テニス サーブ

戦術

試合結果は、目の付け所で価値が変わる

テニスの試合では、必ず勝敗、という形で結果が出ます。

それは、どんなレベルでも同じ。

でも、私が見て来た「成長が早い人」は、試合結果をただの結果として受け止める以上の何か、を自分の中で課している。

勝った試合も、負けた試合も、1試合こなしたという事実は同じ。

目の付け所、はみなさんどうでしょうか?

 

試合結果は、目の付け所で価値が変わる

 

1.準備して挑むから、検証が出来る

どんな試合に対しても、準備して挑むことが出来るかどうか。

これが、まず大前提としてあります。

何度も書いて来ましたが、アナタ自身が準備して試合に挑まない限り、そこに成功も失敗も無い。

検証しようがない、ですからね・・・どんな技術も、作戦も。

「これは今回、チャレンジ」

「これはそろそろ、ミスなく主軸にしたい作戦」

という風に、考えて出来るかどうかです。

そうすれば、きっと負けた試合にこそ、新しい視点って持てると思いますよ。

 

2.相手の反応は、千差万別

実際に、試合をしてみて気付くはずです。

毎回相手の、対応の仕方や反応が違う。

これが人間がやるテニス、ですから。

その心の準備も必要ですよね。

期待しているような効果、が得られない場合でも慌てない。

どこかに必ず、効くポイントはあるはず。

どんな試合でも、それを探していく工夫は絶えず行っていく必要がありますね。

つい、試合前は自分のショットの調子だけに意識がいきがちですが・・・大事なのは、相手がどう反応して来るのか。

ここにしっかり、目線を置いてプレーすることが試合では大事です。

 

3.「現場でのとっさの判断」で、思わぬ一手が出るから楽しい!

でも、テニスの醍醐味って、だた準備していた作戦を遂行、だけじゃない。

試合の現場で、考えてもいなかったような作戦、一手、ショットが出ていく可能性もあります。

ぜひ、これに目を付けて欲しいんです。

テニスの試合、ラリーが始まったらポイントが終わるまでその場、その場で瞬時に考えて打たないといけない。

だからこそ、とっさの判断で打つショットってあるはず。

こういう感覚で打ったショットを、「なぜ?」と分析してみる。

きっとそこには、アナタらしい上達のヒントがあるはずなんです。

どんな名選手も、試合の中でのチャレンジから自分を作り上げていっている。

試合での目の付け所、だと思いますよ。

 

4.負けた試合で、「挑戦」はあったのか?

私自身も、この問いかけを試合後に行うようにしています。

普通にやって、普通に勝てない相手に、普通に負けたような試合。

本当に、自分はチャレンジ出来ていたのか、と。

雲をもつかむような一手、を出せたのかどうか。

もし出せなかったのなら、日々の練習から現実主義者的になり過ぎていないか、と疑ってみる。

挑戦していく姿勢があれば、試合の現場で絶対何か出来たはずですから。

負けた試合を活かすには、死に物狂いの自分が何をやったのか、が大事。

この視点、みなさんも意識してみると良いと思いますよ。

 

頂点にいる選手ほど、挑戦を止めない。

誰もやらないこと、をリスク承知で挑んでいく。

だからトップで、走り続けていく。

私たちも、私たちのレベルで実践していけば良いんです。

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ

関連記事

  1. 戦術

    打った方向に自分自身で、プレッシャーをかける方法

    良いショットを打って、すぐに安心してしまう人。これ、結構多いで…

  2. 戦術

    テニスにおける技術力って、再現力

    試合で自分の実力を発揮する。これが問われるのは、本当に試合の…

  3. テニス メンタル

    戦術

    学生テニス、ベテランテニス、の境目は無くなってきている

    最近改めて、感じることがあります。きっと、昔よりも、学生やベテ…

  4. 戦術

    相手の武器は、全力で潰しにいくこと

    テニスの試合、そこには色々な武器を持った人、が来る。サーブであ…

  5. テニス 上達

    戦術

    アナタにとっての強み、弱みは、対戦相手によって変わってくる

    試合の中で、アナタの強みや弱み、弱点や武器。それは、対戦相手に…

  6. 戦術

    漠然と待たない、7:3で誘うこと

    私が普段、意識していること。漠然と待たないで、上手く誘う意識…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス クレーコート

    戦術

    全仏オープンで注目したい、「クレーコートでの戦い方」に参考になる記事7選
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーでのボールとの距離感、どっちの足基準?
  3. ダブルス

    【満員御礼】【12/21(土) 8:00-14:00 @スポル大井町】ACE 9…
  4. テニス フットワーク

    テニス知識

    テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  5. テニス リターン

    ストローク

    「繋ぎショットをマスターせよ!」テニスの試合に必須の技術のポイントは3つ
PAGE TOP