テニス 環境

メンタル

テニスの試合では、戦うべき相手はネットを挟んだ相手だけでなく、「自分自身」だということ

「弱気は最大の敵」という言葉を残した、元プロ野球選手がいた。

広島カープで抑えのピッチャーとして活躍していたが、若くして病で亡くなった津田恒美投手。

どんなに逆境で苦しい場面でも、戦う相手はいつも自分自身。

これは、テニスを通じて私たちが日々感じている部分でしょう。

ネットを挟んだ相手以上に手強いのは、いつでも自分自身です。

 

テニスの試合では、戦うべき相手はネットを挟んだ相手だけでなく、「自分自身」だということ

 


 

■弱気な自分は、いつも語りかけてくる

「もう、頑張ったんじゃない?」

「負けて楽になろうよ」

そんな言葉、試合中に自分の中から聞こえてきたことはありませんか?

私は何度もあります。

常に弱い自分と会話しながら、ぶつかりながら揺れながら、試合を戦っている。

しっかり会話で打ち勝たないと、目の前に相手と戦う前に、自分に負けてしまうのです。

 

■「自分と会話」出来ている人は、要所で強い

試合の序盤から、自分自身と会話出来ているか。

シングルスでも、自分一人で戦っている訳ではありません。

もう一人の自分と、「調子はどう?」「相手はどんな感じ?」と試合の序盤から会話出来れば、弱い自分にも負け辛い。

試合が苦しくなって、負けそうになっていきなり自分自身に話しかけても、もう遅い。

普段からしっかり考えて、準備して序盤から対応できるかどうか。

戦う相手、は手強い自分であると覚悟しておきましょう。

 

■戦いは試合当日、だけじゃない

テニスは日々のトレーニング、習慣こそ試合で出る。

大会当日だけ頑張って、試合に勝てると思いますか?

普段の練習や土日の過ごし方、ちょっとした習慣がアナタの試合結果を左右するのです。

みんなが寝ている時間に、少し早く起きてトレーニング出来るか。

みんなが諦めるボールに、最後まで喰らいついていけるかどうか。

小さい積み重ねが、大きな差を作っていくのです。

 

メンタルが弱い、自分に負けてしまう人は、弱気な自分に負けている。

負けないためには、やることはシンプルです。

会話という形で自分と向き合うこと。

そして、普段から小さい積み重ねで自信を養うこと。

一朝一夕にはいきませんが、これだけは覚えておいて下さい。

対戦相手よりも、手強いのは自分自身、ですよ。

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス チーム

    メンタル

    「全然練習が出来ていないのに、久々のテニスの試合‥」のときに注意すべき4つのポイント

    試合に向けてバッチリ練習して、準備万端!で挑める試合って、実際…

  2. メンタル

    「すごーく強い相手と対戦するとします」テニスの試合で相手の強さを受け止めて勝つ為に必要な意識

    すごーい強い相手と1ヶ月後に対戦する・・・って決まっていたら、どういう…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスにおいては、「プレッシャーの中でのボールコントロールこそ、実力」という意識が大事

    練習で強い人、良いボールを打てる人は五万といる。テニスの世界で…

  4. メンタル

    緊張した場面ほど、ポジションを動かす

    私が以前に、試合で意識していたことを改めて書いてみたいと思います。…

  5. テニス 指導

    メンタル

    「勝ちたい」ではなく、「勝たないといけない」までもっていこう

    テニスの試合に出ていると、負けず嫌いで勝気な人が多い。これって…

  6. テニス サッカー

    メンタル

    「失敗しても良いから、挑戦しよう」は、正しいようでちょっと違う

    私は何度も、新しいことへの挑戦の必要性を書いて来ました。その中…

特集記事

  1. テニス知識

    【プロが教える】自宅で出来る!テニストレーニング Vol.1
  2. テニス コントロール

    練習メニュー

    「シンプルな練習にポイント要素を入れる」テニスのストロークの基本練習メニュー
  3. リターン

    ファーストサーブのフォルトに、ヒントが!
  4. テニス メンタル

    メンタル

    際どい判定でリズムやメンタルが崩れるテニス選手は、上に勝ち上がれない典型例
  5. テニス スライス

    ストローク

    前に踏み込むストローク、が打てないならしっかりスライスで凌ごう
PAGE TOP