ダブルス

ダブルスの試合、セカンドサーブこそポーチチャンス

普通に考えると、ピンチな状況。

こういう場面にこそ、実はテニスでは攻撃のチャンスが潜んでいる。

私は、ダブルスの試合ですごく最近、この作戦を使っています。

ピンチがチャンスになる、一番分かりやすい例。

みなさんも、これを使わない手は無いですよ。

 

ダブルスの試合、セカンドサーブこそポーチチャンス

 


 

1.味方のセカンドサーブ・・・力も無いし、ピンチ?

相手のリターン、打ち込まれそう!な場面。

みなさんの試合でも、自分が前衛にいてパートナーがセカンドサーブ、のような場面、怖いですよね。

ピンチ、と感じてストレートを守るのが普通でしょう。

でも、それって実際・・・効果的な作戦、良い判断だと思いますか?

私は、そうは思わない。

だって、普通に相手にリターンさせると、クロスに強烈に押し込まれて、失点の可能性が高くないですか?

 

2.相手の立場に立って、考えてみよう

みなさんも、相手のセカンドサーブ、自分がリターンだと想像してみて下さい。

何が一番、やりたいですか?

私なら、クロスにしっかりリターンして、確実にポイントが欲しい。

セカンドサーブなら、正攻法で攻撃出来る、きっと前衛も出て来ないだろうと考える。

だからこそ、本来前衛が動くべきなんです。

そんな強気のリターンをクロスに許していたら、そりゃ勝てないですよ、ブレイクされますよ。

あえて、セカンドサーブでポーチに動く。

相手のリターンの選手に、「普通には、やらせないよ!」とメッセージを贈る。

これが、大事な試合で裏のかき方、でしょう。

 

3.「セカンドは出れない」という言い訳、楽ですよね

前衛として、情けない言い訳。

「セカンドは、出れないよ」と言われたら、サーブを打つ選手はどう思いますか?

「絶対にファーストを入れないと・・・しかも、威力のある」と、更に自分にプレッシャーをかけてしまいますよね。

こんなの可愛そう、じゃないですか。

ここで粋な前衛なら、「セカンドこそ、相手の裏をかける」と思って、動いてくれる。

良いんです、結果的にストレートに打たれても。

同じ失点でも、何かを残せるかどうかって大事じゃないですか。

 

4.正攻法でやられる、ことが一番嫌だと思う

私なら、こう考えます。

動けないで、相手の正攻法でやられる、これを許してはいけない。

セカンドサーブをクロスに強打されて、そのまま押し切られる。

これって、前衛の責任です。

もちろん、サーブが弱い、セカンドサーブになってしまうのは、問題ですよ。

でも、セカンドサーブだからと言って影に隠れる、そんな前衛でダブルスは勝てない。

勇気を持って、動いて正攻法を潰す。

相手のセカンドサーブ、こそポーチチャンス!

ぜひ、試合で試してみて下さい。

 

前衛での頑張りは、必ずパートナーに響いてくれる。

自分のサービスゲームでも、心強い動き、をしてくれると思いますよ。

まずは自分から動くこと、それも、厳しい場面で。

そうすれば、テニスは変わり、強くなれるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  5. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で「リターンをストレートに展開する」メリット5つ

    かつてダブルスの名手として活躍した杉山愛選手。彼女がいつも口に…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスにおいて「ショートクロスはあくまで見せ球」、センターへの突き球と組み合わせて並行陣を崩す

    学生の皆さんのダブルスを観ていると、並行陣に対してショートクロスで攻撃…

  3. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスペアの一体感、言葉にするのは簡単

    試合で勝ち上がっていくのに、ダブルスでのペアの一体感は欠かせません。…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    「ダブルスの試合で求められるストローク」は、シングルスと何が違うのか?を考えてみる

    学生の皆さんは特に、シングルスもダブルスも両方をプレーする、選手の方が…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ロブでつないでくるダブルスには、ドライブボレーとドロップショットで仕掛けを

    ダブルスの試合で、ポワーンとただ後ろからつなげてくるような相手、います…

  6. ダブルス

    テニスの試合で、「対戦相手のフェイト」に引っかかりやすい人、気にしない人の違いとは?

    特にダブルスの試合では、「フェイント」と呼ばれる技術が多用されるのがテ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス サーブ

    スマッシュ

    意外とスマッシュ時に、横向きが出来ていない人が多い
  2. その他

    自分で工夫や努力が出来ないのに、「周りに助けだけを求める人」は絶対にテニスも成長…
  3. テニス ポジショニング

    メンタル

    ダメな時にも頑張る、頑張れた選手が最後に勝つ
  4. テニス 前衛

    ロブ

    ロブが上手い人は、相手の反応を見るのが上手いんです
  5. テニス ストローク

    ダブルス

    「ダブルスが得意なベテランプレイヤー」に対抗する為に必要な4つの戦術
PAGE TOP