テニス ボレー

ボレー

テニスの試合で勝つ「つなぐボレー」を身に付ける為に、必要な技術4つ

目次

シングルスでもダブルスでも、テニスは相手からポイントを奪ってゲームを取り、試合を進めていきます。

つい一般のテニスの試合でも、派手なショットやノータッチエースに眼が行きがちですが、実際は相手のミスから重ねたポイントが多く、競った大事な試合ほど、その大小が勝敗を分ける傾向にあります。

そこで今回は、しっかり粘って相手からポイントをもぎ取る、ミスを引き出すような「つなぎのボレー」に焦点を当てることにします。

 

テニスの試合で勝つ「つなぐボレー」を身に付ける為に、必要な技術4つ

 


 

1.スライス回転をかけて、回転量でボールスピードを調整する

近年、ラケット素材とストローク技術の進歩により、ネットプレーでは足元の処理は必須の技術となりました。

一昔前までは若い男性しか打てなかったようなトップスピンで沈めるボールも、今や女性のベテラン選手でも多用してきます。

そこで対処として必要なのは、しっかりスライス回転をかけたボレーでつなぐ技術。

ラケット面を上向きにして、ボールに回転量を与えてスピードは抑え気味に。

回転量が少ないとフラットで速いボールが飛んでしまい、自分の態勢が整わないうちに攻撃されてしまいます。

特にデッドゾーンやサービスライン付近では、この回転量のあるスライスボレーがしっかり打てるように練習が必要です。

 

2.身体の横向きを意識した「ストレートアピール」で、前衛のポーチを足止め

1.のように抑えの利いたボレーには、身体を横向きにすることが不可欠です。

初中級の方ですとつい慌ててしまい、早くラケットを出して当ててしまいがちですが、まずは骨盤をしっかり反応させて上半身だけでも横向きの態勢を意識して作るようにしましょう。

時間に余裕があれば、もちろん下半身も連動させて踏み込むように。

このときポイントは、「私は複数のコースに打てますよ」というアピールを相手にすること。

繋ぎのショットですから、相手が攻撃してきている中で相手の前衛につかまってしまったら、もう終わり。

なるべく後衛の選手に返球する為には、相手前衛の動きを足止めする必要があります。

その為には、この横向きボレー態勢からの、ストレートアピールを身に付けましょう!

 

3.早い「構え直し」でしっかり次のボールに備える

「つなぐ」ということは、1球で終わる可能性は低いと思って下さい。

まだまだイーブン、というよりは相手が優位な状況が続きますので、粘り強く相手の厳しい攻撃に耐えなければなりません。

そこで意識したいのが、構え直し。

「しっかり構えて!」というのは、テニスはじめスポーツの基本中の基本ですが、激しいラリーが繋がってくると、つい人はボールウォッチャーになって構えるのを忘れてしまいます。

また本人は構えているつもりでも、甘いケースが多いのも一般プレイヤーの特徴。

意識し過ぎるくらい、意識して構え直すようにしましょう。

 

4.自分の体力・走力を加味した「バランスの良いポジショニング」

つなぎのボレーをテーマにしてきましたが、最後はラケットワーク・フットワークの技術の大前提となる「ポジショニング」。

これが上手い選手は本当に粘れますし、相手に無理をさせることでポイントを上手く積み重ねていきます。

シングルスではなかなかネットでずっとつなぐ、というのは難しいかも知れませんが、ダブルスの並行陣は自分の体力と走力に合わせて、立ち位置を決めていく必要があります。

前へのダッシュ力、後ろへのダッシュ力とハイボールに対応できるジャンプ力、しっかり見極めておきましょう。

 

つなぐボレーって・・・地味!

そう思った方、多いと思います。

私も10年前20代だったころは、ボレーをつなぐなんてテニスに未来は無い!と思ってました。

それが今は、つないでこそのネットプレー、と意識が変わりました・・・。

それはやっぱり、しっかりスライスでつないでいれば、労力を最小限で相手がミスしてくれる、試合に勝たせてくれるという経験を得たからなんですよね。

皆さんもぜひ、根気強くつなぐボレー、粘り強いネットプレーにトライしてみてください。

ピックアップ記事

  1. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    ネットプレーを入れようとしたけど、アプローチが甘くなった!その時は・・・?

    試合の中で、ネットに出ようと思ったけど・・・アプローチが浅い!甘くなっ…

  2. テニス ダブルス

    ボレー

    ポーチは「2本で1セット」で考えれば、攻撃に厚みが出る

    ダブルスの前衛でのポーチ、皆さんは決定力・・・ありますか?私自…

  3. ボレー

    フォアハンドのボレーで、「スライス回転をかけたいから手首でこね回してしまう」人の改善策について

    フォアハンドのボレー、実は「苦手」って言える人は少ないんじゃないでしょ…

  4. ボレー

    テニスのネットプレーで、「ハイボレーで横回転をかける」ことが上級者への大事なステップです

    部活やテニススクールで頑張っている皆さんの中で、ハイボレーに自信がある…

  5. ボレー

    ハイボレーが苦手な人は、決断が遅過ぎ

    ボレーの中でも、自分の顔の位置より高い打点。ハイボレー、みな…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーで速い反応を求めるなら、「打つというより引く」という感覚に変えること

    試合の中で、ボレー戦になったときに反応が遅れてしまう。これって…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ボレー

    ストローク

    相手のバックハンド攻めを逆に活かす、試合で必要な発想5つ
  2. ダブルス

    ダブルスの前衛で粋な計らい、それは「ペアのサーバーが打ちやすいコース」を空けてあ…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    遅いサーブを自分の基本サーブ、に据えておくことをオススメします
  4. テニス メンタル

    ストローク

    「ビビッて置きに行くストローク」は、試合中に変えないと後悔だけが残る
  5. テニス 水分補給

    テニス知識

    真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
PAGE TOP