戦術

基本ポジションは、ラリーの中でどんどん変わる

基本のポジション、テニスではこれが大事とされています。

でも、その発想が実はアナタ自身を縛ってしまい、応用が効かなくなってきていることもあるでしょう。

このことに、気付けるかどうか。

基本というのは、「これだけやっていれば良い、勝てる」というものではありません。

「分かっちゃいるけど」という人ほど、基本に固執してラリーが長く続くとボロが出る。

今、真剣に考えるべき問題でしょう。

 
 

基本ポジション、それは「ラリー開始前」

ココに立てば、万事OK?

そんな場所、ありますかね?

前衛ならココ、後衛ならココ、という感じで、決まっているもの、でしょうか?

確かに、スタート時には「ココに立つのが基本」というポジションはあります。

でも、それはあくまで、開始のタイミングだけ。

この意識が希薄な人は、ラリー中もこれに縛られ続けるんです。

ラリーが続けば、状況は変わる

ラリーが続けば、何が起きるのか。

ボールの出どころ、相手が打って来る場所が変わりますよね。

そうなれば、必然的に「基本のポジション」だって変わる。

ラリーの中で、基本はどんどん、変わり続けるんです。

だからこそ、頭を柔軟にしておかないと、試合では勝てない。

基本のポジション、ラリーが始まる前の場所にずっといる人は、結果的にラリーにほとんど絡めないでしょう。

ラリーの中で、ポジションを考える余裕を

打つことだけ、に必死にならないように。

打つことに必死だと、全てが後手になります。

辛い感じ、ありますよね。

強い相手なら、尚更そうです。

返球するのに必死な自分に気付いて、どこかで頭をリセットする。

ラリーの中で変わっていく基本ポジション、はどこなのか。

普通に基本だけ、でこの試合は勝てるのか。

考えない人に、未来は掴めないですよ。



全ての基本は、相手ありき

セオリー無視の相手に、基本は通じない

試合では、言ってしまえば何でもあり。

テニスのルールの中であれば、どう戦っても良いんです。

セオリー無視、基本無視、の相手に、アナタ自身が基本に固執する必要はありません。

あくまで、相手ありき、で考えて良い。

ラリー前のポジションは普通でも、ラリーの中で相手の癖や配球パターンが見えてくれば、基本の概念が変わって来る。

これが、テニスの面白いところでもあります。

基本の考え方を、変えていこう

私の考えは、シンプルです。

ラリーの中でのポジションの基本は、「相手が打ちやすいところの真ん中」です。

そこに立てれば、まず良いプレーが出やすい。

逆に来ない場所にずっといても、ボールは触れない。

ですので、必然的に多くなるのはセンター、そして前のポジション。

シンプルですけど、これが試合向きの考え方だと思いますよ。

自分が打つボールと、常にセット

ポジショニングは、常に自分が打つボール、パートナーが打つボールとセットで考える。

これを、徹底しましょう。

打った方向に詰める、のが良いポジショニングの第一歩。

基本のポジションは、ラリーの中でどんどん変わる。

なぜなら、ボールの出どころがどんどん変わるから。

本当に、難しく考えないで良いと思いますよ。

   

お勧めの練習法

ダブルスなら、2アップ対2バック

シングルスコート内で、2対2でラリーをしていく。

この場合、クロスラリーになっている選手、が後衛の役割になりますよね。

パートナーは、少しだけ前に詰める。

2バックのペアも、前衛は少しだけコートの内側に入って前をケアする。

こういう「前衛を作る」ようなポジショニング、は大事です。

自分で展開して、自分でポジションを変える

基本ポジション、はラリーの中で変わる。

これを、主体的にやっていきましょう。

自分で展開して、自分でポジションを変える、パートナーを動かす。

こういう発想が無いと、試合ではずっと攻められ続けます。

そこを打開していくのに、ダブルスの2バックと2アップのラリー練習は良いメニューになるはずです。

打つ+ポジショニング、がテニスの基本!

試合では、これを徹底しましょう。

打つ、そして動く。

良いショットの後に、良いポジション、その基本はどこのか。

基本を意識したうえで、あえて相手を誘うのか…など。

考えられる幅、を自分の中で用意しておくこと。

あとは経験を繰り返して、身体で反応出来るようになること。

ぜひ、意識してみて下さい!



気が付けば、なぜか勝てない…ようになってしまったみなさん。

もしかしたら基本に固執して、無難なテニスになっているかもしれませんよ。

ラリーの中でポジションを変えていく、基本も変わっていく。

この意識を忘れずに、ぜひチャレンジしてみて下さい!

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  5. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    準備する戦術が、アナタ自身の勝手な願望になってはいないか?

    試合前に、準備を整える。これは、テニス選手として必要なことでしょう…

  2. テニス ミス

    戦術

    「自分らしい失点、自分らしくない失点」という視点

    自分の獲ったポイント、ナイスなショットはしっかり覚えている。で…

  3. 戦術

    試合に出るからこそ、自分のテニスが見つかる

    「自分のテニスが見つからない」と、悩んでいる方。こういう人に限…

  4. テニス メンタル

    戦術

    他人の土俵で戦わないことは、逃げでは決して無い

    他人の土俵で、戦うこと。これは、テニスの試合で非常に危険なこと…

  5. 戦術

    クロスに打つ?ストレートに打つ?

    テニスでショットを打つコース、大きく分けるとこの2つですよね。…

  6. テニス ダブルス

    戦術

    緊張感の高まる場面では、ポイントは奪うのではなく「与えない」意識で

    試合も後半、終盤で緊張感が高まる場面。ここでどんなプレーが出来…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「攻撃的で安定感があるボレー」を身に付けたいなら、軸足から踏み込んでタメを作るこ…
  2. テニス 戦術

    ボレー

    ファーストボレーを叩かれる人は、どう対策すれば良い?
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    試合で勝てるダブルスペアになっていく為に、「お互いで信頼関係を築く」のに必要な意…
  4. ストローク

    「スライス中毒に要注意!」テニスの試合で陥りやすいストロークの落とし穴
  5. 練習メニュー

    テニスにおける予測の練習とは、「記憶力を整理して引き出す練習」である
PAGE TOP