シングルス

ドロップショット、シングルスの試合ではこう使おう

相手に触らせて、自分がポイントを取る。

こういうイメージがあると、ドロップショットのような変化を付けるショットもどんどん使いやすくなります。

一発の精度、ではなく打った後のポジションや駆け引きで得点していく。

これが有効なのが、シングルスの試合ですね。

今回は、ドロップショットを打ってからの動き、どこをケアするのか、基本的なところを確認しておきましょう。

 

ドロップショット、シングルスの試合ではこう使おう

 

1.まずは打ってみないと、始まらない

赤側がアナタ自身、だと思って見てみて下さい。

シングルスの試合でラリー展開になり、お互いでベースラインにいる状態。

そこから、赤側の選手がドロップショットを打つ、と仮定してみましょう。

サービスライン内で2バウンド、くらいのショットで十分。

出来れば、相手のバックハンド側に打ちたいところですね。

浅いボールの処理、バックハンドだとそれだけで怪しい人、たくさんいますから。

青側の選手を前に引っ張り出すイメージで。

相手を動かすこと、でまずは成功という感じで良いでしょう。

自分でハードルを上げないで、打ち合いの中で変化を付けるくらいの気持ちで大丈夫です。

 

2.ドロップショットを打ったら、自分も前に出る

これが基本、です。

なぜなら、相手は前にいる状態で自陣のコートの前、に落とされるケースが多いですからね。

ドロップショット返し、は結構簡単に打てる。

だからしっかり、ドロップショットと自分が前に出る動き、はセットにしておく。

しっかりと、自分が打った方向に、前に出ていくのがベスト。

そうすると、相手の打てるコースを消すことが出来ますからね。

ここで注意すべきは、ダウンザラインへのパッシング系のショット。

ドロップショットが甘いと思ったら、まずこのコースを消しておくことが先決です。

切り返しとしては、相手が狙いやすいところ。

でも、ネットは高いですし慌てる必要はありません。

 

3.相手に打たせるコース、を考えておこう

2.で書いたようにストレート、ダウンザラインはしっかりと潰す。

その上で、クロス方向へのショットを誘うようなイメージが大事です。

↑こんな感じですね。

黄色い矢印のコースは、あえて打たせる。

自分の目の前を横切っていくコースですから、反応出来るはずです。

それに、ここに打たせることで、今度は自分が攻撃しやすくなる。

ストレート方向に切り返して、相手をさらに走らせる、ようなイメージでどうでしょうか。

ドロップショット一発じゃなく、ここまで考えて試合で使ってみる。

この組み立て感覚、が大事です。

 

4.粘り強い相手は、最後にロブで頑張るはず

コート後方に走って、最後はロブ、で粘って来るでしょう。

これもしっかり考えて、アナタ自身がネットから少し離れること。

ロブケア出来ているところにロブ、ですからスマッシュは難しくないはず。

最後の締め、のつもりでコースを突いてスマッシュ。

相手はきっと走り疲れているはずですから、更に走らせるくらいの意識でも良いと思います。

この締め、までしっかりイメージしながら、ドロップショットから仕掛けると良いと思いますよ。

 

シングルスの試合、こうやって詰将棋のようにドロップショットを使ってみる。

ここしか打てない、場所に先回りして誘導していく感覚、をぜひ磨いてみて下さい。

相手を前に引っ張り出して、自分も前に出てフィニッシュ。

これでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    シングルス

    「シングルスではポジションによって、異なる力がある」攻撃と守備、一人でこなすバランス感覚とは?

    シングルスを戦うときに、ポジションごとに攻撃力・守備力を意識したことは…

  2. テニス ストローク

    シングルス

    テニスの試合、我慢こそ運を呼ぶきっかけになる

    テニスの試合、最後に勝てる人は我慢が出来る。序盤にしっかり、試…

  3. シングルス

    「記憶力でシングルスを制す」テニスの試合中はデータ収集に勤しむこと

    シングルスの試合は一人で戦わないといけない。ダブルスのように、…

  4. テニス フットワーク

    シングルス

    「ただ粘るだけじゃ、試合に勝てない!」相手からミスを誘うシングルスの試合での粘り方5つ

    シングルスの試合、ミスの少ないテニスでの粘りは必要。何度も書い…

  5. テニス ストローク
  6. テニス リターン

    シングルス

    シングルスの試合、苦しければとにかくセンター深くに返球を

    シングルスの試合で、相手から押される苦しい場面。なぜか、こうい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. メンタル

    「テニスの試合が怖い、やりたくない・・・」症候群に陥ってしまった方へ送るメッセー…
  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスを強くなりたければ、必ず「上」に強くなる必要があると覚悟しよう
  3. テニス ボレー

    練習メニュー

    2対2のボレーボレー、4アップの陣形から前衛が動いていく為の練習メニュー
  4. テニス メンタル

    戦術

    試合で負けるときは、「試合中に自分で負けた・・・」と決めている場合がほとんど
  5. テニス 環境

    メンタル

    テニスでも、「人に言われてウザい」と思うことは、大抵が図星なはず
PAGE TOP