テニス ストローク

テニススクール

覚えることより、使えることを増やしていこう

みなさんも練習していて、「どうも試合で使えていない」ようなこと、たくさんありますよね。

陣形にしてもテクニックにしても、せっかくスクールで習っても使えない。

それって、やっぱり習う時点からの発想を変えていかないと難しい。

いつでも、自分が明日試合のイメージで。

そこでどう使うのか、が大事ですからね。

 

覚えることより、使えることを増やしていこう

 

1.覚えること、に必死じゃない?

みなさん、結構こうじゃないですか?

何かを学ぶ、テニスのレッスンでも必死で覚える。

覚えることに必死で、それをどう使うか・・・までは、なかなか頭が回らない。

確かに、ポジショニングや「この時、どうする?」というセオリーは、覚えないといけません。

でも、覚えることが目的になってしまっては、試合で使えない。

まずは理解して、自分の中でかみ砕いてみる。

この作業が、試合に出る人には絶対に必要です。

 

2.覚えたら使ってみて、相手の反応を見る

実際に、使ってみると分かります。

並行陣だって、かなり相手によって反応が違う。

並行陣慣れしている相手なら、動じないししっかり沈めて来るでしょう。

並行陣慣れしていない相手なら、すぐに慌ててロブ、になるようなケースも多いでしょうね。

ただ覚えて実行する、だけだと、相手によって反応が違うときに慌ててしまう。

これだけは、みなさんしっかり覚えておかないと。

試合では、色々な相手と初見で戦う訳ですからね。

 

3.使える技が増えているのか?を、常に意識すること

変わっていく、強くなっていくとはこういうこと、です。

使える技、が増えていくということ。

知識が増えるだけ、ではダメです。

色々知って、「へー」で終わらせてはダメ。

自分で実際に使ってみて、相手の反応も見つつ、試合の大事な場面でも実行出来るくらいに仕上げていく。

こういうこと、が出来る人って意外と少ないんですよね。

レッスンで学んでも、知っている、という状態で止まってしまう。

そこから先は、アナタ次第ですから。

 

4.試合で使ってはカスタマイズ、を繰り返すこと

この繰り返しです。

私自身、まだまだテニスというものを分かっていない、と思っています。

だって、毎回やってみては新しい発見、違いがある訳ですから。

そうやって気付いたことを、ここでは書かせて頂いています。

アナタのテニスなら、アナタなりの感覚があって絶対に良い。

知識を行動に興して、試合で使えるように変えていく。

この意識で、かなり上達スピードも上がると思いますよ。

 

今では、動画を見たり、色々と情報はたくさん無料で得ることが出来ますからね。

でも、試合で実際に使える人が多いかというと、それは疑問。

むしろ、アナログで昔から自分で工夫している人の方が、自分の技の増やし方、を知っている方が多いように思います。

みなさんも、知識ではなく使える技、コトを増やしていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…

関連記事

  1. テニススクール

    西葛西でのプロ選手のレッスンで感じたこと

    先日、コナミスポーツ西葛西でのプロテニス選手のイベントにご参加頂いた…

  2. テニス サイト
  3. テニス 部活
  4. テニス メンタル

    テニススクール

    テニスコーチに教わっている人は、コーチの本音を引き出そう

    今回、アンケートにご協力頂いた方の中で、約1/4はテニススクールでテニ…

  5. テニス メンタル

    テニススクール

    スクールなのに自分で考えなくて良い、それが日本のテニススクール

    それが、普通だと思ってしまう。これが、一番私は危険なことだと思…

  6. テニススクール

    コーチとの関係値も、アナタの大事な実力

    自分の実力、自分のテニス。何もそれは、アナタ自身のプレーだけに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    そもそもテニスではなぜ、「自分の思い通りに打つ」のが難しいかを考えると・・・?
  2. テニス ストローク

    ストローク

    並行陣相手でも怖がらずに、ショートクロスのときこそラケットを振り切っていこう
  3. テニス 読書

    戦術

    テニスの常識を疑えば、試合に強くなる
  4. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークでミスが多い人は、「ほとんど横振りで打点がぶれている」ことに気付かない…
  5. テニス 部活

    シングルス

    個人戦で結果を出したい!人が意識したい4つのこと
PAGE TOP