テニス 客観視

スマッシュ

「チャンスと思っても難しい!」テニスでネット際でのグランドスマッシュを打ち切る技術

目次

テニスにおける最大のチャンス・・・。

色々ありますが、高いバウンドで自分のコートのネット際に落ちるボールなんかは、まさにそれに当たるのではないでしょうか。

勇んでグランドスマッシュの体制に入るものの、見た目以上にこのショットが難しい!

決めて当然のような雰囲気の中で失敗してしまうと、もう10ポイントくらい失ったような気分になりますよね。。

そこで今回は、見落とされがちなこのポイントパターンをしっかりと自分のものにできるようなコツをお伝えします!

 

「チャンスと思っても難しい!」テニスでネット際でのグランドスマッシュを打ち切る技術

 


 

1.まずは「相手のポジション」をしっかり確認する

相手が高いボールを上げたと同時に、慌てずに相手のポジションを確認しましょう。

後ろに下がって、どういう体制で待っているのか。

ダブルスであれば心理的に、センターをケアしたがるペアなのか・・・など、時間に余裕がありますので、しっかり観察しましょう。

相手も、「自分達を確認してる!」と気付くと、気持ち的に引いてしまうケースもあり、威嚇の意味でも有効です。

2.相手が打った際の「ボールの回転」を頭に入れておく

恐らくこのシチュエーションになるということは、あなたが相手を追い込んで、相手が凌いで返球したケースでしょう。

その際の、相手のグリップやスイングはしっかり頭に入れておきましょう。

特にありがちなのがスライス回転でバウンド後に戻ってしまうケース。

このケアは必須です!

なぜなら高い打球ほどバウンド後の変化が激しく、チャンスのはずが一転してピンチになる可能性もあるからです。

スライス回転が激しいようであれば、むしろ警戒してボールの落下地点よりもネット寄りに立ってもちょうど良いくらい。

これは普段の球出し練習、ラリー練習から意識しましょう。

3.「横向きを作って、逆クロスに打ち切る」イメージで肩を入れる

これが技術的には重要なポイントです。

テニスでグランドスマッシュはほぼサーブに近いフォームですが、サーブのときよりも身体が開いてしまいがち。

そこでより意識して、ボールが落下する前に肩を入れて逆クロス(サーブで言うアドサイド)の形を作りましょう。

これができていれば、相手もコースを読めませんし、あなた自身も最後まで打つコースを選ぶことができます。

4.打つ時には「打点に幅のあるコンチネンタルグリップ」で臨みたい

実際に打つときにも、これもサーブと同じです。

打点に幅のあるコンチネンタルグリップで準備しておきましょう。

打つ場所によっては、例えばサービスライン付近では少し回転をかけたほうが良いこともあります。

テニスではサーブだけでなく、スマッシュにも必要なこの薄いグリップ、この機会にぜひ使えるように練習しておきましょう。

 

5.「遊び心」を持って、ドロップに切り替えられる余裕を持つ

ここからは、しっかりと打てるようになった方向けに。

テニスに大切な遊び心を見せておくことも、お勧めしておきます。

コンチネンタルグリップであれば、打点を腰あたりまで落としてドロップショットも打てます。

相手がすごく後ろに下がっているようなら、むしろスマッシュよりも安全なショットと言えるでしょう。

とはいえ、部活の試合では失敗しようものなら「ふざけるなー!」と声が飛んできそうですが、良いんです。

こういう部分を相手に見せておくことが、その後にも繋がります。

「相手は余裕があるな・・・」

「柔らかいテニスをするんだな・・・」

と思わせておくことも、大切なテニスの駆け引き要素です。

 

1試合で1度あるかないかのシチュエーション

これに対して準備できているかどうかが、勝敗を分ける要素になってきます。

テニスは覚えること、練習することが山のようにありますが、一つ一つ潰して準備しておけば、必ず結果が付いてきます。

試合で勝ちたい、ならば相手以上の準備をしないといけません。

これからも細かい技術・場面を想定して、記事を書かせて頂きますのでお楽しみに・・・。

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    試合に勝ちたければ、「スマッシュが苦手な相手には、遠慮無くロブ」を上げて打たせていこう

    試合に勝つには、ロブが必要。意外と学生の皆さんは「あえてスマッ…

  2. スマッシュ

    風が強い日のテニスの試合では、ある作戦を実行することで「相手を窮地に」追い込めるでしょう

    風が強い日の試合、アナタは思い通りのテニスが出来ますか?自信が…

  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「スマッシュの基本、右利きの人はすぐ左手を上げる!」は、状況によって使い分けることで守備範囲が拡がる…

    スマッシュの基本でまず大事なのは、ラケットを持っていない腕を上げること…

  4. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「この練習、意味あるの?」テニスのスマッシュ練習でネットタッチを入れる意味は?

    テニスの練習で、最もキツイ練習の一つがネットタッチからのスマッシュ練習…

  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュを打ち切る選手になりたければ、ダブルスこそ「縦割り担当」でいこう!

    どうしても、スマッシュが打てない、ビビッてしまう。そんな人は、…

  6. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスでのスマッシュは、「積極的に自分の足で打ちに行く」ことで、守備範囲は拡げられます

    スマッシュはチャンスボール。そう思えているアナタは、きっと上級…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    人から評価されることが、目的になってはいないか?
  2. テニス 大学

    メンタル

    オムニコートでの練習に慣れていると「ハードコートでの重いボール」に苦労することに…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    「何でも後衛にお任せ」になっている前衛は、責任感が無さ過ぎる
  4. テニス スライス

    ボレー

    駆け抜けながらのボレーは、シンプルにラケット面作りだけ
  5. テニス メンタル

    その他

    ポケモンGOの大流行を観て感じる、テニス選手としての考え方について
PAGE TOP