テニス ボレー

シングルス

強いシングルプレイヤーは、ポジショニングがすごく細かい

シングルスの試合で、結果を出したい。

と思って強い選手を色々観察するときに、ぜひ細かい部分を見て欲しい。

それは、攻撃に入るときの細かいポジション。

ほんの少し、たった少し変えるだけで、攻撃力は倍増するしミスが減る。

テニスって、こういう地味なプレーが派手に見えるプレーを、いつも支えているんですよね。

 

強いシングルプレイヤーは、ポジショニングがすごく細かい

 

1.自分が打ったボールが、相手を「追い込んで」いるのか?

これを、判断してポジションを上げる。

それも、50cmくらいでしょう。

ハッキリと追い込んでいれば、もっと前に出てネットプレー、でも良いですけどね。

シングルスの試合で強い選手は、ただストロークが良いだけじゃない。

自分が打ったボールで相手を追い込んだら、そのまま逃がさないしたたかさ、があるんですよね。

この判断を、まずしっかり毎回自分で下すということ。

ちょっとでも、相手を追い込めたら、ポジションを50cm前、だけで絶対に攻撃の精度は上がります。

 

2.なぜ、この50cmが必要なのか

答えは簡単、次の相手の返球を0.1秒でも早く触ること、が出来るからです。

戻る時間を与えない、だけで、特にシングルスの試合は良い攻撃になる。

次のショットを、ライン際に打つ必要なんて無いんですよ。

この細かいポジションの調整が出来れば、もっと安全圏で勝負出来る。

みなさん、自分が「良いボール」を打つことだけに全神経を使い過ぎ。

その後のポジションの調整、まで入れて一つのショット、という考えを持たないと。

これが、強い人のシングルスのポジションの発想です。

 

3.相手に攻撃されるときには、逆に少し下がる

これも、必要ですね。

私は、シングルスの試合でまずい!と思ったら、少しだけ下がる。

そして、ちょっとだけバックハンド寄りに動いてフォアハンド側を空けます。

最悪、フォア側なら何とかなる。

そして、下がり過ぎたら今度はドロップ系が取れませんから、下がり過ぎないようにも注意する。

後は、実際の相手の攻撃の傾向、を見てからですかね。

細かい部分は相手に合わせる。

でも、その大前提として「細かいポジションの調整」は、絶対に必要だと頭に入れておいて下さい。

 

4.ショットが良い、足が速い、だけじゃ勝てない

「もったいない選手」とは、まさにこのこと。

細かいポジション調整が、出来ない、やろうとしない選手。

せっかく良いショット、良い脚力を持っているのに、もったいない・・・と感じてしまう。

シングルスの試合って、本当にポジショニングで変わりますよ。

脚が速い選手よりも、ポジショニングが上手い選手の方が絶対に強い、結果が出る、体力も使わない。

攻撃で守備で、前後左右に50cm。

これだけで、大きな進歩だと私は思いますよ。

 

自分が打った後に、判断を下す。

これが習慣に無い方は危険です。

毎回、アナタのショットが違えば相手の対応も違う、余裕度も違う。

それなのに、同じ待ち方って無いですよね。

ぜひ、自分の試合と照らし合わせながら考えてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス 言葉

    シングルス

    テニスの試合では、「ボールに勢いがない対戦相手」に苦労する、のは何でだろう?

    ポワーン、ポワーンとつないでくるだけのような相手。「勝ったな・…

  2. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で、「どうにも相手のナイスショットが止まらない」ときの対応策は?

    対戦相手には、色々なタイプがある。とにかくバンバン打ってきて、…

  3. テニス 守備

    シングルス

    シングルスの試合で有効な練習メニュー、「半面対全面のラリー形式」で、徹底したバック狙いを身に付けよう…

    シングルスの練習をしたいけど、どんなメニューが良いかいつも悩んでしまう…

  4. シングルス

    攻撃的なプレイヤーならあえて、「粘るイメージ」でシングルスの試合に入るのも悪くない作戦です

    アナタ自身、どんなプレーでシングルスの試合に入っているのか。意識し…

  5. テニス 練習

    シングルス

    「初めてシングルスの3セットマッチの試合を戦う」うえで、気を付けたい5つのポイント

    普段の試合の多くは、1セットマッチか8ゲーム先取だと思います。…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    全豪オープンでジョコビッチ選手を苦しめた「センター返球セオリー」は、シングルスで有効な戦略です

    今年の全豪オープン、圧倒的な強さを見せつけたジョコビッチ選手ですが、唯…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス ストローク

    フットワーク

    自分のポジショニングが、どう相手にプレッシャーを与えているのか?について
  2. テニス メンタル

    メンタル

    人がプレッシャーに負けるとき、それは大抵「自分のイメージを守りたい」と考えるとき…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    サイドスライスのボレーが打てるから、ネットプレーには安定感が出る
  4. テニス ハードコート

    戦術

    もうすぐ開幕の全米オープン前に確認したい、「ハードコートでのテニス」が難しい理由…
  5. テニス ストローク

    メンタル

    アナタ自身、「これが決まればリズムに乗れる!」という基本ショットは何ですか?
PAGE TOP