フットワーク

サーブ&ボレーは、ポジショニングが8割を決める

サーブ&ボレーを、試合の中で使っているけど・・・ポイントにつながらない。

そういう方が熱心にボレー練習をしても、厳しいかもしれない。

逆に、確認して欲しいのがポジショニング。

サーブ&ボレーをポイントの型にしたければ、しっかり自分のポジショニングに厳しくならないと。

きっと、アナタが思っている以上に改善の余地がありますよ。

 

サーブ&ボレーは、ポジショニングが8割を決める

 

1.サーブの大原則、忘れてない?

つい、私たちは忘れてしまいます。

サーブを打つコースが、アナタ自身が決めて良い。

自分が意図するコース、に打つことが出来るのがテニスですから。

そうなると、リターンの相手選手を動かすことも、自分次第。

サーブの大原則、を覚えておけばポジショニングの大切さも分かるでしょう。

なぜなら、ボールは一つしかない、のですから。

 

2.まずダブルスの並行陣から考えていこう

並行陣、のサーブ&ボレー、どうでしょう。

みなさん、つい「センターが空いている」ことを忘れがち。

サーブを打って前に出る、ときに意識したいのは、味方前衛との距離ですね。

お互いにラケットを出して、コツンと当たる位で良い。

ほとんどの人が、端っこに寄り過ぎてセンターを抜かれていく、ストレートロブも抜かれていく。

ポジショニング、もっともっとセンター寄りで良い。

ワイドにはリターンを打たせて良い、そんなに入りませんから。

このポジショニングを意識するだけで、キープ率はグッと高まるでしょう。

 

3.シングルスのサーブ&ボレーは、もっとシンプル

自分のサーブ、を打った方向に詰めていく。

センターに打てば、センターへ。

ワイドに打てば当然、ワイド寄りに前に出る。

この細かい調整、基本ですね。

当然、ボールは一つしかありませんから、相手の打点に少しでも近付く。

コートの真ん中、よりもしっかり「ボールが飛んで来る可能性の高いところ」でステップを踏む意識を持つこと。

つまり、自分のサーブと連動させていかないとダメ、なんです。

 

4.ファーストボレーで飛びついているうちは、相手に勝てない

良いボレー、と思っていませんか?

相手のリターンをファーストボレー、その時に厳しいと感じているなら何かを変えないと。

がむしゃらなプレーは称賛されがちですが、きっとポジショニングがおかしいから、飛びつかざるを得なくなっている。

相手のリターンも、それほど強力じゃないはずですから。

ポジショニングで、自分で損をしていること、に早く気付くこと。

これがサーブ&ボレーへの第一歩、です。

 

ただやられる、のではなく、何がまずかったのかと。

テニスコートの広さは、良く出来ていますから。

アナタ自身がしっかり、良いポジションに立てれば、ボールは触れるしコントロール出来る。

きっと、アナタ自身がしっかり考えるだけで、変わりますよ。

ぜひ、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  5. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

関連記事

  1. テニス ボレー

    フットワーク

    テニスにおいて、「打った後に戻る」は基本であり絶対では無い

    「打ったら戻って!構えて!」こういうアドバイス、皆さんもたくさ…

  2. フットワーク

    テニスの試合では、「ギリギリのボールをがむしゃらに処理しない」だけで得をすることが多い

    試合に勝てない選手には、共通点がある。攻撃され窮地に立たされる…

  3. フットワーク

    一番試合が多いオムニコート、の戦い方ってどうですか?

    恐らく、一番試合が多いサーフェスでしょう。草トー大会では、オム…

  4. テニス 錦織圭

    フットワーク

    テニスの試合で「守備が苦手・・・」な人は、自分が打ったコースと守るテリトリーを意識しよう

    テニスの守備意識、皆さんはどうでしょうか?試合に勝てない、相手…

  5. テニス スマッシュ

    フットワーク

    「足元に沈められるストローク」を返球する、現代テニスには必須のボレーに必要なフットワークとは?

    現代テニスでは、特にトップスピンのストローク力が一般レベルでも急激に上…

  6. テニス 攻撃

    フットワーク

    弾まないオムニコートでは、ポジションを前に!

    皆さんは、練習は毎日同じコートでも、試合は異なるはず。いや、練…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス

    メンタル

    「嘘情報を流してみよう」テニスに必要な相手との駆け引きとは?
  2. テニス ダブルス

    フットワーク

    ボール2個で簡単に出来る、超絶使えるフットワークトレーニング
  3. 食事

    テニス知識

    テニスの試合前に、「飲まない・食べない方が良いモノ」5つ
  4. テニス ボレー

    ストローク

    テニスのストロークでネットミスが多い人は、「打点から下方向に飛ばないように」する…
  5. ストローク

    パッシングショットが苦手な人は、駆け引きという発想が無いから辛いんです
PAGE TOP