テニス

その他

「全日本ジュニアテニス選手権大会」が行われている靱(うつぼ)テニスセンターって、どんな場所?

インターハイ後のジュニアテニス界のビッグタイトル、全日本ジュニア。

そのメイン会場となっている「靱テニスセンター」ですが、関西以外の方には少し馴染みが薄いテニスコートかも知れません。

国際大会も行われる、規模としては日本の中では有明に次ぐ立派な会場。

今回は改めて、その魅力に迫ります!

「全日本ジュニアテニス選手権大会」が行われている靱(うつぼ)テニスセンターって、どんな場所?

1.大阪駅から約10分!「都心の中心」に大型テニス施設

12年前に私が大阪ワールドスーパージュニアの審判として派遣された際に、驚いたのはその立地。

てっきり海沿いにある有明のような会場をイメージしていましたが、都心の真ん中に立派なテニスコートが。

ここで全日本ジュニアを戦える選手は、本当に幸せですね。

2.緑が多い靱公園内にある立派なセンターコートが魅力的

靱公園内は緑も多く、オフィス街とは思えないような空気に満ち溢れています。

有明もそうですが、また違う魅力があって面白いです。

近くにはお洒落なカフェや美味しい居酒屋もたくさんあり、テニスイベント時にもとても盛り上がっています。

関西の方の気風なのか、テニス大会をみんなで盛り上げている感があってすごく親近感がわきます。

3.各コートにも観客席があり、隣接するコートではRETを防ぐ細かい工夫が

立派なセンターコートはもちろん、各コートにも観客席が設置されている場所が多いのが特徴です。

それも上手く上からコートを見えるような形で、テニス観戦のことをよく考えて作られている印象。

全体のコート配置もシンプルで迷わないような設計も、初めて会場に来る人にとっては嬉しい限り。

国際大会向けの会場と言えるでしょう。

4.テニスだけでなくイベントも多数開催!ユニバーサルな公園施設

今やテニスの大会も、ただテニスの試合のみを行えばそれで満足、というものでは無くなってきました。

ビーチテニスとのコラボレーションや、海外の大会では異業種ともコラボレーションして盛り上がっています。

靱公園では、テニス以外のイベントもたくさん実施されていて、野外コンサートなどの音楽イベントも盛んです。

テニス以外の方が足を運び辛い有明と違い、より幅広い人に開かれたような施設、そんな印象を持てるのも特徴です。

5.世界へ羽ばたくジュニア大会多数!やっぱりハードコートでの戦いが凄い

やっぱりテニスコートの主流は、ハードコート。

インターハイが実施されたオムニコートと違い、よりテニスの細かい技術が問われるコートサーフェス。

ここで個人のNo.1を決める、全日本ジュニアの大会から今年も目が離せません。

一部の試合は、同じ大阪にある江坂テニスセンターでも開催されており、観戦される方はしっかりとオーダーオブプレーを確認してから各会場に向かいましょう。

■靱テニスセンターの公式サイトはコチラ

■全日本ジュニアテニス選手権大会のサイトはコチラ

お盆の時期、お時間のある方は是非会場へ!

きっとアナタ自身の試合で役立つヒントが、たくさんあるはずです。

ピックアップ記事

  1. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. テニス 環境

    その他

    試合前にやっておくとスタートダッシュが切れる!「試合用のウォーミングアップ」を見直そう!

    「試合前に、どんなウォーミングアップをすれば良いんですか?」と…

  2. その他

    + POWER CUP について

    本日、公示させて頂きました大会、「+ POWER CUP」。…

  3. テニス 武器

    その他

    まだまだ必要!基本から応用まで「テニスの試合での暑さ対策」まとめ

    お盆も過ぎ、涼しい日も少しずつ増えてきましたが、まだまだ暑い時期が続き…

  4. テニス 雑誌

    その他

    テニス専門誌を5年間全て購読し続けて、想うことをまとめてみました

    最近、テニス雑誌を手に取って読んだ方はどれくらいいらっしゃるでしょうか…

  5. テニス スポーツ

    その他

    他のスポーツを経験してきた人が、テニスを始めるメリットについて考えてみる

    4月はスタートの季節。テニスを始められる方も多いと思いますが、…

  6. その他

    学生時代にしっかり練習しないと、試合では勝てない?

    「社会人から始めたので、試合は無理なんですよ」こういう声を、私…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では「劣勢のときこそ、焦ってはいけない」その理由5つ
  2. テニス サーブ

    サーブ

    試合でこそ効果を発揮する、「女子ダブルスに必要なサーブ」の特徴5つ
  3. サーブ

    サーブを打つ前に、次でフォアに回り込む覚悟を!
  4. テニス フットワーク

    戦術

    「打ちやすい球が来る」と、相手は思っている
  5. シングルス

    テニスの試合、我慢こそ運を呼ぶきっかけになる
PAGE TOP