テニス ボレー

ボレー

テニスの試合で勝つ「つなぐボレー」を身に付ける為に、必要な技術4つ

目次

シングルスでもダブルスでも、テニスは相手からポイントを奪ってゲームを取り、試合を進めていきます。

つい一般のテニスの試合でも、派手なショットやノータッチエースに眼が行きがちですが、実際は相手のミスから重ねたポイントが多く、競った大事な試合ほど、その大小が勝敗を分ける傾向にあります。

そこで今回は、しっかり粘って相手からポイントをもぎ取る、ミスを引き出すような「つなぎのボレー」に焦点を当てることにします。

 

テニスの試合で勝つ「つなぐボレー」を身に付ける為に、必要な技術4つ

 


 

1.スライス回転をかけて、回転量でボールスピードを調整する

近年、ラケット素材とストローク技術の進歩により、ネットプレーでは足元の処理は必須の技術となりました。

一昔前までは若い男性しか打てなかったようなトップスピンで沈めるボールも、今や女性のベテラン選手でも多用してきます。

そこで対処として必要なのは、しっかりスライス回転をかけたボレーでつなぐ技術。

ラケット面を上向きにして、ボールに回転量を与えてスピードは抑え気味に。

回転量が少ないとフラットで速いボールが飛んでしまい、自分の態勢が整わないうちに攻撃されてしまいます。

特にデッドゾーンやサービスライン付近では、この回転量のあるスライスボレーがしっかり打てるように練習が必要です。

 

2.身体の横向きを意識した「ストレートアピール」で、前衛のポーチを足止め

1.のように抑えの利いたボレーには、身体を横向きにすることが不可欠です。

初中級の方ですとつい慌ててしまい、早くラケットを出して当ててしまいがちですが、まずは骨盤をしっかり反応させて上半身だけでも横向きの態勢を意識して作るようにしましょう。

時間に余裕があれば、もちろん下半身も連動させて踏み込むように。

このときポイントは、「私は複数のコースに打てますよ」というアピールを相手にすること。

繋ぎのショットですから、相手が攻撃してきている中で相手の前衛につかまってしまったら、もう終わり。

なるべく後衛の選手に返球する為には、相手前衛の動きを足止めする必要があります。

その為には、この横向きボレー態勢からの、ストレートアピールを身に付けましょう!

 

3.早い「構え直し」でしっかり次のボールに備える

「つなぐ」ということは、1球で終わる可能性は低いと思って下さい。

まだまだイーブン、というよりは相手が優位な状況が続きますので、粘り強く相手の厳しい攻撃に耐えなければなりません。

そこで意識したいのが、構え直し。

「しっかり構えて!」というのは、テニスはじめスポーツの基本中の基本ですが、激しいラリーが繋がってくると、つい人はボールウォッチャーになって構えるのを忘れてしまいます。

また本人は構えているつもりでも、甘いケースが多いのも一般プレイヤーの特徴。

意識し過ぎるくらい、意識して構え直すようにしましょう。

 

4.自分の体力・走力を加味した「バランスの良いポジショニング」

つなぎのボレーをテーマにしてきましたが、最後はラケットワーク・フットワークの技術の大前提となる「ポジショニング」。

これが上手い選手は本当に粘れますし、相手に無理をさせることでポイントを上手く積み重ねていきます。

シングルスではなかなかネットでずっとつなぐ、というのは難しいかも知れませんが、ダブルスの並行陣は自分の体力と走力に合わせて、立ち位置を決めていく必要があります。

前へのダッシュ力、後ろへのダッシュ力とハイボールに対応できるジャンプ力、しっかり見極めておきましょう。

 

つなぐボレーって・・・地味!

そう思った方、多いと思います。

私も10年前20代だったころは、ボレーをつなぐなんてテニスに未来は無い!と思ってました。

それが今は、つないでこそのネットプレー、と意識が変わりました・・・。

それはやっぱり、しっかりスライスでつないでいれば、労力を最小限で相手がミスしてくれる、試合に勝たせてくれるという経験を得たからなんですよね。

皆さんもぜひ、根気強くつなぐボレー、粘り強いネットプレーにトライしてみてください。

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. ボレー

    初中級までのボレー、実は打点前過ぎる

    ボレーの打点は、前!でも、この基本って実は奥が深いんです。…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で「ネットプレーが苦手だから前に出るのが怖い・・・」人は、発想を変えて短期決戦に持ち込み…

    ストロークでガンガン押していくのは得意だけど、ネットプレー、ボレーに苦…

  3. テニス メンタル

    ボレー

    ハイボレーを、「力の入らない場所」で打ってないですか?

    ハイボレー、カットボレーを使う機会、特にダブルスで多いですよね。…

  4. テニス ドロップショット

    ボレー

    「強く打ち込む雰囲気」を相手に見せれば、ドロップボレーは8割完成

    試合の中で、華麗にドロップボレーを決めたい・・・。だけど、普通…

  5. ボレー

    「駆け抜けポーチ」を、卒業しよう!

    ダブルスの試合で、勝ちたい!前衛でポーチボレーを決めたいなら…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    ダブルスで4人がつなぎ合うボレーを打破するには、アングルボレーを使うしか無い

    ダブルスの試合、特に女子ダブルスですかね。40代以上のベテラン…

特集記事

  1. 戦術

    「試合前から、相手をリードする!」観察すべきポイント5つ
  2. テニス ダブルス

    リターン

    シングルスの試合でのリターンは、ワイドからの切り返しが効きやすい
  3. テニス トレーニング

    サーブ

    アナタが左利きのテニス選手なら、「ワイドよりもセンターへのサーブ」をしっかり磨い…
  4. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニス部新入生の指導法は、「教えないで見守る」ことが基本
  5. メンタル

    緊張した場面ほど、ポジションを動かす
PAGE TOP