ダブルス

ダブルスの試合、セカンドサーブこそポーチチャンス

普通に考えると、ピンチな状況。

こういう場面にこそ、実はテニスでは攻撃のチャンスが潜んでいる。

私は、ダブルスの試合ですごく最近、この作戦を使っています。

ピンチがチャンスになる、一番分かりやすい例。

みなさんも、これを使わない手は無いですよ。

 

ダブルスの試合、セカンドサーブこそポーチチャンス

 


 

1.味方のセカンドサーブ・・・力も無いし、ピンチ?

相手のリターン、打ち込まれそう!な場面。

みなさんの試合でも、自分が前衛にいてパートナーがセカンドサーブ、のような場面、怖いですよね。

ピンチ、と感じてストレートを守るのが普通でしょう。

でも、それって実際・・・効果的な作戦、良い判断だと思いますか?

私は、そうは思わない。

だって、普通に相手にリターンさせると、クロスに強烈に押し込まれて、失点の可能性が高くないですか?

 

2.相手の立場に立って、考えてみよう

みなさんも、相手のセカンドサーブ、自分がリターンだと想像してみて下さい。

何が一番、やりたいですか?

私なら、クロスにしっかりリターンして、確実にポイントが欲しい。

セカンドサーブなら、正攻法で攻撃出来る、きっと前衛も出て来ないだろうと考える。

だからこそ、本来前衛が動くべきなんです。

そんな強気のリターンをクロスに許していたら、そりゃ勝てないですよ、ブレイクされますよ。

あえて、セカンドサーブでポーチに動く。

相手のリターンの選手に、「普通には、やらせないよ!」とメッセージを贈る。

これが、大事な試合で裏のかき方、でしょう。

 

3.「セカンドは出れない」という言い訳、楽ですよね

前衛として、情けない言い訳。

「セカンドは、出れないよ」と言われたら、サーブを打つ選手はどう思いますか?

「絶対にファーストを入れないと・・・しかも、威力のある」と、更に自分にプレッシャーをかけてしまいますよね。

こんなの可愛そう、じゃないですか。

ここで粋な前衛なら、「セカンドこそ、相手の裏をかける」と思って、動いてくれる。

良いんです、結果的にストレートに打たれても。

同じ失点でも、何かを残せるかどうかって大事じゃないですか。

 

4.正攻法でやられる、ことが一番嫌だと思う

私なら、こう考えます。

動けないで、相手の正攻法でやられる、これを許してはいけない。

セカンドサーブをクロスに強打されて、そのまま押し切られる。

これって、前衛の責任です。

もちろん、サーブが弱い、セカンドサーブになってしまうのは、問題ですよ。

でも、セカンドサーブだからと言って影に隠れる、そんな前衛でダブルスは勝てない。

勇気を持って、動いて正攻法を潰す。

相手のセカンドサーブ、こそポーチチャンス!

ぜひ、試合で試してみて下さい。

 

前衛での頑張りは、必ずパートナーに響いてくれる。

自分のサービスゲームでも、心強い動き、をしてくれると思いますよ。

まずは自分から動くこと、それも、厳しい場面で。

そうすれば、テニスは変わり、強くなれるはずです。

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. ダブルス

    「ダブルスの試合で、相手前衛が気になる!」ときには、しっかりストレートに打って足止めを

    ダブルスで前衛が気になる、気にしないようにと思えば思うほど気になって、…

  2. ダブルス

    ダブルスの前衛で「ポーチをしっかり決めきる!」為の、大前提となる4つの基本意識

    ダブルスの前衛にいて、ポーチでサーバーを助けたいけど自信が無い・・・。…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で「試合中に雰囲気がすぐ悪くなるペア」の特徴4つ

    ダブルスの醍醐味はコンビネーション。長くペアを組んでいるペアは…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    対戦相手を大声で威圧するより、味方であるパートナーを大声で褒めてみよう

    テニスのダブルスの試合、同じ大声を出すのでも・・・私は出し方、だと思い…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    実力で劣る後輩を引っ張るダブルス、に必要な要素4つ

    ダブルスの試合、アナタ自身後輩を引っ張っていく試合もあるでしょう。…

  6. ダブルス

    ダブルスの試合、「ペアがコートの外へ追い出された」ときに必要な守備的なポジショニングとは?

    ペアで連携した守備ができるようになると、ダブルスは強くなるし面白い。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    サーブがどうも安定しない人は、「体重移動の幅を狭くする」ことで改善されるかも知れ…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合で「ダウンザラインのストロークが決まらない・・・」と悩む人は見直…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークの打点が定まらない人は、「ラケットを振り出すタイミング」を少し早くして…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスのラリーでは、「まず良いボールを打つこと」に集中して、打球方向は見ないに限…
  5. ボレー

    シングルスの試合でのネットプレーは、逆を突かれて全然OK
PAGE TOP