その他

テニスの試合を終えた時点で、「自分を実力が分かった」と思えたら絶対、強くなれる

試合が終わったときに、アナタ自身何を考えるのか。

感じる力が非常に重要、というのは何度か書いてきました。

自分自身の実力を、試合を終えたときにどう感じるのか?

真摯に、客観的に向き合えれば必ず、アナタはこれからテニスが強くなっていけます。

 

テニスの試合を終えた時点で、「自分を実力が分かった」と思えたら絶対、強くなれる

 


 

■勝ち負けにだけ意識がいく選手は、まだまだ幼稚

勝った負けた、にだけしか興味関心が無い選手は、成長が遅い。

結果はもちろん大事ですが、その勝敗を分けたのは何だったのか。

ここを確認するには、試合直後が一番新鮮な情報を持っているから良い。

感情が高ぶっている自分をグッと抑えて、勝ったとき、負けたときにも「自分の実力は、試合でどう発揮されたのか?」を考える。

この自問自答が出来ない選手は、まだまだ幼稚です。

 

■試合後は一人になれる時間を作ろう

ルーティーンとして、試合後は5分間、自分一人になる時間を作る。

この時間は、意図的に作り出すことをお勧めします。

周りのテニス仲間といると、どうしても慰め合ったりごまかす方向に会話が流れてしまう。

自分がどうだったのか、は自分自身にしか分からない。

しっかり試合を振り返って、自分の実力は今、どのくらいなのかを考えて試合を思い出してみましょう。

 

■自分の実力が分かる試合、出来ているか?

「自分の実力が分かった」と思う試合、アナタは出来ていますか?

しっかり準備してチャレンジ出来ているのか、はアナタしか分からない。

試合中に、勝つために出来ることは全て出来ているのかどうか・・・を、実践し尽くしていないと、そもそも実力は分からない。

「シード選手に0-6で負けたから、何も残っていない・・・」と考えるのは、まだまだ浅い。

続いたラリー、獲ったポイント、全てにアナタの実力が反映されているし、今後の飛躍の種が眠っている。

もっともっと、試合後のアクションに貪欲になりましょう。

 

試合に負けた後は、つい言い訳をしがち。

口に出さなくても、自分の心の中で自分を慰めて、試合から帰ったらもう忘れている・・・。

せっかくですから、試合後の感覚をもっと大事にして、成長スピードを高めていきましょう!

ほとんどの人が、正確に試合を振り返るなんて出来ていない。

だからチャンス、なんだと思います。

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス 部活

    その他

    中学・高校のテニス部では、「2・3年生がどういう姿勢を見せるのか?」でチームの雰囲気が大きく変わる

    皆さんも最初、部活やサークル、社会人チームやテニススクールに入ったとき…

  2. テニス ボレー

    その他

    「プロテニス選手の試合は、ココを観ると自分に活かせる!」試合の観戦力磨いて強くなる方法5つ

    最近ではスマートフォンやパソコンで、誰でも気軽にプロ選手の試合を観るこ…

  3. その他

    「このテニス選手、もったいない・・・」と私が感じるときは、こんなプレーを観たときです

    良いプレーが出来ている、技術もあるのに、なぜか試合で勝てない人。…

  4. その他

    「テニス雑誌の技術情報を鵜呑みに」していては、いつまで経ってもアナタ自身成長しない

    テニス雑誌、皆さんは本屋で購入したことはありますか?私は今、3…

  5. その他

    ミスが多いときは、何も考えていないときがほとんど

    試合でミスが多い時。こんなはずじゃ・・・と思っていても、どんど…

  6. テニス メンタル

    その他

    「初めてのテニスの大会で慌てない」為に、確認しておきたい5つの常識

    どんな上級者も、初めてテニスの大会にエントリーして出場するときは緊張し…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合中に、「対戦相手に見せてはいけない」何気ない行動5つ
  2. テニス シングルス

    メンタル

    テニスが楽しくない、というのは、ある意味楽しめている証拠かも
  3. テニス メンタル

    ストローク

    ストローク戦で振り遅れが目立つ時には、ラケットヘッドからのテイクバックに変えてみ…
  4. テニス タオル

    テニス知識

    テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. その他

    良いフォームが必要という、危険な発想
PAGE TOP