ボレー

並行陣のサーブ&ボレーは、「ファーストボレーをストレートに流す準備」が大事

ダブルスの試合、サーブ&ボレーで前に出ても沈められて、苦しくなる人。

きっと、「何が何でもクロスに深く」という意識が強いんでしょう。

でも、ちょっと肩の力を抜いて、楽に考えて欲しい。

絶対にリターンの選手と勝負、しないといけない訳ではありません。

 

並行陣のサーブ&ボレーは、「ファーストボレーをストレートに流す準備」が大事

 


 

1.リターン側の前衛の選手、はどんな選手だろう?

試合では、色々な選手がいる。

そもそも、ボレーが苦手な選手だっていますよね。

ストロークが得意な選手もいる。

ダブルスの試合、私だったら「ボレーが苦手そう」な選手がいれば、どんどんボレーしてもらいます。

ミックスダブルスで、ラリーに絡む勇気が無さそうな女性選手も、ですね。

サーブ&ボレーのファーストボレーから、ストレートに展開しても良いんじゃないですか?

クロスに、リターンを打った選手に・・・という意識が強過ぎると、ミスも増えると思います。

 

2.ファーストボレー狙いの前衛には、早めにストレートへ

もちろん、レベルが上がるとファーストボレーは狙われる。

強力なリターンでローボレーさせられていると、相手の前衛はポーチに出て来ますからね。

ここでも、積極的にストレートに流す準備、しておきましょう。

「いやいや、ローボレーをストレートへって、めっちゃ難しくない?」と思った方、多いと思います。

色々と方法はありますが、最初に「ストレートへ展開しよう」と決めておくと、まずは楽でしょう。

ラケット面を作って待つ、踏み込むことだけをまずは意識すればきっとストレートに上手く流せるはずです。

 

3.流れを確認してみましょう

サーブから前に出る、サーブ&ボレーで並行陣を作る。

でも、相手のリターンが良いこと、沈められることも想定しておきましょう。

厳しいリターンでも慌てない、相手の攻めて来るポイントを上手く避けましょう。

相手の逆を突けば、大丈夫。

同時に、視界の中に相手の後衛も入れること。

2人で反応してくれていれば、そこにチャンスが生まれます!

 

T-PRESS YouTube公式チャンネルはコチラ

 



 

4.前衛とはしっかり事前に、打ち合わせを!

これも、リターン同様に「ストレートに展開するとき」には前衛との共有は必須です。

予め話しておけば、サポートもしやすいですしね。

ストレートへ展開して、2対1のラリーにしていくと、ダブルスでは楽に戦えます。

そもそも、リターンの選手が調子が良い、ストロークが強い感じの場合はどんどんこの積極策を取りましょう。

並行陣はクロスへのファーストボレー、が基本ですが、それだけだと辛くなるだけかも知れません。

 

ダブルスの試合、並行陣が億劫になっている人はぜひ、この意識を使って欲しい。

私も、こうやって書いていますが「基本」はあくまで基本。

相手に合わせられやすい、のも基本です。

ストレートへの展開、どんどん試してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  2. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  3. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    ポーチは「2本で1セット」で考えれば、攻撃に厚みが出る

    ダブルスの前衛でのポーチ、皆さんは決定力・・・ありますか?私自…

  2. テニス ダブルス
  3. テニス ボレー

    ボレー

    サービスゲーム、ポーチに出るなら…?

    ダブルスの試合で、サービスゲームの前衛。「出ないと、動かないと…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で勝つ「つなぐボレー」を身に付ける為に、必要な技術4つ

    シングルスでもダブルスでも、テニスは相手からポイントを奪ってゲームを取…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    毎回毎回、「前に踏み込むボレー」なんて、試合では無理です

    より、実戦的に考えるなら、ボレーはどうあるのが望ましいでしょうか?…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    足下のボレーを返球する、すぐ使えるテクニック5つ

    足下のボレーを、まずは相手のコートに返す。この技術があるだけで…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で勝ちたいなら、「リターンの前衛の選手」は大きな声でセルフジャッジ…
  2. テニス 戦術

    その他

    「これじゃテニスの試合で使えない・・・」打ち終わった後に態勢が崩れるのであれば、…
  3. テニス ボレー

    練習メニュー

    テニスにおいて、挑戦が無ければ失敗も無い
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスという競技で、「自分にはフォアハンドとバックバンド」、の違いがあることを再…
  5. テニス 部活

    テニス知識

    部活で頑張る高校生、大学生の皆さんにオススメしたい「部活前の栄養補給」について
PAGE TOP