テニス ストローク

ストローク

バウンド地点を瞬時に判断、出来るようにトレーニングしましょう

ストロークの基本、だけどあまり意識されていない部分。

それは、「バウンド地点の予測」です。

相手が打った瞬間に、自分のコートのどこにバウンドするのかを予測する。

この予測が遅いから、みなさんテイクバックも全て遅れていく。

予測というか、もう決め、ですね。

相手が打った瞬間に判断するトレーニング、意識しましょう!

 

バウンド地点を瞬時に判断、出来るようにトレーニングしましょう

 

1.相手が打った瞬間に、決まっている

バウンド地点は、相手が打った瞬間に決まっています。

もちろん、多少は回転や風の影響もあるでしょう。

ですが、それらは微々たるもの。

相手が打った瞬間に、自分のコートのどこに落ちるのか。

この判断力が低い人は、ストロークのラリーでも後手に回ってばかり。

「自分のコートに入って、近付いてきてから反応する」だと、いつまで経っても試合で勝てないですよ。

 

2.テイクバックを終えて、待ち構える回数を増やそう

ストロークで、この回数をいかに増やせるのか。

みなさん、まだまだバウンドに合わせてラケットを引いているので、難しい。

自分で気付いていかないと、ずっと振り遅れていることに気付かない。

バウンド地点を予測する、ことを意識出来れば、ラケットを準備して待ち構えることも出来る。

テイクバックを終えて待つ、ためには、バウンド地点を0.1秒でも速く判断しないと。

このスピードが、強い選手はすごく速くて正確なんです。

 

3.相手の打ち出しの角度、で全て判断しよう

相手が打った瞬間の、最初の角度。

ネットに向かって来る前に、ラケットから放たれるボールの角度をしっかり見る。

これは、相手がストロークでもボレーでも、サーブでも一緒です。

この角度から、どの程度の深さ、コースに来るのかを予測する。

相手のボールが、ネットを超える前に判断、する癖を付けましょう。

とにかく、まずは相手のラケットをしっかり見ること、ですね。

打ち出しの角度に、神経質になる。

これだけで、かなり精度の高い予測が出来るはずです。

 

4.速くバウンド地点には入れれば、多少の変化は対応出来る

イレギュラーだって、怖くない。

滑るスライス、スピンだって、しっかり対応出来るはず。

先にバウンド地点を予測して動けていれば、多少の変化には対応出来るはずです。

準備が終わっていない中で、変化するからみなさん厳しくなる。

もっともっと、最初の段階ですよね。

相手が打った瞬間にバウンド地点を予測する。

この癖、がきっとアナタのストロークを変えていくはずです。

 

例えば、ハーフボレーなんかもそうなんですよね。

バウンド地点を予測すれば、ボレーなのかハーフボレーなのか、適格に判断出来る。

ギリギリまで待って判断、だから難しい。

ぜひ、このバウンド予測能力、みなさん磨いてみて下さい!

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    風が強い日にストロークの打点を落とすとダメな理由3つ

    春先は特に、風が強い日が多いですよね。試合の中で苦手にしている…

  2. テニス 練習

    ストローク

    「壁打ちでストロークを磨く」テニス独特の練習法を有効にする4つのコツ

    「壁打ち」と言えば、テニス独特の個人練習方法。一度は皆さんもや…

  3. テニス サーブ
  4. テニス ストローク

    ストローク

    「オープンスタンスでの守備的なストローク」は、軸足をしっかり意識して体重を乗せると安定する

    相手のストロークが深い、ようなときに、皆さんもオープンスタンスを使う機…

  5. ストローク

    なぜ、ほとんどの人がストロークで「身体が開いてしまう」のかを解き明かす5つの理由

    「身体、開いてるよ!」と、ストロークのときに指摘される方。日本…

  6. テニス シングルス

    ストローク

    「ストロークでテイクバックが大きい」と現代テニスで通用しない5つの理由

    現代のテニスは、ストロークのスピードが著しく進化しています。純…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 環境

    ダブルス

    相手2人が下がる「2バックの陣形」になったときに、必要な意識4つ
  2. テニス ストローク

    ストローク

    逆クロス方向へのショットは、相手に背中を向けよう
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テイクバックが大きい相手選手には、「準備不足」に陥れよう
  4. フットワーク

    相手の隙を突くには、忍び足が欠かせない
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスで悔しさを覚えない選手を、強くすることは出来ない
PAGE TOP