テニス ストローク

ストローク

バウンド地点を瞬時に判断、出来るようにトレーニングしましょう

ストロークの基本、だけどあまり意識されていない部分。

それは、「バウンド地点の予測」です。

相手が打った瞬間に、自分のコートのどこにバウンドするのかを予測する。

この予測が遅いから、みなさんテイクバックも全て遅れていく。

予測というか、もう決め、ですね。

相手が打った瞬間に判断するトレーニング、意識しましょう!

 

バウンド地点を瞬時に判断、出来るようにトレーニングしましょう

 

1.相手が打った瞬間に、決まっている

バウンド地点は、相手が打った瞬間に決まっています。

もちろん、多少は回転や風の影響もあるでしょう。

ですが、それらは微々たるもの。

相手が打った瞬間に、自分のコートのどこに落ちるのか。

この判断力が低い人は、ストロークのラリーでも後手に回ってばかり。

「自分のコートに入って、近付いてきてから反応する」だと、いつまで経っても試合で勝てないですよ。

 

2.テイクバックを終えて、待ち構える回数を増やそう

ストロークで、この回数をいかに増やせるのか。

みなさん、まだまだバウンドに合わせてラケットを引いているので、難しい。

自分で気付いていかないと、ずっと振り遅れていることに気付かない。

バウンド地点を予測する、ことを意識出来れば、ラケットを準備して待ち構えることも出来る。

テイクバックを終えて待つ、ためには、バウンド地点を0.1秒でも速く判断しないと。

このスピードが、強い選手はすごく速くて正確なんです。

 

3.相手の打ち出しの角度、で全て判断しよう

相手が打った瞬間の、最初の角度。

ネットに向かって来る前に、ラケットから放たれるボールの角度をしっかり見る。

これは、相手がストロークでもボレーでも、サーブでも一緒です。

この角度から、どの程度の深さ、コースに来るのかを予測する。

相手のボールが、ネットを超える前に判断、する癖を付けましょう。

とにかく、まずは相手のラケットをしっかり見ること、ですね。

打ち出しの角度に、神経質になる。

これだけで、かなり精度の高い予測が出来るはずです。

 

4.速くバウンド地点には入れれば、多少の変化は対応出来る

イレギュラーだって、怖くない。

滑るスライス、スピンだって、しっかり対応出来るはず。

先にバウンド地点を予測して動けていれば、多少の変化には対応出来るはずです。

準備が終わっていない中で、変化するからみなさん厳しくなる。

もっともっと、最初の段階ですよね。

相手が打った瞬間にバウンド地点を予測する。

この癖、がきっとアナタのストロークを変えていくはずです。

 

例えば、ハーフボレーなんかもそうなんですよね。

バウンド地点を予測すれば、ボレーなのかハーフボレーなのか、適格に判断出来る。

ギリギリまで待って判断、だから難しい。

ぜひ、このバウンド予測能力、みなさん磨いてみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. テニス 風

    ストローク

    風下からは強めに打つ!だけで、テニスの試合運びは楽になる

    風が強い日、アナタはテニスの試合でどんなことを心がけますか?風…

  2. テニス クレーコート
  3. テニス リターン

    ストローク

    ストロークでラケットを振り抜くのが怖い人は、ゆったり振り抜くことを覚えよう

    試合になると、怖くてストロークが振れなくなる。これは、誰でも何…

  4. テニス リターン

    ストローク

    「繋ぎショットをマスターせよ!」テニスの試合に必須の技術のポイントは3つ

    繋ぐショットを練習してるか?自分より強い相手と戦って、勝利を得…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークを振り切れない人は、そもそも打点に入れていない

    試合で一番落ち込むのって、何でしょう。ダブルフォルト?…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの「両手バックハンドストローク」で、今よりもっとパワー出すには・・・?

    ストロークのバックハンドを両手で打っている人、男性でも女性でも多いと思…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの基本は、「相手の力を利用すること」と考えると試合で勝てるようになる
  2. テニス メンタル

    ストローク

    片手バックハンドストロークは、何を武器に戦っていこうか?
  3. テニス 皮膚

    テニス知識

    テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. テニス 確率

    メンタル

    「ネガティブ思考は、スポーツに不向き・・・?」いや、テニスには向いている気がしま…
  5. メンタル

    社会人のメンタルの強さを、学生はまだまだ甘く見ているから勝てないのです
PAGE TOP