいますからね。

だからこそ、テニスや仲間から離れる、というのも、実は必要なんじゃないでしょうか。

いつもと同じ環境、では、見えるものも見えてこないのです。

 

3.テニスから離れる時期を、意図的に作ってみよう

試合の結果を受け入れる、ことが出来ない人は意図的にテニスから離れること。

打ちひしがれているのに、無理にコートに立つ必要は無いと私は思っています。

きっと、試合の中で失った自信、自分自身は、テニスで取り戻さないといけない。

でもその準備段階として、テニスから離れることで「自分が見えて来る」ということがあるでしょう。

自分を知ることは、簡単なようで難しい。

テニスを通じて「自分自身を持つ」ということは、テニスだけでは完成されない。

「最近、どうも結果が出ないし、そんな自分に疲れてきたな・・・」という方は、一度離れてみてはどうですか?

 

人はいつでも、最後は一人です。

一人で生まれて、一人で死んでいく。

残酷ですが、これが現実です・・・私も最近、すごく思います。

だったらテニスで、自分を作って、自分を持っておく。

自分を持ってさえいれば、一人の時間も耐えられるはず。

試合に出続けている人は、孤独に強くならないと結果も伴わない。

これだけは、覚えておいて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. テニス ミス

    メンタル

    「自分はミスをする人間である」と考えておけば、自然にメンタルは強くなる

    皆さんは試合中、「ミスは多い方」だと思いますか?試合以外の場所…

  2. テニス 指導

    メンタル

    絶対に勝たないといけない試合、がアナタを強く育てていく

    試合に出ているみなさんが、避けて通れない試合。それは、間違いな…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    試合中の絶体絶命の場面で、笑うこと

    人は、何かの大きな壁にぶつかったときに、その人の「生き方」が分かれるよ…

  4. テニス 戦術

    メンタル

    実力はあるのに試合に勝てない人は、序盤に〇〇を見せておこう

    試合の中で、皆さんはどんなプレーで序盤、入っていくイメージを持ってます…

  5. テニス 雨

    メンタル

    「雨の日」、「怪我したとき」、「試合で初戦敗退した日」にこそ、テニスが強くなれる根源がある

    昔ジャパンオープンのお手伝いをしていた頃、ある選手が口にしていた言葉を…

  6. テニス 守備

    メンタル

    「団体戦が2-2で自分の勝敗にかかったとき」に勝ち切る為のメンタルとは?

    団体戦、高校生の選抜予選などではシングルスとダブルスを合せて5本の勝負…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. 戦術

    綺麗でないポイントにこそ、本質がある
  2. テニス ポジショニング

    フットワーク

    滅多に来ない厳しいボールを、待ち続ける悲しい人たち
  3. テニス リターン

    ストローク

    「ゆるゆるテイクバック」が、テニスの基本です
  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合でネットに出るアプローチショットは、打った後のポジショニングが大…
  5. テニス 雪

    練習メニュー

    「挑戦するキャプテン、しないキャプテン」によって、チームの挑戦力の絶対量は決まる…
PAGE TOP