テニス 準備

戦術

勝ちパターンは大事だけど、固執すると幅を狭めるだけ

自分の得意パターンを作ることは、ものすごく大事。

でも、それが通じる相手がいれば通じない相手、もいるのがテニス。

試合の途中から対応されるケースも多いですしね。

当たり前ですが、何かに固執すると勝ちパターンでも危険。

むしろ、それが負けパターン、になってしまう可能性だって高いんです。

 

勝ちパターンは大事だけど、固執すると幅を狭めるだけ

 


 

1.勝ちパターン、という甘い罠

これにはまる人は、多いです。

例えば、ドロップショット。

私は好きで試合でもよく使いますが、つい使い過ぎてしまう。

相手に大事なところで対応されて、「でも、今まで効いてたし・・・」と思って、つい使ってしまう。

こうなると、もうドロップ病です。

打っては読まれ、拾われて反撃される。

この繰り返しで、負けていく経験、たくさんしてきました。

 

2.勝ちパターンは、「相手によって」変わる

テニスも人がやるスポーツ。

アナタ自身の勝ちパターン、それは相手によって変わってくるでしょう。

この部分、しっかり覚悟しておきましょう。

軸となる作戦、戦術はあって良い。

自信を持って、勝利に近付く戦略、ですね。

でも、当然相手によって変わります。

だからこそ、勝ちパターンに固執しない、頼らない。

この戦い方のスタンス、大事です。

 

3.せめて、前と後ろの両方で勝ちパターンを用意しよう!

考えておきたいのは、ネットプレー、ベースラインプレー、この2つ。

この2つの場所で、しっかり勝ちパターンを持っておく。

前だけ、後ろだけ、だと厳しいでしょう。

ドロップ系のショットも、後ろだけじゃなくて前でも使えるとパターンが拡がる。

パターンが拡がることで、相手に的を絞らせない、勝ち試合を逃さない。

テニスの試合では、前と後ろ、両方でのプレーが求められますからね。

覚悟して準備、しておきましょう!

 

4.勝ちパターンは負けパターンに、その逆もあり得る

戦術は、本当に表裏一体。

勝ちパターンが、いつでも負けパターンに変わってしまう、恐ろしいもの。

もちろん、その逆もあります。

例えば、私はいつも試合で「サーブが入らない」のが負けパターンでした。

だからこそ、サーブを変えてファーストサーブから速度を捨てる、出来るだけダブルスは前衛に触ってもらう工夫、をすることが出来ました。

負けパターンから、自分を変えていけるきっかけにもなる。

とにかく何でも、固執することは危険、ですね。

表裏一体なら、常に自分で先入観を持たずに勝ちパターンを考えておく。

そんなテニス選手は、ずっとこの先も成長していけますよ。

 

無意識に、人は固執するものです。

成功体験、何でもそうですが・・・テニスだけじゃないですよね。

勝ちパターンは大事、でも固執しない。

自分の世界を自分で狭めていく、のはもったいないですからね。

テニスを通じて自分を変えていく、この覚悟が大事です。

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. 戦術

    つなぐ、攻めるをハッキリさせれば、並行陣は強くなる

    ダブルスの並行陣で、いつ攻めて、いつ守るのか。これは基本、後衛…

  2. テニス ボレー

    戦術

    団体戦の悪い流れを止める!5つの定番プレー

    団体戦、でプレーされている方も、社会人から学生さんまで多いと思います。…

  3. テニス

    戦術

    自信さえ奪ってしまえば、格上相手でも怖くない

    今回のサッカーワールドカップを観ていて、感じること。強い相手でも、…

  4. 戦術

    戦術

    ダブルスの後に、すぐシングルスの試合に入る時の心構えについて

    学生のみなさんのテニスの大会は、きっと大忙し。ダブルスの試合の…

  5. テニス コントロール

    戦術

    テニスのナイスショットは、全て組み合わせでしか完成しない

    テニスの試合でのナイスショット。それは、練習とは訳が違います。…

  6. テニス 試合

    戦術

    決断の精度は、回数に比例する

    試合の中で、良い決断が出来るかどうか。コースの選択、ポジショ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ネット

    テニス知識

    テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  2. テニス メンタル

    戦術

    粘ってもミスしてくれない、相手には攻めないと試合には勝てない
  3. テニス ストローク

    ロブ

    深いボレーをトップスピンロブで返したいときには、「後ろ足で後ろにジャンプ!」をや…
  4. テニス 団体戦

    メンタル

    テニスの試合で、「団体戦の先鋒の選手」に求められる4つの要素とは?
  5. テニス 攻撃

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で「配球で相手を崩す」為に必要な、コート4分割の発想とは…
PAGE TOP