テニス メンタル

テニス知識

テニスの試合の現場で使えない知識や経験は、意味が無い

普段の練習や、アナタのテニス知識、経験。

でもそれって、試合で具体的に活かせてますか?

うんちくばかりで、試合に勝てない人は・・・実はテニス界にも、たくさんいます。

試合の現場って、本当に厳しい場、ですからね。

 

テニスの試合の現場で使えない知識や経験は、意味が無い

 


 

1.試合はプレッシャーの中で、戦う世界

テニスを続けていると、色々な経験や知識、溜まってくる。

本で読んだり人から聞いたり、まぁ・・・このサイトも、そうかも知れませんね。

でも、それが試合で使えるかどうか、は別問題。

なぜなら、試合ではとてつもなく大きな「プレッシャー」が推し迫って来るからです。

「こうすれば良い」と頭では分かっていても、身体が動かない。

勇気が出ない。

これでは、自分の知識や経験、を活かしているとは言えないでしょう。

 

2.試合の中で、「いつ何を使うのか?」を選択していこう

優柔不断な人、はテニスの試合で勝つのは難しい。

「あれも、これも・・・」というのは、無いモノねだりでしかない。

色々経験して、知り過ぎているからこそ、試合の現場で選択できない・・・という選手も、実はテニス界にはたくさんいます。

自分の中で、整理しておかないと試合の現場では使えない。

そして、使えない技術や知識はどんどん削ぎ落としていく。

これも実は、強くなるうえで大事なこと、なんです。

 

3.テニスの技術、「全てを完璧に」なんて絶対に無理

色々なコーチがいれば、色々な考え方もある。

全ての人から聞いたこと、を全て実戦しようなんて無理です。

そもそも、テニスの試合はポイント奪取の限られたスポーツ。

対戦相手も、毎回違えば効果的な攻撃方法、守備の方法も違う。

大事なのは、試合の現場でアナタ自身が「これが使える!効きそうだ!」というのに、気付くこと。

その感覚を持てて初めて、試合の現場で使えるテニスの技術、が身に付いていくのです。

 

「でも、具体的にどうすれば・・・?」という方は、まず自分の手持ち武器を確認してみましょう。

試合の中で、出来ることを書き出してみる。

周りよりも、少し得意なことは武器として位置付けてみて、整理しておく。

そして、プレッシャーの中でも打てるかどうか。

これを確認しておけば、きっと厳しい試合の現場でも使えるはずです!

 

今回のまとめ

自分が試合で使える武器を、事前に洗い出してイメージしておこう!

 

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. 「第2回 読者ミーティング」を開催します
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…

関連記事

  1. テニス メンタル

    テニス知識

    「スポーツの経験が無い」って、逆にテニスでは武器になる

    「テニスって、小さいころから始めないと上手くならないんですよね?」…

  2. テニス知識

    試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

    テニスプレイヤーとして、持っておきたいマストアイテム。私はあえ…

  3. テニス知識

    バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

    「ここぞ」という時に、踏ん張れる。ストロークでもボレーでも、最…

  4. テニス知識

    雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

    テニスの練習にとって、天敵の一つが雨。これからの季節、悩ましい…

  5. テニス知識

    テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

    私が学生の頃、もう15年くらい前の話ですが、とにかく「プロテイン」が美…

  6. テニス 縄跳び

    テニス知識

    テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

    効率的にトレーニングをしたい、それも1日5分くらいで筋力、持久力までし…

特集記事

  1. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスの練習中、「足を動かして!」と言われても、ただバタバタ動かすだけだと疲れる…
  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では「目の前のリード」など、一瞬の安らぎにもならない
  3. テニス 練習

    ダブルス

    シングルスが得意な選手同士が組んだダブルス、を崩していくレシピ5つ
  4. ストローク

    ドロップショットの目的は、長い距離を走らせること
  5. シングルス

    シングルスの試合で、「低い打点のストローク」はクロスに来る
PAGE TOP