ストローク

ドロップショットを確実に決める!為に必要な4つのポイント

何度か記事で書いてきた、「ドロップショットの必要性」について。

ですが、いくつかお便りで頂くのですが、「そもそも、ドロップが打てない・・・」と悩んでいる方も多いようです。

確かに、テニススクールでも教えてくれないですしね。

ドロップ系は、自分で磨くしかない技術、なんです。

そこにセンスなんて関係ない。

必要なのは、正しい理解と練習だけです。

 

ドロップショットを確実に決める!為に必要な4つのポイント

 


 

1.ラケットの上半分を使う

私は、この意識でドロップショットを使います。

ラケットの上側、で触ると良い感じに飛ぶ。

ドロップショットを打つ時には、ラケットの上半分を使えると良い感じでボールが死んでくれる。

真ん中に当てると、飛び過ぎてしまいますからね。

ぜひ、意識してみて下さい。

 

2.相手は見ない

ドロップを打つ、と決めたら相手は見ない。

ここで、前に走るような相手の姿が目に入ると動揺してしまいますから。

とにかく、ボールの打点に集中して、相手コートは見ない。

この決断力、が試合では大事です。

 

3.前足体重で打つ

ストロークの構えからドロップショット、を打つなら体重は前足。

後ろ足体重だと、まず上手く打てません。

それに、相手も踏み込んで来た相手を見て「ハードヒットだ!」と思ってくれますからね。

前足体重でしっかり打つ構え、を作りながらドロップショットを打つ選択をしましょう。

あくまで自分でコントロール出来る時に打つ、のが大前提ですね。

 

4.しっかり振る

私はスライス回転、結構しっかり振ります。

フォロースルーは短めですが、当てるだけのようなドロップショットは上手くいかないですから。

しっかり振る、くらいの意識で良いでしょう。

結果的に1.のようにラケットの上側で打てれば、飛ばない感じで良い浅さ、が出てドロップショットになる。

振る意識、大事です。

 

ドロップショットは、とにかく数を打つことです。

普段のラリー練習から、意表を突いて打ってみる。

相手に対して申し訳ない、という感じがあるなら最初から「ドロップ練習するね」とひと声かけておく。

試合で使えるには、練習で何回も何回も打たないとダメ。

そして、試合でドロップショットを打てれば、プレーの幅が拡がっていく。

このT-PRESSで書いている作戦も、実践しやすくなるはずです。

ピックアップ記事

  1. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. ご質問頂いた件につきまして
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. テニス ストローク
  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合では、シングルスでもダブルスでも、「ロブが抜けたら迷わず前」に出て、ネットを取ろう!

    テニスの試合、相手がネットに出てきていて自分のロブが抜けたら前に出る。…

  3. テニス ボレー

    ストローク

    ダブルスでネットプレイヤーに対抗するには、「突き球のストローク」は必要不可欠な技術です

    今まで、どちらかと言えばネットプレイヤーに対してはいかに「足元に遅いボ…

  4. テニス メンタル
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「打ちたい方向にストロークを打つ」シンプルな方法5つ

    ベースラインからのストローク、試合で思い通りのコースに打てていますか?…

特集記事

  1. テニス ミス

    ストローク

    浅いボールをアングルのコースに切り返すには、ラケットヘッドを立ててスライスで充分…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会でシード選手に勝ちたければ、「私生活から誰かを特別扱い」する癖を止め…
  3. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュなどの頭上のショット、「オーバーヘッド系の処理が怪しい人」の特徴を見極…
  4. ボレー

    ダブルスで勝てない選手は、「サービスラインあたりから強引に」直線的なボレーを打ち…
  5. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークで低い打球の返球が安定しない人は、「背筋を意識して背すじを伸ばす」だけ…
PAGE TOP