ダブルス

ダブルスの試合、セカンドサーブこそポーチチャンス

普通に考えると、ピンチな状況。

こういう場面にこそ、実はテニスでは攻撃のチャンスが潜んでいる。

私は、ダブルスの試合ですごく最近、この作戦を使っています。

ピンチがチャンスになる、一番分かりやすい例。

みなさんも、これを使わない手は無いですよ。

 

ダブルスの試合、セカンドサーブこそポーチチャンス

 


 

1.味方のセカンドサーブ・・・力も無いし、ピンチ?

相手のリターン、打ち込まれそう!な場面。

みなさんの試合でも、自分が前衛にいてパートナーがセカンドサーブ、のような場面、怖いですよね。

ピンチ、と感じてストレートを守るのが普通でしょう。

でも、それって実際・・・効果的な作戦、良い判断だと思いますか?

私は、そうは思わない。

だって、普通に相手にリターンさせると、クロスに強烈に押し込まれて、失点の可能性が高くないですか?

 

2.相手の立場に立って、考えてみよう

みなさんも、相手のセカンドサーブ、自分がリターンだと想像してみて下さい。

何が一番、やりたいですか?

私なら、クロスにしっかりリターンして、確実にポイントが欲しい。

セカンドサーブなら、正攻法で攻撃出来る、きっと前衛も出て来ないだろうと考える。

だからこそ、本来前衛が動くべきなんです。

そんな強気のリターンをクロスに許していたら、そりゃ勝てないですよ、ブレイクされますよ。

あえて、セカンドサーブでポーチに動く。

相手のリターンの選手に、「普通には、やらせないよ!」とメッセージを贈る。

これが、大事な試合で裏のかき方、でしょう。

 

3.「セカンドは出れない」という言い訳、楽ですよね

前衛として、情けない言い訳。

「セカンドは、出れないよ」と言われたら、サーブを打つ選手はどう思いますか?

「絶対にファーストを入れないと・・・しかも、威力のある」と、更に自分にプレッシャーをかけてしまいますよね。

こんなの可愛そう、じゃないですか。

ここで粋な前衛なら、「セカンドこそ、相手の裏をかける」と思って、動いてくれる。

良いんです、結果的にストレートに打たれても。

同じ失点でも、何かを残せるかどうかって大事じゃないですか。

 

4.正攻法でやられる、ことが一番嫌だと思う

私なら、こう考えます。

動けないで、相手の正攻法でやられる、これを許してはいけない。

セカンドサーブをクロスに強打されて、そのまま押し切られる。

これって、前衛の責任です。

もちろん、サーブが弱い、セカンドサーブになってしまうのは、問題ですよ。

でも、セカンドサーブだからと言って影に隠れる、そんな前衛でダブルスは勝てない。

勇気を持って、動いて正攻法を潰す。

相手のセカンドサーブ、こそポーチチャンス!

ぜひ、試合で試してみて下さい。

 

前衛での頑張りは、必ずパートナーに響いてくれる。

自分のサービスゲームでも、心強い動き、をしてくれると思いますよ。

まずは自分から動くこと、それも、厳しい場面で。

そうすれば、テニスは変わり、強くなれるはずです。

ピックアップ記事

  1. ご質問頂いた件につきまして
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ワンランク上、の前衛になろう

    テニスの試合で、結果が出せる。周りからも、初めて組んだペアに…

  2. ダブルス

    後衛に任せる前衛、はどんどん利用させてもらおう

    試合になかなか参加出来ない前衛、を見つけた時。もし相手なら、こ…

  3. テニス メンタル

    ダブルス

    4人全員がネットについた4アップの状態では、「シンプルにセンター狙い」を徹底していこう

    人は、慣れていない視界が広がると慌ててしまう。ダブルス慣れして…

  4. テニス ストローク

    ダブルス

    前衛は後衛を褒め、後衛は前衛を褒めるから強くなる

    テニスの成長が早い人は、毎回試合ごとに強くなっていく。どこか、…

  5. ダブルス

    「今いる場所」を捨てない限り、アナタ自身は強くなれない

    テニスの試合で、強くなりたい、強い相手を倒したい。そう本気で考…

  6. テニス ボレー

    ダブルス

    ミックスで手加減してくる男性は、とことん利用しよう

    昨日、私はミックスダブルスの試合に出てました。そこで、改めて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「自分の内なるものから出てくる」ことを覚悟しよう
  2. テニス ストローク

    リターン

    勝ちたければ、アングルリターンを狙おう!
  3. ストローク

    鋭い振り抜きの為に必要な、シンプルな基本
  4. テニス ボレー

    ダブルス

    2バックで粘るダブルスは、「深いセンターへのボレーとアングルボレー」を組み合わせ…
  5. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「ストロークで相手の逆を突けたら、迷わずネットへ出る」ことで…
PAGE TOP