テニス メンタル

その他

「自分のテニスを文章にすること」がなぜ重要なのか、を改めて問う4つの視点

漫画「ベイビーステップ」で、改めて見直されている「テニスノート」。

やったほうが良いんだろうけど、どこか面倒だし恥ずかしいような気も・・・と感じている方も多いと思います。

私自身、社会人になってテニスを始めて3年後くらいからテニス日記のようなものを付け始めました。

最初は純粋にテニススクールでコーチに言われたことをメモするくらいだったのですが、今では自分の感じたことを自分の言葉で書けるようになってきました。

そんな中で感じたことを、改めてまとめてみたいと思います。

 

「自分のテニスを文章にすること」がなぜ重要なのか、を改めて問う4つの視点

 


 

1.テニスを「自分から切り離して」客観的に考えられる

普段のテニスでは、試合も練習もとかく上手くいかないことばかりです。

つい感情的になったり、上手くできない自分にイライラしたり・・・という機会も絶えません。

そんな中でも、それを文章にして記すことで、ある種の自分の中で完結させることができます。

そう、自分とテニスを切り離して考えることができるのです。

それを読み直すことで、ある意味テニスとの「良い距離」が保てているとも感じます。

これは試合に出てテニスをもっと上達させたい!と思うようになってからの葛藤時に、だいぶ助けられました。

2.テニスに必要な「表現力」を磨くことができる

テニスは、自由表現のスポーツです。

ストロークもボレーも、基本はあれど自分自身で体を動かして表現していかなければいけません。

それはテニスの戦術もしかりで、セオリーはありますが場面場面で決断を下してショットを繰り出すのは、自分自身です。

であれば、そこに必ず表現力は必要になります。

どんなテニスをして、自分は勝ちたいのか。

勝ちたいのであれば、どんな表現が必要とされ、必要とされない(我慢しなければいけない)ものは何なのか。

文章を書けば書くだけ、その精度は磨かれるような気がします。

3.「実際に技術的に出来ないこと」もイメージを具体化できる

テニスは出来ないこと、難しいことの連続です。

特に中級から上級へステップアップしていく際には、ただ楽しくラリーしているだけのテニスから求められるものも多くなります。

思った通りに身体が動かない、ということもありますが、そこで文章はあなた自身を助けてくれるかも知れません。

できない技術、戦略はまずイメージして文章にしてみる。

文章だけでなく、コートの図を書いてボールの軌道を書き記してみても良いでしょう。

可視化してみるだけで、きっとあなたのテニスは飛躍的に上達のスピードが上がるはずです。

4.「アナタ自身が積み上げてきたテニス」を、いつでも文章で確認できる

テニスの試合で最後に背中を押してくれるもの、それはあなた自身が積み上げてきたテニスに他なりません。

それを確認するもの、それはあなたのテニスを記した文章になるでしょう。

受験生が自分の積み上げてきた勉強を確認するのと同じで、テニスの試合前には必ずノートを見返すようにしましょう。

きっとあなた自身に、大きな自信と勇気を与えてくれるはずです!

 

テニスを活字に、文章にするということは、実はとても簡単です。

「しっかり書かないと」

「怠けられない」

「専門的な用語は使えない・・・」

気にしないで良いんです!

とにかくまずはあなたの書きたいことを、書いてみる習慣を付けましょう。

見栄っ張りな人なら誇張して、ネガティブな人なら暗い文章になっても良いんです。

それがあなた自身、なのですから。

テニス同様に、文章も書けば書くほど上達していきます。

最初から完璧を求めず、楽しんで気楽に始めてみることが大切です。

さぁ、ペンとノートを用意するのが最初の一歩。

テニスの試合で勝つ為に、今まさに始めるときなのです!

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…

関連記事

  1. その他

    「グリップチェンジのコツは・・・」テニスでは利き腕の逆の手の動きがポイントです

    いろんなショットを身に付けたら、それを試合の中で上手く使い分けていきた…

  2. テニス 雨

    その他

    テニスのやる気が起きない時に、自分を責めるのは止めよう

    最近、読者のみなさんのコメントやお便りを読んでいて、感じることがありま…

  3. テニス スマッシュ

    その他

    思考に身体が付いていかないときは、一旦思考を止めてみる勇気も大事

    試合中に、何かを考え過ぎて上手くいかなくなること。テニスの試合…

  4. テニス メモ

    その他

    テニスやスポーツにおいて、自分の成長は「数字でしか測れない」という覚悟を持ちましょう

    スポーツ選手の実力、成果、実績といったものは、学生からプロ選手まで様々…

  5. テニス ラケット

    その他

    「自分よりテニスが上手い人たちとの練習」で、意識して欲しい5つのこと

    テニスをやっていれば、たくさんの人との出会いがあります。もちろ…

  6. テニス トレーニング

    その他

    テニスが強くなりたければ、「まずは今いるチームの中で、一番になる」全ては、それから

    テニスが強くなりたい、結果を出して認められたい。誰もがそう考え…

特集記事

  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスでも何でも、「分かったつもり」が成長を止める
  2. サーブ

    サーブを今すぐ力強く、安定させるには…?
  3. 練習メニュー

    逆転出来る選手になる、とっておきの練習法
  4. テニス テニスボール

    テニス知識

    テニスでは、試合と練習で使う「テニスボールが全然違う」ことを、みんな忘れてはいな…
  5. テニス ポジショニング

    日々の雑記

    久々に試合に出ると感じてしまう、「配球で何とかする」が通じるレベルは限られる
PAGE TOP