テニス ボレー

シングルス

強いシングルプレイヤーは、ポジショニングがすごく細かい

シングルスの試合で、結果を出したい。

と思って強い選手を色々観察するときに、ぜひ細かい部分を見て欲しい。

それは、攻撃に入るときの細かいポジション。

ほんの少し、たった少し変えるだけで、攻撃力は倍増するしミスが減る。

テニスって、こういう地味なプレーが派手に見えるプレーを、いつも支えているんですよね。

 

強いシングルプレイヤーは、ポジショニングがすごく細かい

 


 

1.自分が打ったボールが、相手を「追い込んで」いるのか?

これを、判断してポジションを上げる。

それも、50cmくらいでしょう。

ハッキリと追い込んでいれば、もっと前に出てネットプレー、でも良いですけどね。

シングルスの試合で強い選手は、ただストロークが良いだけじゃない。

自分が打ったボールで相手を追い込んだら、そのまま逃がさないしたたかさ、があるんですよね。

この判断を、まずしっかり毎回自分で下すということ。

ちょっとでも、相手を追い込めたら、ポジションを50cm前、だけで絶対に攻撃の精度は上がります。

 

2.なぜ、この50cmが必要なのか

答えは簡単、次の相手の返球を0.1秒でも早く触ること、が出来るからです。

戻る時間を与えない、だけで、特にシングルスの試合は良い攻撃になる。

次のショットを、ライン際に打つ必要なんて無いんですよ。

この細かいポジションの調整が出来れば、もっと安全圏で勝負出来る。

みなさん、自分が「良いボール」を打つことだけに全神経を使い過ぎ。

その後のポジションの調整、まで入れて一つのショット、という考えを持たないと。

これが、強い人のシングルスのポジションの発想です。

 

3.相手に攻撃されるときには、逆に少し下がる

これも、必要ですね。

私は、シングルスの試合でまずい!と思ったら、少しだけ下がる。

そして、ちょっとだけバックハンド寄りに動いてフォアハンド側を空けます。

最悪、フォア側なら何とかなる。

そして、下がり過ぎたら今度はドロップ系が取れませんから、下がり過ぎないようにも注意する。

後は、実際の相手の攻撃の傾向、を見てからですかね。

細かい部分は相手に合わせる。

でも、その大前提として「細かいポジションの調整」は、絶対に必要だと頭に入れておいて下さい。

 

4.ショットが良い、足が速い、だけじゃ勝てない

「もったいない選手」とは、まさにこのこと。

細かいポジション調整が、出来ない、やろうとしない選手。

せっかく良いショット、良い脚力を持っているのに、もったいない・・・と感じてしまう。

シングルスの試合って、本当にポジショニングで変わりますよ。

脚が速い選手よりも、ポジショニングが上手い選手の方が絶対に強い、結果が出る、体力も使わない。

攻撃で守備で、前後左右に50cm。

これだけで、大きな進歩だと私は思いますよ。

 

自分が打った後に、判断を下す。

これが習慣に無い方は危険です。

毎回、アナタのショットが違えば相手の対応も違う、余裕度も違う。

それなのに、同じ待ち方って無いですよね。

ぜひ、自分の試合と照らし合わせながら考えてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. シングルス

    シングルスの試合で使える、左右に走らされた時のボールへの入り方の基本

    シングルスの試合は、どうしても左右への動き、が多くなりますよね。…

  2. テニス ボレー

    シングルス

    負けないシングルスプレイヤーになる為に、テニスで身に付けておきたい4つの技術

    シングルスの試合で勝ち進みたいけど、ダブルスよりも何処に打って良いか分…

  3. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「精神的に自分が落ち着ける場所」をコート後方に作りましょう

    シングルスの試合は、どんどん早く進んでしまいがち。ダブルスのよ…

  4. テニス 打点

    シングルス

    テニスの練習で簡単に諦める人が、試合でボールを追える訳が無い

    試合は練習のように、練習は試合のように。と思っていても、なかな…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    シコラー相手に苦手意識が強い人は、「序盤にリードして精神的に優位に立つ」ことを意識しよう

    シコラー相手に自分からミスしてしまう人。その心理を考えてみれば…

  6. テニス 戦術

    シングルス

    シングルスの試合でミスが早い人は、オープンコートを意識し過ぎかも

    シングルスの試合は1対1で戦う分、オープンスペースが広く感じてしまう。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス フットワーク

    ボレー

    つなぐボレー、を脱却したい方へ
  2. テニス 準備

    シングルス

    シングルスの試合、例えば「4-4 30-30」のように絶対に獲りたいポイントのと…
  3. テニス 戦術

    ストローク

    打つ前に想像しないと、良いショットは生まれない
  4. テニス メンタル

    戦術

    「遠くのボールを追う気配が無い選手」に対しては、ライン際のショットは必要無い
  5. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合では、「ナイスサーブ!」こそ、浅いリターンをケアしておかないとダ…
PAGE TOP