テニス 環境

サーブ

私たちのサービスエースは、「前衛が決めること」である

ダブルスの試合での、サービスゲーム。

みなさんはサービスエースって、何本くらいありますか?1試合で。

私は、ほぼ1セットに4本くらい。

多い?だって、私はサービスエースの基準をコレに置いてますから。

 

私たちのサービスエースは、「前衛が決めること」である

 


 

1.ダブルスのサービスエースは、これでしょう!

自分がサーブを打って、リターンを味方の前衛が決める。

私は、これをダブルスの試合でのサービスエース、と呼んでいます。

いや、実際はもちろんエースじゃないんですけどね。

でも、ダブルスの試合はこれが大事ですし、乗っていける。

前衛を活かす為に、何が必要なのか。

サービスエースを増やす為に、何が必要なのか。

こう考えながら、1ゲームで1~2ポイント、こういう前衛に決めてもらうポイントを作ること。

これが出来るようになると、試合では俄然強くなりますよ。

 

2.「どのコースに打つのか」を伝える

まずは、これだけで良いと思います。

ダブルスの試合でのサービスゲーム、サーブを打つ人が打つコースを伝える、で良い。

でも、その為の情報は、前衛が伝える。

リターンはどっちで待っているのか、予測の癖はどうか、しっかり見えるのは前衛ですからね。

その情報を元に、どこコースに打つのかを前衛に伝えてみて下さいよ。

きっと、そこからアナタ自身のサービスゲームは変わり始めます。

 

3.ダブルスならでは、で良いじゃない

言わば、これも成功体験。

実際に、サービスエース=ノータッチエース、がテニスでの基本ですし、記録のルール。

でも、試合でなかなかノータッチエース、は難しい。

そうなると、「自分はサーブが弱いんじゃないか」と思いだす。

これは、非常にもったいない発想だと私は思いますよ。

ダブルスなら、ダブルスならではの発想でのサービスエースがあっても良い。

サーブを打ってそのリターンを前衛が決める。

これでサービスエース、成功!

この数を積み重ねること、が大事なんですよ。

 

4.サーブのコントロールが良いと、前衛のペアも信用してくれるようになる

サーブのコントロールが良いと、それだけ信用してくれる。

「センターに打つね」と言ってセンターに打ってくれれば、ポーチに出るのも楽しくなる。

こういう経験、信頼関係こそ強さになっていく。

サーブのコントロールが良い人、を目指してみませんか?

これは、女性でもベテランでもシニアでも、大丈夫です。

きっと、目指せば得られるもの、ですから。

 

前衛のポーチで決まったポイント、もう良いじゃないですか、サービスエースで。

2人で作ったポイント、1人でのノータッチエースよりも価値がある。

私は、そう考えています。

成功体験を、いかに自分の中で積んでいけるのか。

ちょっとの工夫、言葉の使い方次第だと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. サーブ

    良いサーブの後に、人はなぜ力んでしまうのか

    「ナイスサーブ!」だけど、その後が・・・。バン!と打って、せっ…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    自分のサーブの評価、概念から変えていこう

    サーブの調子が、良かったり悪かったり。色々あると思いますが、こ…

  3. テニス メンタル

    サーブ

    アナタのサーブの成長を阻害している一番の要因、それは「虚栄心」です

    サーブって、難しいですよね。テニスにおいて、唯一、自分で好きな…

  4. テニス 走力
  5. サーブ

    テニスにおけるサーブこそ、一番多くの「失敗」が求められる技術である

    テニスにおけるサーブは、なぜか「失敗」ばかりが注目される。ダブ…

  6. テニス 確率

    サーブ

    最初のサービス練習4本、丁寧に入れれば相手は・・・何を感じますか?

    ほとんどの試合、ウォーミングアップでサーブ練習くらいですよね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「満足する日」があっても良いけど、翌日まで引きずってはダメ
  2. 戦術

    「自分の中から見付けだせ!」テニスの試合で使える技術を磨くには、確率重視で
  3. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合で、「負けている時間帯の試合運び」が出来ない選手が多過ぎる
  4. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「自分のパートナーがミスしたとき」に、アナタの対応はどうですか…
  5. 練習メニュー

    ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
PAGE TOP