テニス メンタル

メンタル

ダブルスの試合、ビビリはパートナーに伝染する

試合中に、急に恐怖に襲われる。

何をやっても出来ない、入らない、打てないような感覚になること、ありますよね。

相手が強い、自分が弱いというビビリ状態に陥ってしまう・・・のは、アナタだけじゃない。

こういうのって、絶対にペアにも伝染していくもの。

それがダブルスの試合、です。

ダブルスの試合、ビビリはパートナーに伝染する

 


 

1.人は言葉より、行動から感じる

ペアで試合をしていて、感じること。

ポイント間の会話で、口では「大丈夫!大丈夫!」と言っているのに、全然そうは見えない。

会話が終わってポジションに着くときには、顔面蒼白で膝がガクガク。

必死でビビリを隠そうとしているのに、痛々しい感じ。

言葉より見た目、の方がインパクトありますからね。

気が付くと、自分もその波に巻き込まれて、ビビってしまう。

これが自然、です。

だからこそ、意識しておかないと伝染は止まらないんです。

 

2.ビビっている状態、を受け入れよう

私自身、何度も経験ありますが・・・そりゃ、ビビリますよ。

勝っていても負けていても、テニスの試合では必ず結果が出る。

その結果、が怖いからこそビビってしまう。

これを抑え込もうとしないで、受け入れる。

「ビビってるな・・・いつも通り」くらいに考えて、その中でプレーしていくしかないんです。

だって、それなりにしっかり準備して来たからこそ、勝ちたい訳じゃないですか。

ビビるのが当たり前、ペアでもそんな感じの話をした方が良いと思いますよ。

「うちら今、ビビってるね・・・」みたいに。

 

3.ビビっているなら、思い切った作戦を

こんな時は、私なら奇策に出ます。

ダイナミックにポジションを変えるような、チェンジプレー、ネットプレー。

ビビっている時って、ボールをその場で待ちがちなんです。

そして、身体が動かない。

だったら、もう思い切って身体を動かすようなポイント、を1ポイント作ってみる。

そうすると、不思議と頭がスッキリして吹っ切れるものですよ。

ビビリ解消のポイント、はダブルスの方がやりやすいです。

動き回っても、コートには2人いますからね。

何とか返すことも出来る、上手くいけばポーチも決まる。

1つのポイントで、絶対にメンタルは変わります。

 

4.上手くいかない試合、こそペアでの財産になる

ビビリがちなペアは、こういう経験が足りない。

自分たちが勝ちたい試合、でも上手く進まない、どうしよう・・・と、焦るような試合。

困難にぶつかって、ペアで乗り越えていく場面。

こういう経験こそ財産になるし、簡単にはビビらなくなります。

言い方は極端ですが、テニスをやっている限り、失点はかすり傷のようなもの。

どんどん失点、失敗を重ねては、強い皮膚を作っていく。

自分の血を見ながら成長していくのが、テニスです。

 

自分を客観視する、ビビる自分も受け入れる。

アナタ自身、これはテニスとの向き合い方につながります。

勝ちたいですから、そりゃビビリますよ、試合では。

でも・・・その瞬間は辛いし、ペアにも申し訳ないと思いますが、だからテニスは楽しいんですよね。

ビビった中でも勝てた試合、みなさんも経験して来ているはず。

そんな積み重ねが、成長につながっているはずです。

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. + POWER CUP について
  4. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. テニス フットワーク

    メンタル

    ギブアップしない相手を、負かすことは誰にも出来ない

    試合に出れば、勝つこともあれば負けることもある。いや、実際には…

  2. メンタル

    絶対無理だよ、という鴨的な発想

    「絶対に無理だよ」と思うのか、「やってみよう」と思うのか。ハッ…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    調子が悪い時に、自分を追い込んでませんか?

    試合の序盤に、自分の調子が悪いと感じる。問題は、そこからです。…

  4. テニス 雪

    メンタル

    普通の人がやり辛いと感じる環境で、普通にプレー出来れば勝てる

    タフな試合に、勝ち切れるようになる。それは、対戦相手がタフで粘…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    良い出来だった前半、格上相手ならチェンジコートで忘れよう

    格上相手の試合って、みなさんどうでしょう。リードしても落ち着か…

  6. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの実力差というものは、「テニスコート上の現場」で変化し続ける

    実力差・・・テニスの試合では、個人戦だからこそ、差を意識しがち。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス セルフジャッジ

    ストローク

    ラリーでつないだら、やられる・・・と感じたら、試してみたい作戦5つ
  2. テニス ストローク

    ストローク

    自分のストロークで深さが足りないと感じたら、「ボールの軌道の頂点」で調整するとミ…
  3. テニス トレーニング

    戦術

    テニスで狙いを絞って、チーム内で1番になろう
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスで前衛が苦手な人は、「あるコツを使って、楽々ポーチ」作戦を!
  5. テニス 指導

    メンタル

    テニスでも何かの問題に出くわすと、人は本性を現す
PAGE TOP