テニス メンタル

テニス知識

テニスの試合の現場で使えない知識や経験は、意味が無い

普段の練習や、アナタのテニス知識、経験。

でもそれって、試合で具体的に活かせてますか?

うんちくばかりで、試合に勝てない人は・・・実はテニス界にも、たくさんいます。

試合の現場って、本当に厳しい場、ですからね。

 

テニスの試合の現場で使えない知識や経験は、意味が無い

 

1.試合はプレッシャーの中で、戦う世界

テニスを続けていると、色々な経験や知識、溜まってくる。

本で読んだり人から聞いたり、まぁ・・・このサイトも、そうかも知れませんね。

でも、それが試合で使えるかどうか、は別問題。

なぜなら、試合ではとてつもなく大きな「プレッシャー」が推し迫って来るからです。

「こうすれば良い」と頭では分かっていても、身体が動かない。

勇気が出ない。

これでは、自分の知識や経験、を活かしているとは言えないでしょう。

 

2.試合の中で、「いつ何を使うのか?」を選択していこう

優柔不断な人、はテニスの試合で勝つのは難しい。

「あれも、これも・・・」というのは、無いモノねだりでしかない。

色々経験して、知り過ぎているからこそ、試合の現場で選択できない・・・という選手も、実はテニス界にはたくさんいます。

自分の中で、整理しておかないと試合の現場では使えない。

そして、使えない技術や知識はどんどん削ぎ落としていく。

これも実は、強くなるうえで大事なこと、なんです。

 

3.テニスの技術、「全てを完璧に」なんて絶対に無理

色々なコーチがいれば、色々な考え方もある。

全ての人から聞いたこと、を全て実戦しようなんて無理です。

そもそも、テニスの試合はポイント奪取の限られたスポーツ。

対戦相手も、毎回違えば効果的な攻撃方法、守備の方法も違う。

大事なのは、試合の現場でアナタ自身が「これが使える!効きそうだ!」というのに、気付くこと。

その感覚を持てて初めて、試合の現場で使えるテニスの技術、が身に付いていくのです。

 

「でも、具体的にどうすれば・・・?」という方は、まず自分の手持ち武器を確認してみましょう。

試合の中で、出来ることを書き出してみる。

周りよりも、少し得意なことは武器として位置付けてみて、整理しておく。

そして、プレッシャーの中でも打てるかどうか。

これを確認しておけば、きっと厳しい試合の現場でも使えるはずです!

 

今回のまとめ

自分が試合で使える武器を、事前に洗い出してイメージしておこう!

 

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. テニス メンタル

    テニス知識

    「この暑さを乗り越える!」テニスの試合で必要な熱中症対策5つ

    毎日暑い日が続いてますが、この夏こそテニスの強さが問われるシーズン。…

  2. テニス ラケットバッグ

    テニス知識

    会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

    社会人でテニスを楽しむ人の悩み、それは「荷物」じゃないでしょうか。…

  3. テニス アディダス

    テニス知識

    アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッコイイ

    以前に書かせて頂きましたが、私は足の甲が広い典型的な日本人ぽい足型。…

  4. テニス イレギュラー

    テニス知識

    リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

    テニスの試合で、イレギュラーバウンド・・・どの程度あるでしょうか?…

  5. 食事

    テニス知識

    テニスの試合前に、「飲まない・食べない方が良いモノ」5つ

    暑い時期の試合、食欲も無くてどうしよう・・・と思いながら、試合会場へ。…

  6. テニス ソックス

    テニス知識

    テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよう!

    テニスをしていると、意外と消耗品になるのがソックス。クレーコー…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合では、「いかにも」というタイミングでネットに出ても、当然のごとく…
  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    「量から質へ」今、アナタの練習には改革が必要です
  3. テニス メンタル

    ストローク

    「スライスに慣れていない選手」が多い、学生の皆さんこそスライスを身に付けて欲しい…
  4. ボレー

    大きく踏み込んだボレーを安定させるには、「後ろ足の内側をコートに付ける」を意識し…
  5. テニス メンタル

    その他

    自分にとって「慣れて得意になった」と思っている技術ほど、実は改良の余地があるのが…
PAGE TOP