テニス メンタル

メンタル

強いテニス選手になりたいなら、「ドローを見て自分の行く末を予想する」癖を無くしましょう

「次の相手が誰だか、知らないんですよね」

という言葉を、錦織選手が記者会見の場で話していたことがあります。

本当かどうかは知る術は無いですが、実際に彼は誰が来ても勝てる、と思っていた節があるのは確か。

私たちはいつも、ドロー表を観てこんなことを考えてしまいませんか?

「3回戦の相手がシード選手か・・・」

「厳しい山に入ったな・・・」

ドロー表を観た瞬間に、どこか自分を過小評価してしまう癖は、無くした方が良いでしょう。

 

強いテニス選手になりたいなら、「ドローを見て自分の行く末を予想する」癖を無くしましょう

 


 

■相手について考える、ことは必要だけど・・・

まず、テニスにおいて対戦相手について考えて、トーナメントをどう勝ち抜くかを考えることは重要。

ですが大会のドロー表を観たときに、弱気になってしまう人が多いのはなぜでしょうか?

答えは簡単、自分自身を信じ切れていないから。

せっかく一生懸命練習してきたはずなのに、試合になるとやっぱり「勝てない相手には、勝てないよな・・・」と、考えてしまう。

これは長くテニスをやっている選手ほど、感じてしまうことかも知れません。

 

■大会に出ている選手は、同じレベルであるという大原則

レベル差は、アナタが思っているほどありません。

あったとしても、それは戦術で埋められるレベルなはず。

同じ大会に出ている訳ですから、第1シードとアナタの試合も、準備次第で充分に戦えます。

ドロー表を観ても、やることはシンプル。

眼の前の試合、ポイントを獲り続け、勝ち続けるだけです。

その為にはメンタル面での準備も必要。

自分に暗示をかけるくらいの奇想天外さ、必要かも知れませんね。

 

■ドローを印刷したら、自分が考える結果を書いてみよう

今ではインターネット上でいくらでも事前にドローを観ることが出来る。

オススメの方法は、印刷して自分なりに結果を書きこんでみること。

赤いペンを使って、自分が勝ち進む線を引いてみる。

予想されるスコアも、入れてみましょう。

消耗度や疲労度をしっかり考えながら、山となる試合も乗り越えるようなスコアを記入してみる。

「そんな都合よくいく訳ないじゃない・・・」と思った方、確かにその通り。

ですがイメージ出来ないことは、実現も出来ないのです。

暗示って、大事ですよ。

 

目標や求めるものは、なるべく可視化しましょう。

そして数値化して、具体化していく。

ドローを観て不安に感じるのも、それが「可視化」されているからなんですよね。

漠然と準備してきた目標とする大会、試合というものが具体的に形になる。

これに慣れる為には、アナタ自身、しっかり自分の行く末に自信を持って臨める状態にしておきたい。

理想論かも知れませんが、ちょっとした工夫で、試合に臨む状態は変わります。

テニスノートも活用しながら、夏の大会に向けて頑張っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  2. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  5. 【終了しました!4/16(土)レッスンイベント】佐藤博康プロと3時間 ダブルス練…

関連記事

  1. テニス 仲良し

    メンタル

    恵まれた環境が、テニス選手としての知恵や執念を無くしていく

    今、自分がテニスをしている環境は、どうなのか。そして、そこに自…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    隣のコートからボールが入って来たくらいで、自分のリズムは崩さない覚悟を

    これは、覚悟の問題だと思います。草トーの大会や、市民大会、学生…

  3. テニス 錦織圭

    メンタル

    「自分のテニスをやり切ること」を勘違いしていると、結果的に試合で勝てないことが多いのはなぜか?

    リオオリンピックが開幕し、テニス競技は良い感じでスタートを切りましたね…

  4. テニス 疲れ

    メンタル

    みんな誰しもが、試合5分前になると「現実主義者」になるのがテニスです

    テニスの試合前、みなさんも経験無いですか?よく分からない、急に…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    素振りでも練習でも、「ラケットを振る回数はアナタの血となり肉となる」ことを忘れてはいけない

    いつもサイトをご覧頂き、ありがとう御座います。よく聞かれるのが…

  6. テニス 言葉

    メンタル

    自分のテニスに粘りが足りないという人ほど、テニスの言葉のニュアンスを変えていこう

    「サイトを観ていますが、どうにも自分には粘るといことが出来ません」とい…

特集記事

  1. テニス 雪

    その他

    テニスにおいて、「自分はこういうプレースタイル」と決めつけてしまうのは、本当に怖…
  2. メンタル

    幸いが災いになり、災いが幸いになる
  3. テニス ハードコート

    戦術

    もうすぐ開幕の全米オープン前に確認したい、「ハードコートでのテニス」が難しい理由…
  4. テニス ボレー

    サーブ

    「自分のサーブがどれだけ曲がっているのか」を把握すれば、サーブは格段に安定感を増…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストサーブを、もっと回転系のサーブに変えていかない?
PAGE TOP