ボレー

ネットプレーでミドルボレーが安定しない人は、「フォロースルーの位置を上げる」だけで、格段にレベルが上がります!

ボレーのレベル、ネットプレーが得意かどうかは、「ミドルボレー」を観れば大抵分かります。

ローボレーやハイボレーとは違い、ミドルボレーはその人の特徴が現れやすい。

自由に動かせる、そして「攻めるのか、守るのか」の判断が難しいので、ネットプレーが苦手な人はここでボロが出てしまうんですね。

しっかり安定感を保ちつつ、相手にとってプレッシャーとなるようなミドルボレーを打つには、大事なポイントがあります。

それは、しっかり水平にラケットを動かすこと。

改めてボレーを得意にしている選手の方も、見直してみましょう!

 

ネットプレーでミドルボレーが安定しない人は、「フォロースルーの位置を上げる」だけで、格段にレベルが上がります!

 


 

1.ボレーは上から入るのが基本だけど、フォロースルーは高い位置に!

ボレーは打点に対して、ラケットを少し上から入るのが基本。

ラケットの先を高い位置にして、ボールの下側を触ってスライスをかけるのはミドルボレーでも同じです。

ミドルボレーはお腹から肩くらいの高さでのボレー。

打点でボールを捕えてからは、そのまままっすぐ、ラケットを前に出していきましょう。

ラケット面を上に向けて、水平なフォロースルーを意識するとコントロールも良くなります。

 

2.少しだけ「持ち上げる」という意識があると、より安定します!

フォロースルーで少し、「持ち上げる」というイメージを持つと安定する。

ローボレーでもそうですが、ラケットを高い位置でフィニッシュする、というのは大事なポイントです。

ボレーを打ち終わったときに、ラケットが低い位置にある人は、絶対にミスが多いし安定しない。

目線の位置くらいにラケットがあると、構え直すのも速いですよね。

連続していくプレーで使えるボレーは、持ち上げてスライス回転をかけ、しかも構え直しが速いシンプルなフォームです。

 

3.ミドルボレーは、あくまで「スライス回転で相手を追い込む」ことに注力

ミドルボレーはもどかしい。

決めようか、それともつなごうか・・・難しいですよね。

ネットにすごく近い位置で打てる場合を除き、基本的にはスライス回転で相手を追い込みましょう。

深いボレ―が基本ですが、相手が下がっているようなら少しドロップ気味のミドルボレーも打てると有効です。

本来、高さとしては難しくないはずですので、肝となるのは判断力。

しっかり自分の中で結論を出して、打っていきましょう。

 

ラケットを水平に動かすボレーは、意外と身に付いていない人が多い。

踏み込んでいく足とセットにしてこの腕の動きを覚えると、ボレーは格段にレベルアップします。

打点の高さが違っても、毎回やることは同じ。

同じだから反復動作になって安定する。

毎回毎回、ボレーで違う打ち方をするなんて・・・そりゃ安定しないですよ。

あくまで基本をシンプルに繰り返す、ことがテニスでは大事です。

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. 【終了しました】佐藤博康プロと4時間みっちり男子シングルス練習会
  4. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. テニス メンタル

    ボレー

    「パートナーのサーブが遅い!」だからこそポーチに出れる、逆転の発想とは?

    ダブルスの前衛にいるときは、ボレーも得意だからたくさんポーチに出たい!…

  2. ボレー

    ボレーが飛ばない人は、どこかで恐怖心を克服しないと

    ネットプレー、ボレーで自分のボールが飛ばないと感じているみなさん。…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    相手のショートクロスを潰したいなら、「ネットプレーでセンター」に詰めないと

    ネットプレーの大敵は、ロブだけじゃない。強い相手は、確実にショ…

  4. テニス メンタル

    ボレー

    ボレーがどうしても苦手!なテニスプレイヤーに、試合で使えるヒント10選

    ボレーに苦手意識がある人は、試合でもなかなか積極的になれない。…

  5. ボレー

    ポーチに出るタイミング、勘ではダメ

    ダブルスの試合。ポーチに出る場面。これをどうやって、決めてい…

特集記事

  1. ダブルス

    「技術だけじゃダメってことか」とダブルスで感じれば、テニスの試合はまだまだ勝てる…
  2. テニス ダブルス

    日々の雑記

    みんなで強くなることが、大きな相乗効果を生む
  3. ボレー

    スライスボレーをネットしてしまう人は、どうすれば良い?
  4. テニス 粘り

    ストローク

    短く浅いボールが苦手な人は、ストローク時の「ポジション改革」が必要でしょう
  5. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で、浅いボールをしっかり決める為に必要な意識5つ
PAGE TOP