テニス メンタル

メンタル

強いテニス選手になりたいなら、「ドローを見て自分の行く末を予想する」癖を無くしましょう

「次の相手が誰だか、知らないんですよね」

という言葉を、錦織選手が記者会見の場で話していたことがあります。

本当かどうかは知る術は無いですが、実際に彼は誰が来ても勝てる、と思っていた節があるのは確か。

私たちはいつも、ドロー表を観てこんなことを考えてしまいませんか?

「3回戦の相手がシード選手か・・・」

「厳しい山に入ったな・・・」

ドロー表を観た瞬間に、どこか自分を過小評価してしまう癖は、無くした方が良いでしょう。

 

強いテニス選手になりたいなら、「ドローを見て自分の行く末を予想する」癖を無くしましょう

 


 

■相手について考える、ことは必要だけど・・・

まず、テニスにおいて対戦相手について考えて、トーナメントをどう勝ち抜くかを考えることは重要。

ですが大会のドロー表を観たときに、弱気になってしまう人が多いのはなぜでしょうか?

答えは簡単、自分自身を信じ切れていないから。

せっかく一生懸命練習してきたはずなのに、試合になるとやっぱり「勝てない相手には、勝てないよな・・・」と、考えてしまう。

これは長くテニスをやっている選手ほど、感じてしまうことかも知れません。

 

■大会に出ている選手は、同じレベルであるという大原則

レベル差は、アナタが思っているほどありません。

あったとしても、それは戦術で埋められるレベルなはず。

同じ大会に出ている訳ですから、第1シードとアナタの試合も、準備次第で充分に戦えます。

ドロー表を観ても、やることはシンプル。

眼の前の試合、ポイントを獲り続け、勝ち続けるだけです。

その為にはメンタル面での準備も必要。

自分に暗示をかけるくらいの奇想天外さ、必要かも知れませんね。

 

■ドローを印刷したら、自分が考える結果を書いてみよう

今ではインターネット上でいくらでも事前にドローを観ることが出来る。

オススメの方法は、印刷して自分なりに結果を書きこんでみること。

赤いペンを使って、自分が勝ち進む線を引いてみる。

予想されるスコアも、入れてみましょう。

消耗度や疲労度をしっかり考えながら、山となる試合も乗り越えるようなスコアを記入してみる。

「そんな都合よくいく訳ないじゃない・・・」と思った方、確かにその通り。

ですがイメージ出来ないことは、実現も出来ないのです。

暗示って、大事ですよ。

 

目標や求めるものは、なるべく可視化しましょう。

そして数値化して、具体化していく。

ドローを観て不安に感じるのも、それが「可視化」されているからなんですよね。

漠然と準備してきた目標とする大会、試合というものが具体的に形になる。

これに慣れる為には、アナタ自身、しっかり自分の行く末に自信を持って臨める状態にしておきたい。

理想論かも知れませんが、ちょっとした工夫で、試合に臨む状態は変わります。

テニスノートも活用しながら、夏の大会に向けて頑張っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス ミス
  2. メンタル

    テニス選手として成長したいなら、「自分の敗因の深いところを、しっかり見れているのか?」について常に考…

    練習、試合、練習・・・を繰り返していると、その繰り返し自体に慣れてしま…

  3. テニス ストローク

    メンタル

    ラケットを投げるたびに、アナタとラケットの距離は離れていく

    昨日、私が普段一緒にテニスをしているメンバーで、草トーの団体戦に出てい…

  4. テニス 客観視

    メンタル

    這い上がっていける選手、になれるかどうかがテニス選手の分かれ道

    私自身、「這い上がったテニス選手」だと思います。いや、何も全国的な…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会で勝ち抜く為には、「調子が悪くても勝ちを拾っていく」テニスが出来るかどうかが重要

    テニスの大会、どんなに実績のあるシード選手でも本調子でプレーできない試…

  6. メンタル

    結果と姿勢は、分けて考える

    何か手応えがあるのに、結果が伴わない時。みなさんも、テニスを…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    メンタル

    必死でプレーした結果なのに、なんでそんなに謝るの?
  2. テニス ボレー

    ボレー

    試合で使えるテクニックにするために、「ドロップボレーはアングルボレーに」すると、…
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    試合の中でボレーをしていて、「今のはどこに打てば良かったんだ・・・?」と感じたら…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    どんなに身体に近いボレーでも、1歩で踏み込まずに2歩で打てれば安定感が増す
  5. テニス ガスケ

    シングルス

    シングルスのネットダッシュは、必ず1フェイント入れよう
PAGE TOP