テニス メンタル

その他

「自分のテニスを文章にすること」がなぜ重要なのか、を改めて問う4つの視点

漫画「ベイビーステップ」で、改めて見直されている「テニスノート」。

やったほうが良いんだろうけど、どこか面倒だし恥ずかしいような気も・・・と感じている方も多いと思います。

私自身、社会人になってテニスを始めて3年後くらいからテニス日記のようなものを付け始めました。

最初は純粋にテニススクールでコーチに言われたことをメモするくらいだったのですが、今では自分の感じたことを自分の言葉で書けるようになってきました。

そんな中で感じたことを、改めてまとめてみたいと思います。

 

「自分のテニスを文章にすること」がなぜ重要なのか、を改めて問う4つの視点

 


 

1.テニスを「自分から切り離して」客観的に考えられる

普段のテニスでは、試合も練習もとかく上手くいかないことばかりです。

つい感情的になったり、上手くできない自分にイライラしたり・・・という機会も絶えません。

そんな中でも、それを文章にして記すことで、ある種の自分の中で完結させることができます。

そう、自分とテニスを切り離して考えることができるのです。

それを読み直すことで、ある意味テニスとの「良い距離」が保てているとも感じます。

これは試合に出てテニスをもっと上達させたい!と思うようになってからの葛藤時に、だいぶ助けられました。

2.テニスに必要な「表現力」を磨くことができる

テニスは、自由表現のスポーツです。

ストロークもボレーも、基本はあれど自分自身で体を動かして表現していかなければいけません。

それはテニスの戦術もしかりで、セオリーはありますが場面場面で決断を下してショットを繰り出すのは、自分自身です。

であれば、そこに必ず表現力は必要になります。

どんなテニスをして、自分は勝ちたいのか。

勝ちたいのであれば、どんな表現が必要とされ、必要とされない(我慢しなければいけない)ものは何なのか。

文章を書けば書くだけ、その精度は磨かれるような気がします。

3.「実際に技術的に出来ないこと」もイメージを具体化できる

テニスは出来ないこと、難しいことの連続です。

特に中級から上級へステップアップしていく際には、ただ楽しくラリーしているだけのテニスから求められるものも多くなります。

思った通りに身体が動かない、ということもありますが、そこで文章はあなた自身を助けてくれるかも知れません。

できない技術、戦略はまずイメージして文章にしてみる。

文章だけでなく、コートの図を書いてボールの軌道を書き記してみても良いでしょう。

可視化してみるだけで、きっとあなたのテニスは飛躍的に上達のスピードが上がるはずです。

4.「アナタ自身が積み上げてきたテニス」を、いつでも文章で確認できる

テニスの試合で最後に背中を押してくれるもの、それはあなた自身が積み上げてきたテニスに他なりません。

それを確認するもの、それはあなたのテニスを記した文章になるでしょう。

受験生が自分の積み上げてきた勉強を確認するのと同じで、テニスの試合前には必ずノートを見返すようにしましょう。

きっとあなた自身に、大きな自信と勇気を与えてくれるはずです!

 

テニスを活字に、文章にするということは、実はとても簡単です。

「しっかり書かないと」

「怠けられない」

「専門的な用語は使えない・・・」

気にしないで良いんです!

とにかくまずはあなたの書きたいことを、書いてみる習慣を付けましょう。

見栄っ張りな人なら誇張して、ネガティブな人なら暗い文章になっても良いんです。

それがあなた自身、なのですから。

テニス同様に、文章も書けば書くほど上達していきます。

最初から完璧を求めず、楽しんで気楽に始めてみることが大切です。

さぁ、ペンとノートを用意するのが最初の一歩。

テニスの試合で勝つ為に、今まさに始めるときなのです!

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. メルマガ配信、登録を開始します!
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス センス

    その他

    「テニスはセンスが無いと、上手くなれない」といっている人こそ、考え方のセンスが無いと思う

    よく、テニスの上達には「センス」が大事だと言われます。確かに、…

  2. テニス メンタル

    その他

    「新しい環境でテニスを頑張る」君に贈る、5つのメッセージ

    新年は、新しく何かが始まる季節。部活でもサークルでも、新しい環…

  3. テニス トレーニング

    その他

    「俺はムキムキだぜ。」テニス選手でも陥るトレーニング中毒に注意!

    幼稚園の頃に喘息に掛かり、小学生の低学年の頃までは病院にお世話になりっ…

  4. テニス メンタル

    その他

    試合に勝つ為のテニスとは、「自分を殺したつまらないテニスか?」という問いかけについて

    最近何名の方からか、こういった内容の質問を頂きました。このサイ…

  5. テニス メンタル

    その他

    人に何かを伝えたいなら、「違う言葉での表現力」が求められる

    テニスを続けていると、人に何かを教えること、伝えることも増えてくる。…

  6. その他

    試合に出る一歩を踏み出した人から、テニスは別なスポーツになる

    「試合に出ることって、そんなに大事ですか?」というご意見を、たまに頂き…

特集記事

  1. 戦術

    テニスの試合の中で、「自分のチャンスでは、相手を走らせる」ことに意識を集中させよ…
  2. 戦術

    基本をしっかり見せておくことが、後半の奇策に効いてくる
  3. テニス ストローク

    ダブルス

    「ダブルスが得意なベテランプレイヤー」に対抗する為に必要な4つの戦術
  4. ストローク

    スライスが苦手な人は、「ボールが当たる場所、解放していく」場所を作ってみよう
  5. テニス ストローク

    フットワーク

    相手が仰け反った瞬間、そのストロークは浅くなる
PAGE TOP