テニス チャンス

その他

「テニスの試合の現場で必要なもの」から優先して練習していけば、結果は自然についてくる

普段の練習、皆さんはどんな優先順位で行っているでしょうか?

強いチーム、選手はあくまで「試合」が念頭にある。

勝てないチームは、うわべの「楽しさ」をただ求める。

アナタのチームはどうですか・・・?

 

「テニスの試合の現場で必要なもの」から優先して練習していけば、結果は自然についてくる

 

■練習の為の練習、は真の練習では無い

試合で使える技術を鍛えること、が練習の場のはず。

それがいつしか、「自分が気持ち良く打てること」だけを続けることが、練習になってしまってはいませんか?

ラリー練習などは、その典型例でしょう。

気持ち良くいつもの仲間と打ち合う・・・なんて、試合と真逆。

試合では、知らない相手と、せめぎ合いながら削り合い、ミスを誘い合うのですから。

 

■テニスの試合の現場は、サーブとリターンから始まる

この2種類のショット、の調子が悪いと試合では勝てない。

逆に言えば、サーブとリターンだけしっかり高確率でこなせれば、勝利はグッと近くなる。

練習での優先順位、必然的に上がっていくはずですが、皆さんの練習はどうでしょうか?

「単純なサーブ&リターン」の練習しか、イメージ出来ないようだと・・・マンネリ化するし、そりゃラリー練習やってた方が楽しい、って話になりますよね。

 

■試合の緊張感に、練習を近づけられるか?

私なら、まずサーブとリターンの練習で記録を残す。

記録を残して、サーブの確率、リターンの確率、入ったコース、面倒ですが全て一度記録を残してみましょう。

そうすれば、サーブからのポイント獲得率が見えてくる。

交代で、ノートとペンがあれば記録出来ますよね。

そういう人を順番で回すだけで、試合に近い緊張感が保てるのでお勧めです。

 

記録みたいな面倒なことは、ほとんどの学校がやらない。

やらないからこそ、チャンスなんです。

「部活は楽しくやれれば、それで良い」と思っていても、雰囲気は悪くなるだけでしょう。

なぜなら上達しないし、試合で結果が出ないから。

さぁ、この冬に差を付けるチャンスです。

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. テニス 錦織圭

    その他

    私が改めて考えてみる、「錦織選手の強さは何か?」を紐解く7つのポイント

    これから全仏オープン4回戦に挑む、錦織選手。改めて彼のすごさ、…

  2. その他

    テニスの試合に勝てる頭の回転が速い人は、「練習から優先順位」を付けている

    現代テニスは、オールラウンドが基本。それこそ、弱点があればそこを突…

  3. その他

    「テニスコーチとして一番重要なこと」に気付かされた先輩コーチからの相談ときっかけ

    テニスコーチなんて簡単だ。誰でも出来るよ。テニスの技術…

  4. テニス ダブルス

    その他

    テニスの試合では、「あえてコースを空けて待っている相手選手の罠」に、気を付けろ!

    試合では、攻撃しているつもりでも「はめられている」ケースも多い。…

  5. その他

    「あなたの労力数値、どれくらい?」テニスの試合を勝ち進むには、労力管理能力が問われます

    トッププロの試合を観ていると、特に男子テニスなんかはサーブのスピードが…

  6. その他

    国の威信をかけた漢のテニスの戦い、「デビスカップ名勝負」動画3選

    団体戦の醍醐味、それは何と言ってもチームの重みを感じながら戦えること。…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス ロブ

    ボレー

    「深いボレーとドロップボレーを簡単に打ち分ける」テニスのネットプレーで役立つグリ…
  2. テニス スライス

    ストローク

    シングルスの試合で超絶使える、バックハンドのスライスストロークのコツ5つ
  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスの練習では、「不確定なランダム要素」を取り入れないと、試合とのギャップを埋…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    試合を動かしているのは、「もう一人の自分」という意識を持てると全体を俯瞰して見れ…
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、パートナーのミスを「自分の責任」と考えられる人は少ない
PAGE TOP