ダブルス

ダブルスの試合、セカンドサーブこそポーチチャンス

普通に考えると、ピンチな状況。

こういう場面にこそ、実はテニスでは攻撃のチャンスが潜んでいる。

私は、ダブルスの試合ですごく最近、この作戦を使っています。

ピンチがチャンスになる、一番分かりやすい例。

みなさんも、これを使わない手は無いですよ。

 

ダブルスの試合、セカンドサーブこそポーチチャンス

 


 

1.味方のセカンドサーブ・・・力も無いし、ピンチ?

相手のリターン、打ち込まれそう!な場面。

みなさんの試合でも、自分が前衛にいてパートナーがセカンドサーブ、のような場面、怖いですよね。

ピンチ、と感じてストレートを守るのが普通でしょう。

でも、それって実際・・・効果的な作戦、良い判断だと思いますか?

私は、そうは思わない。

だって、普通に相手にリターンさせると、クロスに強烈に押し込まれて、失点の可能性が高くないですか?

 

2.相手の立場に立って、考えてみよう

みなさんも、相手のセカンドサーブ、自分がリターンだと想像してみて下さい。

何が一番、やりたいですか?

私なら、クロスにしっかりリターンして、確実にポイントが欲しい。

セカンドサーブなら、正攻法で攻撃出来る、きっと前衛も出て来ないだろうと考える。

だからこそ、本来前衛が動くべきなんです。

そんな強気のリターンをクロスに許していたら、そりゃ勝てないですよ、ブレイクされますよ。

あえて、セカンドサーブでポーチに動く。

相手のリターンの選手に、「普通には、やらせないよ!」とメッセージを贈る。

これが、大事な試合で裏のかき方、でしょう。

 

3.「セカンドは出れない」という言い訳、楽ですよね

前衛として、情けない言い訳。

「セカンドは、出れないよ」と言われたら、サーブを打つ選手はどう思いますか?

「絶対にファーストを入れないと・・・しかも、威力のある」と、更に自分にプレッシャーをかけてしまいますよね。

こんなの可愛そう、じゃないですか。

ここで粋な前衛なら、「セカンドこそ、相手の裏をかける」と思って、動いてくれる。

良いんです、結果的にストレートに打たれても。

同じ失点でも、何かを残せるかどうかって大事じゃないですか。

 

4.正攻法でやられる、ことが一番嫌だと思う

私なら、こう考えます。

動けないで、相手の正攻法でやられる、これを許してはいけない。

セカンドサーブをクロスに強打されて、そのまま押し切られる。

これって、前衛の責任です。

もちろん、サーブが弱い、セカンドサーブになってしまうのは、問題ですよ。

でも、セカンドサーブだからと言って影に隠れる、そんな前衛でダブルスは勝てない。

勇気を持って、動いて正攻法を潰す。

相手のセカンドサーブ、こそポーチチャンス!

ぜひ、試合で試してみて下さい。

 

前衛での頑張りは、必ずパートナーに響いてくれる。

自分のサービスゲームでも、心強い動き、をしてくれると思いますよ。

まずは自分から動くこと、それも、厳しい場面で。

そうすれば、テニスは変わり、強くなれるはずです。

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合では、後ろが見えない前衛に対して「上げる!」の一声は必須

    ダブルスの試合、どうしても厳しいボールはロブを使うことも良い選択。…

  2. ダブルス

    ダブルスの試合、「ペアがコートの外へ追い出された」ときに必要な守備的なポジショニングとは?

    ペアで連携した守備ができるようになると、ダブルスは強くなるし面白い。…

  3. ダブルス

    ダブルスの初中級レベルの相手なら、「前衛のバックボレー狙い」から一気にチャージしよう!

    ダブルスの初中級レベルの試合では、前衛に穴がある。特に女子ダブ…

  4. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合で「ストレートロブ」を相手前衛に触らせると、上手く陣形を崩せて攻撃できます

    ダブルスの試合にたくさん出ている人は、様々な攻撃パターンをもっていると…

  5. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの後衛で大きく外に走らされたら、「ストレートアタック風トップスピンロブ」を使ってみよう

    ダブルスの試合を雁行陣で戦っていて、大きく後衛が外に走らされる。…

  6. テニス 戦術

    ダブルス

    試合に強いダブルスは、「0-40、15-40からスコアを戻せる」その為の作戦意識について

    ダブルスの試合、ペアでスコアに応じた作戦、皆さんはどうでしょうか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ダブルス

    フットワーク

    ピンチの場面では、相手が打つ前に動いちゃおう
  2. ダブルス

    バレないでポーチに出られる!にはコツがある
  3. テニス サーブ

    戦術

    自分のミスが多くなる予兆を知っておけば、試合で大崩れすることは少ない
  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスはなぜ、技術だけでは勝てないのだろう?
  5. テニス メンタル

    メンタル

    上達が早いテニス選手は、「自分自身の失敗から、決して逃げない」から強くなる
PAGE TOP