テニス 指導

メンタル

自分の失敗を本気で活かせる人は、実はすごく少ない

試合に出続けていると・・・つい、「何が失敗なんだか、分からなくなる」ようなことありませんか?

私自身、試合ではどんどんチャレンジする。

でも、その一つ一つの失敗を、本当に活かせているんだろうかと。

この部分、真剣に考えてみる時期にきていると私は思います。

自分の失敗と向き合い、活かしていくということ。

これをテニスから学ぶには、何が必要でしょうか?

 

自分の失敗を本気で活かせる人は、実はすごく少ない

 

1.失敗して改めず、これを「失敗」と呼ぶ

かの有名な、孔子先生の言葉ですね。

「過ちて改めざる、 是れを 過ちと謂う」。

失敗して改めないことを失敗、と言うのであって、失敗そのものは必要である、という意味でしょうか。

私たちは、この「失敗しても改めない」ことを、どこかで繰り返している。

テニスの練習、試合もそうじゃないでしょうか。

何かに挑戦する、チャレンジすることは大事です。

でもつい、「同じような方法でばかり、挑戦している気になる」ようなことは、無いですか?

改める、をもっと具体化していきたい。

私はそう考えています。

 

2.チャレンジする瞬間は、常に本気でありたい

私が何度も、「失敗歓迎」と書いてきたのも、もしかしたらよくないのかもしれません。

確かに、テニスの上達において失敗は大事です。

チャレンジしていく、相手にプレッシャーをかけていくこと、必要ですよね。

でも、その瞬間は本気で「成功する」つもりじゃないと。

どこかに、「これは挑戦だからな・・・」とか思ってると、甘えが出る。

甘えが出た挑戦なんて、意味がありません。

まさに、失敗とも呼べない。

失敗して改める、その為のモチベーションが、私たちには欠けているのかも知れない。

そう、挑戦自体が本気じゃないからです。

 

3.限られた練習時間、試合環境で、何を目指すのか

それぞれ、もう一度確認しましょう。

みなさんも、勝ちたい試合、結果を出したい大会はあるはずです。

そこに向かって、自分はどの程度時間があるのか。

その中で、しっかりとステップアップしていくには、何が必要なのかを考える。

考えた上での挑戦やチャレンジは、本気になれるはずなんです。

世の中のどんな凄い発明も、きっと本気で何とかしたい、限られた環境の中で試行錯誤した結果でしょう。

私たちは、もしかしたら「半永久的にテニスが出来る」と勘違いしているのかも知れませんね。

 

4.失敗を本気で活かすとは、すぐに行動に興して変えていくこと

誰かが勝てば、誰かが負ける。

これがテニスの勝負の世界です。

失敗を活かせる人は、早く勝者の側に勝っていく、その覚悟が必要。

失敗を活かせる人って、やっぱり本気で勝ちたい人なんですよ。

良い意味で、プライドを捨ててでも優先順位を変えられる人。

自分の挑戦やチャレンジに、回数が限られていることを知っている人。

だから変えていけるんですよね、ショットやポジショニング、考え方自体を。

失敗を活かすって、本当に簡単じゃない。

相当な覚悟が必要、なんです。

 

さぁ、どうしましょうか。

私たちは、もっと失敗に対して真摯に、そして限られた時間の中で上達していかないといけない、ことを自覚しないと。

でもその時間は、皆に平等に与えられてますからね。

練習時間、環境は違えど、まだまだ本気で失敗を活かして、上にいくことは出来るはず。

私はそう信じてます。

テニスを通じて、失敗について深く考えてみる。

そんな大切な時期、なのかも知れませんね。

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. テニス ラケット

    メンタル

    どんな最新モデルのラケットを持っていても、その人のテニスがダサければ意味が無い

    すみません、意味が無い・・・とは、言い過ぎかもしれません。です…

  2. メンタル

    1人が県大会にいけば「必ず2人目、3人目が出てくる」のがチームテニスの良いところ!

    「テニスは個人スポーツだし、チームで練習しなくても良いのでは?」…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスをやっていて「対戦相手にコンプレックスを抱く」のは、自分の長所を理解出来ていないから

    テニスで試合に出ていると、どうにも自信が無さそうな選手が目立つ。…

  4. テニス 打点

    メンタル

    相手が「切れた」から、自分も「切れる」選手は、テニス選手として恥ずかしい

    試合に出ていると、こんな経験、無いですか?相手が集中力を切らし…

  5. テニス 夜
  6. テニス ボレー

    メンタル

    テニスの試合で、アナタは必要以上に「相手に触られること」を怖がり過ぎてはいないか?

    先日、女子ダブルスの草トー大会を観る機会があったのですが、そこで感じた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    「当たり前」のレベルが高い人は、当たり前だけどテニスも強く成長出来る
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーのときに、「片手魔人」になっている人いませんか?
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストローク戦で「先に走らされてるな・・・」と感じたら、ラリーの中でイーブンに戻す…
  4. テニス ステップ

    リターン

    テニス選手なら身に付けたい、「リターンのときのスプリットステップのタイミング」と…
  5. テニス ダブルス

    戦術

    「基本はこうだけど、自分はこう考える」を増やしていこう
PAGE TOP