テニス 雑誌

戦術

作戦を決めて挑まないから、いつまで経っても試合で成功も失敗も無い

皆さんは試合の後、普段どんなことを考えてますか?

勝てば嬉しい、負ければ悔しい・・・だけだと、いつまで経っても成長は無い。

だって色々なことが、感情的な部分のみで曖昧、じゃないですか?

 

作戦を決めて挑まないから、いつまで経っても試合で成功も失敗も無い

 


 

1.「勝った」「負けた」だけの判断基準は、卒業しよう

言ってしまえば、子供がゲームで勝った負けたと同じ。

もちろん、テニスは突き詰めたところで遊びですし、勝敗にこそ楽しさがある。

でも、自分が勝った、負けた、以外の部分に目を向ける事って、出来ないですか?

準備はどうだったか、試合中の修正は出来たのか、勝てたなら、何が相手の脅威になっていたのか・・・。

勝った、負けたの裏側を探っていくことは、テニスで重要。

それは、アナタ自身にしか出来ないことなんです。

 

2.練習で養うことは出来ない部分

試合後に、自分でしっかり振り返る。

その大前提としては、「どんな作戦を準備して、試合に入ったのか?」が大事。

これが無いと、成功も失敗も無い。

やったのか、やらなかったのか、何も残らない。

曖昧なままで終わり、また次の試合も曖昧なままで続く。

何かテーマを持って、実行プランを持ってテニスの試合が出来れば・・・どうでしょう?

試合に負けても、最低限「用意してきたことは、出来た」部分は確認できますよね。

この差って、すごく大きいように思います。

 

3.作戦を決めて挑む、それこそが「正解」である

「でも、どんな作戦が良いのか、自分は分からない・・・」と悩んでいる人、きっと最初から答えを求め過ぎ。

こういうのって、やりながら自分で身に付いていくもの。

最初から、正解を求めても何も出来ないで終わる。

だったら・・・

「ゲームの最初のポイントは、ネットプレーを入れる」

「30-30のカウントでは、ストレートにリターンする」

など、具体的に決めて、入りましょう。

そうすれば、出来た出来なかった、はハッキリする。

まずそこから、スタートです。

 

練習試合、普段の部活の後のポイント形式でも、この意識は大事。

何も考えないで試合、しても・・・意味は薄いですよ。

成功も失敗も無い、何となくで終わりますからね。

失敗をしないこと、が一番の失敗であることに早く気付きましょう!

 

今回のまとめ

失敗を認識し、成功に導くためには、試合前に作戦を決めて入ることが絶対条件です

 

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスを上達させるには、「何となく」を言葉にしていくこと

    テニスついて考えて、試合で勝つ為にプレーする。出来そうで出来な…

  2. テニス ボレー

    戦術

    試合が相手の流れで進んでいるときに必要な、試合のテンポを遅くする技5つ

    試合のテンポを、遅くする。もしかしたら、この技術、戦術があれば…

  3. 戦術

    甘い攻撃こそ、上の試合では格好の餌食になる

    みなさんも、上のレベルの試合になると痛感しているはずです。失点…

  4. 戦術

    いつも必死の形相でボールを打つ人に、勝てそうな雰囲気は生まれない

    最近は、みなさんもテニスを動画で見る機会が増えましたよね。私が学生…

  5. テニス 序盤

    戦術

    テニスの調子が良い、悪いの差が激しい人は、ココを変えていくしかない

    試合のときに、調子が良い悪いの差が激しい人。こういう人は、結果…

  6. テニス メンタル

    戦術

    相手から逃げるのと、勝負を避けるのは根本的に違うという話

    テニスの試合、いかに相手の弱点を突いていくのか。この重要性は、…

特集記事

  1. テニス メンタル

    日々の雑記

    話やLINEが長い人は、テニスも何がしたいのかよく分からない
  2. テニス フットワーク

    ダブルス

    ダブルスの前衛に絶対必要なのに、実践出来ている人が少ない「前方向へのスプリットス…
  3. テニス 練習

    ストローク

    調子が悪いときのストロークを安定させるには、「速い準備でゆっくり振り切る」ことに…
  4. テニス メンタル

    戦術

    相手にリードされてから頑張る、人がほとんど
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルスでのコミュニケーションが苦手・・・な人、私は応援したい
PAGE TOP