テニス チャンス

その他

「テニスの試合の現場で必要なもの」から優先して練習していけば、結果は自然についてくる

普段の練習、皆さんはどんな優先順位で行っているでしょうか?

強いチーム、選手はあくまで「試合」が念頭にある。

勝てないチームは、うわべの「楽しさ」をただ求める。

アナタのチームはどうですか・・・?

 

「テニスの試合の現場で必要なもの」から優先して練習していけば、結果は自然についてくる

 

■練習の為の練習、は真の練習では無い

試合で使える技術を鍛えること、が練習の場のはず。

それがいつしか、「自分が気持ち良く打てること」だけを続けることが、練習になってしまってはいませんか?

ラリー練習などは、その典型例でしょう。

気持ち良くいつもの仲間と打ち合う・・・なんて、試合と真逆。

試合では、知らない相手と、せめぎ合いながら削り合い、ミスを誘い合うのですから。

 

■テニスの試合の現場は、サーブとリターンから始まる

この2種類のショット、の調子が悪いと試合では勝てない。

逆に言えば、サーブとリターンだけしっかり高確率でこなせれば、勝利はグッと近くなる。

練習での優先順位、必然的に上がっていくはずですが、皆さんの練習はどうでしょうか?

「単純なサーブ&リターン」の練習しか、イメージ出来ないようだと・・・マンネリ化するし、そりゃラリー練習やってた方が楽しい、って話になりますよね。

 

■試合の緊張感に、練習を近づけられるか?

私なら、まずサーブとリターンの練習で記録を残す。

記録を残して、サーブの確率、リターンの確率、入ったコース、面倒ですが全て一度記録を残してみましょう。

そうすれば、サーブからのポイント獲得率が見えてくる。

交代で、ノートとペンがあれば記録出来ますよね。

そういう人を順番で回すだけで、試合に近い緊張感が保てるのでお勧めです。

 

記録みたいな面倒なことは、ほとんどの学校がやらない。

やらないからこそ、チャンスなんです。

「部活は楽しくやれれば、それで良い」と思っていても、雰囲気は悪くなるだけでしょう。

なぜなら上達しないし、試合で結果が出ないから。

さぁ、この冬に差を付けるチャンスです。

ピックアップ記事

  1. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「技術の前に体力作り」テニス以外のスポーツでも身に付けることができる体力の重要性

    何歳までが子供というのか分からないが、高校生はまだまだカテゴリーとして…

  2. その他

    「笑っちゃうくらい面白い」とテニスの試合で感じれるようになれば・・・。

    「笑いながらプレーしてるね。」よくそう言われる。確かにテニスの…

  3. テニス 準備

    その他

    今年も開幕した、「全国選抜高校テニス大会を観戦される方」に事前にチェックしておくと便利なこと

    今年もこの季節がやってきました。毎年福岡県博多で開催される、全…

  4. その他

    テニス留学も、「失敗は成功の素」と思えるように、新しいチャレンジが大事!

    俺のテニスはスペインに行ったのをキッカケに、大きく成長出来たと思ってい…

  5. テニス メンタル
  6. テニス ボール

    その他

    テニスの試合で「対戦相手にボールを渡すとき」に、注意したいマナー4つ

    テニスの試合は基本的にセルフジャッジで、ボールパーソンも無し。…

特集記事

  1. テニス 知識
  2. テニス メンタル
  1. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「ネットに出てパッシングで抜かれない選手」になる為に、意識したい…
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合のほとんどは、「客観的に観れば誰か一人が仕切っている」試合が多い
  3. ボレー

    「ボレー、多方向へ打てるかい?」テニスの試合で使う為には、人のいないコースを狙お…
  4. ストローク

    テニスの試合のストロークで、「ボールが持ち上がらない・・・」と感じている人に、必…
  5. テニス メモ

    日々の雑記

    テニスの成長は、点で考えずに線で考えよう
PAGE TOP