戦術

決める力が無い、という勘違い

アナタ自身が、もしテニスを上手くなりたいと思っているなら。

どうか、この勘違いだけは、無くして欲しい。

みなさんの周りの人、は何と言おうと関係ない。

私は、これで良いと思っています。

よく言われましたよ、学生時代も。

でも、強いテニスって奥が深い。

みなさんも、ぜひ視点を変えてテニスと向き合って下さい。

テニスは、決めないといけない?

ポイントを取る意識、大事です。

相手に触らせないようなショット、が必要なのかもしれない。

でも、何度も書いて来ましたが、テニスに3ポイントシュートはありません。

どんな形でも、ポイントを取れば同じ。

相手のミスでも、自分のノータッチエースでも、価値は同じというルールです。

でも、つい私たちは「決める力が足りない」と考えがち。

フィニッシュの力が無いから、テニスの試合に勝てないんだと、考えてしまいがち。

それは、危険な勘違いだと私は思いますよ。


決まるのは、「結果的」に

エースを狙う、積極的にプレーする。

私は、すごく大事な要素だと思います。

言いたいのは、それだけではダメだということ。

結果的に決まる、というイメージがテニスの試合では大事です。

決めにいこうとして、決まるポイントは、実際少なくて良い。

だって、そうしないと落ち込みが凄いじゃないですか。

エース狙いで、良いところに入って相手に拾われる、そのたびに落ち込んでしまう・・・と、試合では疲れてばかりでしょうがないですよ。

決まるのは、あくまで結果的に、で。

つなげるつもり、返って来るつもりが、結果的に決まる。

こういうスタンスに、テニス自体を変えていかないと試合では勝てませんよ。

決める力は、必ず養える

ポイントを奪う力、を養うこと。

これは、焦らず身に付けていけば大丈夫。

みなさん、今の自分を卑下する、低く見過ぎるのは止めましょう。

負けてばかりで悔しい、何とかしたいという気持ちは分かります。

でも、ポイントを決める力は必ず養える。

ショットの威力、に頼らないテニスはもうイメージ出来て来てるはず。

アナタ自身のショット1本で、エースを奪う必要は無い。

これだけは、ハッキリしています。

決める力とは、ショット+ポジショニング×2

ダブルスなら、この観点が大事です。

決める力は、ショットの威力、力だけじゃない。

その後のアナタ自身の動き、ポジショニング。

ダブルスなら、そのポジショニング×2、の力が加わっていく。

全てが重なって、アナタ自身のショットの威力、決める力になるんです。

自分のショットにだけ着目して、落ち込んでいるのは損ですよ。

決める力、について考え方を変えましょう。

周りを使うし、ポジショニングを使う。

自分の今のショットの威力だけ考えて、落ち込むのは止めましょう。



向上心、は時に仇になる。

真面目な人ほど、自分を追い込んでしまうのがテニス、でもあります。

だからこそ、意識して欲しい。

「決められないから、ダメなんだ」と思う前に。

アナタ自身、今の実力でやるべきことがあるはず。

もちろん、ショットの質は追い求めていきつつ、ですが。

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス 体力

    戦術

    試合前のウォーミングアップでは、「1ゲーム目、1ポイントから全開」を成功イメージに置こう

    皆さんが試合前に実施するウォーミングアップ、どんな「完成形」をイメージ…

  2. テニス スマッシュ

    戦術

    成功体験が少ないテニス選手に、ミスを責めても何も発展しない

    「なんでこの選手、後輩は、成長しないんだろう・・・」そう悩んで…

  3. テニス フットワーク

    戦術

    ドロップショットの合格点軌道、を決めておけば試合で楽に使える

    浅いボールを打って、相手を動かす。ドロップショットも、本来これ…

  4. テニス ストローク

    戦術

    本気で戦法をやってみれば、その弱点は見えてくる

    テニスで、色々な戦術を試してみること。これは、自分で身に付ける…

  5. テニス リターン

    戦術

    相手コートにボールがある瞬間、こそアグレッシブに

    アグレッシブな攻撃って、どんなイメージでしょう。速いサーブ?強…

  6. テニス メンタル

    戦術

    自分というテニス選手を、「監督と選手」に分けて考えてみよう

    スポーツの試合では、「監督」が采配で力を発揮する競技も多くありますよね…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. リターン

    リターンはボレー、で意識改革を
  2. その他

    「結果の出せるコーチであれ」試合で勝てるテニス選手を育成する為に
  3. テニス メンタル

    ストローク

    片手バックハンドストロークは、何を武器に戦っていこうか?
  4. テニス 指導

    その他

    「規律と平等」が無いテニスチームには、強い選手は育たない
  5. テニス ガスケ

    ストローク

    ガスケ選手、シモン選手が日本との「差」を見せ付けたのは、このショット
PAGE TOP