テニス ダブルス

メンタル

練習の場での失敗と、試合での失敗の価値は全く違う

「色々チャレンジしてるんだけど、何も身に付かない・・・」と、悩んでいるみなさん。

結構アンケートでも、多かったことなんですよね。

私が想像するに、もしかしたら「チャレンジの質」の部分で、ちょっと意識が甘いのかも。

練習と試合、この違いに視点を当ててみましょう。

イメージするだけで、その失敗の違いが理解できると思います。

 

練習の場での失敗と、試合での失敗の価値は全く違う

 

1.練習での失敗は、経験値として薄い

練習でのチャレンジ、とても大事です。

まずは自分で、新しい技術は何でも試してみないと始まりませんからね。

でも、そのチャレンジ・・・あくまで、身内の温室環境、でのチャレンジということは覚えておかないと。

ノンプレッシャーの中で打てるショットって、アナタの実力じゃないんですよね。

厳しいようですが、同じショットを試合で打てるとは思えない。

プレッシャーの中で、更には限られた機会の中で打っていくのが試合、ですからね。

練習と試合では、チャレンジの土壌が全く違う。

このことを、まずは覚えておきましょう。

 

2.試合は練習の半分以下の成果、しか出ない

特に、新しい技術、習得中の技術はそうでしょう。

練習での半分、も出ない。

その半分とは、威力や精度、更には打つ機会まで半分以下、ということ。

練習だと自分がやりたいシチュエーション、打ちたいショットだけ練習出来る。

でも試合では、まずその「場面」から引き出していかないといけない、のがテニス。

難しいですよね・・・いざ本番で、「今だ!」と思っても、準備が出来ていないことも多い。

試合でチャレンジしていく、その難しさに気付いている人ほど、練習から変えていくことが出来るでしょう。

 

3.練習でも段階を追って、プレッシャーをかけていこう

まず、新しい技術、その練習方法には段階があります。

動画等で見て、しっかりイメージ出来ること。

それから、球出し等で反復練習、ラリー練習。

その次、ぜひ皆さんの仲間の中でも、「プレッシャーをかけた状態」での練習をして欲しい。

例えば、ダブルスでのサーブ&ボレーなら、相手側の前衛がしっかりファーストボレーにチャージしていく。

プレッシャーをかけていく「フリ」だけでも、だいぶ違うはずです。

実際の試合なら、こんな感じで相手は迫ってくる訳ですからね。

出来るだけ、それに近い感じで練習を少し変えてみましょう。

練習と試合、チャレンジしていく環境が近くなっていくと思いますよ。

 

4.失敗しても試合で使い続けた人が、最後は笑うことが出来る

試合で使って失敗する。

普通はここで、なかなか次また使おうとは思わないんですよね。

特にドロップ系のショットや前方向へのダッシュ、精神的なダメージも大きいですから。

でも、それだと本当の「失敗」になる。

自分がプレッシャーに負けている、という事実と向き合って、また試してみようと思ったときに、テニスは強くなります。

失敗しても、繰り返し「試合の中で試していく」勇気を持ち続けた人が、本当の意味でのオールラウンダーに成長出来るのです。

 

練習でしっかり、プレッシャーを感じること。

試合では、ここが大きく変わってきますからね。

練習で出来るのに試合で出来ない、のは鍛え方が違うだけ。

メンタルが強いとか弱いとか、そういう性格的なところじゃないでしょう。

もしそうだとしても、鍛えていくだけですね。

新しい技術こそ、しっかり鍛えて強くしていきましょう!

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. テニス 気付き

    メンタル

    テニスの試合が上手く進んでいるときの心理状況って、どんな感じなのかまとめておこう

    試合がうまく進んでいる、自分なりに良い試合が出来た時。そんな時…

  2. メンタル

    「今日はテニスの調子が悪い・・・」と感じたら、試合中に実践したい修正方法について

    テニスは「調子」に左右されるスポーツだと言われています。プロテ…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    逆境に燃える心は、テニスコートだけでは養えない

    テニスを試合をしていて、本当にしぶとい相手。みなさんの周りでも…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    闘志を見せない相手には、必ず奥底に隠している強さがある

    皆さんは、試合で戦い辛い相手って、いますか?私はこんな選手。…

  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    試合で出し切った選手じゃないと、練習で新しいことは身に付かない

    練習に対して意識が低い人。それは、試合の中でどこか出し惜しみし…

  6. テニス 観客

    メンタル

    団体戦で上位を目指したいなら、「準決勝以上の試合の雰囲気」を常にイメージして準備おこう

    秋の大会、団体戦で上位を目指したい。そんなチーム、キャプテンの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    意外と打つ機会が多い、ネットに出たけどワンバウンドさせての処理について
  2. テニス ポジショニング

    ストローク

    ストローク戦で勝ち目が無い、と感じたら・・・?
  3. テニス ロブ

    ストローク

    「ストロークをシュート回転させて相手のラケットの芯を外す」テクニックは近代テニス…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    自分が思っている以上に、ボレーでは手首をこねている
  5. テニス ボレー

    ボレー

    試合でもっとボレーを上手く打ちたい!なら、慣れていかないと
PAGE TOP