テニス サーブ

サーブ

人は不安になると、早くボールを手放したくなる

ものすごく緊張するのような場面、試合では特にサーブでしょうか。

この時、トスアップがなぜ乱れるのか・・・考えたことはありますか?

大事な場面で、良いトスを上げる。

これが、サーブではまず難しいんですよね。

でも、少しの意識の準備で、大事な場面でも精度が上がるはずです。

 

人は不安になると、早くボールを手放したくなる

 


 

1.大事な場面ほど、トスアップが乱れていく

試合では、そうじゃないですか?

試合の後半ほど、トスアップのやり直しが増える。

緊張して手も震える。

この理由、何か具体的なところで見出しておかないと、ずっと試合で勝てないですよ。

良いトスを、バシッと一発で上げる。

そうするから、サービスゲームでもリズムに乗れる。

緊張すると・・・実は、ボールを持っていること、から早く離れたいと人は思うようになるんです。

 

2.ボールを持っている状態、を早く離れたい!

と、思いませんか?

サーブを打つのが自分ですから、当然自分がボールを持っているのですが・・・。

この状態、が不安でしょうがない。

だから、トスアップの時も、つい早く手からボールを離してしまうんです。

これが、トスアップが乱れる一番の要因でしょう。

早く離してしまうと、ボールの軌道は安定しない。

セットする感じではなく、上にほおり投げるような感じになりますからね。

意識したいのは、ボールを長く持つ、という基本です。

 

3.ボールは出来るだけ高い位置まで、手で持っておく

出来るだけ、長く持っておく。

自分の頭の位置より上、になったところでゆっくり離す、くらいの意識で。

緊張している場面こそ、自分で最後まで持っておくこと。

だって、良いサーブを打つこと、が何より大事じゃないですか。

早く離したい、終わらせたいと思う自分の弱い心、に負けないように。

焦ってしまうから、トスアップが乱れる。

トスをやり直すから、余計に焦ってリズムが悪くなる。

この悪循環を打破するには、何が要因なのかをしっかり考えること、が大事です。

 

4.トスアップの練習、どこでも出来る!

私は会社のイスの上、でもたまにやります。

背伸びのついでに、ですね。

ボールは使わなくても、「この辺でリリースしよう、離そう」というポイントを確認しておく。

試合の終盤、大事な場面で崩れないように、長くボールを持つことを意識して。

なかなか、トスアップの練習とかしないじゃないですか。

でも、このトスが良く無いと、どんなに良いサーブのフォームでも良いサーブにはならない。

トスアップが良ければ、試合でもリズムが良くなる。

サーブが上手い選手、プロって、ほとんどやり直ししないですよね。

さぁ、みなさん、意識して練習していきましょう!

 

実際、トスアップが安定している人ってそんなに多くない。

特に私たちのような一般レベルでは、そうですね。

緊張した場面、長くボールを持つこと。

この意識だけで、かなり試合で強くなれると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. サーブ

    サーブのトスは上げるんじゃなくて、自然に「上がる」感じで

    サーブのトスアップ。ここに苦戦している人は、やはり多いですよね…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    極論ですが「ブレイクされなければ、負けない」のは確か

    この理論、まぁ当たり前ですよね。「そもそも、1ゲームキープする…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    相手に読まれにくいサーブ、ってどんなサーブだろう?

    錦織選手の試合、惜しかったですね・・・。改めて感じたのは、「サ…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブ&ボレーでは、「打ちながら前に出る?打ってから、前に出る?」の疑問について

    サーブ&ボレー、を普段から使っている方はダブルスの試合に出ている方でも…

  5. サーブ

    今、急成長中の日本男子選手、「西岡良仁選手の強さ」をサーブの観点から考えてみる

    今年、全豪オープンを予選から突破し本戦入りを果たした西岡選手。…

  6. テニス ボレー

    サーブ

    サーブ&ボレー習得に、必要な根気について

    テニススクールでは、中級以上で並行陣を習うケースが多い。ストロ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 練習メニュー

    テニスの試合で使える実戦的な練習として、「追い込まれた状況からリカバリーするパタ…
  2. テニス ストローク

    リターン

    リターンのポジション、シングルスとダブルスで違う?
  3. テニス メンタル

    ストローク

    「肘は伸ばし過ぎず曲げ過ぎず・・・」肩支点のスライスをテニスの試合で使っていこう…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストで遅いサーブを打つ、勇気を持とう
  5. テニス メンタル

    フットワーク

    疲れてきた時こそ、丁寧に球際を処理すればミスは減る
PAGE TOP