フットワーク

サーブ&ボレーは、ポジショニングが8割を決める

サーブ&ボレーを、試合の中で使っているけど・・・ポイントにつながらない。

そういう方が熱心にボレー練習をしても、厳しいかもしれない。

逆に、確認して欲しいのがポジショニング。

サーブ&ボレーをポイントの型にしたければ、しっかり自分のポジショニングに厳しくならないと。

きっと、アナタが思っている以上に改善の余地がありますよ。

 

サーブ&ボレーは、ポジショニングが8割を決める

 

1.サーブの大原則、忘れてない?

つい、私たちは忘れてしまいます。

サーブを打つコースが、アナタ自身が決めて良い。

自分が意図するコース、に打つことが出来るのがテニスですから。

そうなると、リターンの相手選手を動かすことも、自分次第。

サーブの大原則、を覚えておけばポジショニングの大切さも分かるでしょう。

なぜなら、ボールは一つしかない、のですから。

 

2.まずダブルスの並行陣から考えていこう

並行陣、のサーブ&ボレー、どうでしょう。

みなさん、つい「センターが空いている」ことを忘れがち。

サーブを打って前に出る、ときに意識したいのは、味方前衛との距離ですね。

お互いにラケットを出して、コツンと当たる位で良い。

ほとんどの人が、端っこに寄り過ぎてセンターを抜かれていく、ストレートロブも抜かれていく。

ポジショニング、もっともっとセンター寄りで良い。

ワイドにはリターンを打たせて良い、そんなに入りませんから。

このポジショニングを意識するだけで、キープ率はグッと高まるでしょう。

 

3.シングルスのサーブ&ボレーは、もっとシンプル

自分のサーブ、を打った方向に詰めていく。

センターに打てば、センターへ。

ワイドに打てば当然、ワイド寄りに前に出る。

この細かい調整、基本ですね。

当然、ボールは一つしかありませんから、相手の打点に少しでも近付く。

コートの真ん中、よりもしっかり「ボールが飛んで来る可能性の高いところ」でステップを踏む意識を持つこと。

つまり、自分のサーブと連動させていかないとダメ、なんです。

 

4.ファーストボレーで飛びついているうちは、相手に勝てない

良いボレー、と思っていませんか?

相手のリターンをファーストボレー、その時に厳しいと感じているなら何かを変えないと。

がむしゃらなプレーは称賛されがちですが、きっとポジショニングがおかしいから、飛びつかざるを得なくなっている。

相手のリターンも、それほど強力じゃないはずですから。

ポジショニングで、自分で損をしていること、に早く気付くこと。

これがサーブ&ボレーへの第一歩、です。

 

ただやられる、のではなく、何がまずかったのかと。

テニスコートの広さは、良く出来ていますから。

アナタ自身がしっかり、良いポジションに立てれば、ボールは触れるしコントロール出来る。

きっと、アナタ自身がしっかり考えるだけで、変わりますよ。

ぜひ、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. フットワーク

    「打った後は、必ず足を戻す」癖を付ければプレーは見違える

    フットワークの基本、試合の中でつい見落としがちな部分。打った後…

  2. テニス 練習

    フットワーク

    ダブルスの試合で有効な前衛の動きは、「本当にポーチ出る!」と思わせるフェイント

    存在感のある前衛がいると、相手としてはそれだけで嫌・・・ですね。…

  3. テニス フットワーク

    フットワーク

    「スプリットステップ」は少しのコツで、テニスの試合が見違えるほど勝てるようになる!

    相手が打つ瞬間、スプリットステップをする。このスプリットステッ…

  4. フットワーク

    コートをリカバリー出来るフットワーク、秘密は膝とつま先の向きに有り

    素早くコートを動いて、しっかり止まって打つこと。これが、なかな…

  5. テニス リターン
  6. テニス ストローク

    フットワーク

    アナタが試合で勝てないのは、「時間を稼ぐショット」を使えないだけかも知れない

    良いショットは打っている、だけど試合に勝てない。ミスが多い?い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ミス

    その他

    小さな一つ一つのミスを真摯にとらえることが出来なければ、どんな練習をしてもテニス…
  2. テニス シングルス

    ストローク

    フィーリングが悪いと感じた日は、足で稼いで勝ちを拾うしかない
  3. テニス リターン

    リターン

    「左利きのサーブが苦手…」な人に贈る、すぐできるリターン意識改革術
  4. シングルス

    バックハンドのダウンザイン、相手にどんどん打たせよう
  5. テニス メンタル

    ボレー

    片手バックハンドボレーでパンチ力が欲しいなら、「背中の肩甲骨を意識」すると自然に…
PAGE TOP