テニス メンタル

シングルス

格上相手に、なぜ序盤が大事なのか?

目次

格上相手の選手との試合、厳しくなるのは・・・アナタ次第。

序盤を大事にすれば、きっとまだまだ戦えるはずです。

逆に序盤でつまずくと、もう挽回は厳しくなる。

テニスはメンタルスポーツ、だからこそスコア差って大事なんです。

 

格上相手に、なぜ序盤が大事なのか?

 


 

1.リードすると、楽に打たれる

これをされると、テニスの試合は厳しくなります。

格上相手、だからこそしんどくなるんです。

序盤、0-0や1-1のような状態なら、相手だって緊張している。

実力差があっても、序盤って絶対に嫌なんですよ、緊張するから。

そして、スコアも差が無いですからね。

リードされると、楽に打たれてしまう。

3ゲーム差、が一つの目安になるでしょう。

 

2.3ゲーム差付くと、リラックス出来る

みなさんも、そうでしょう。

ゲーム差が3ゲーム差になると、一気に楽になりませんか?

3ゲーム離されると、格上の選手は一気にペースを上げてきます。

多少ミスしても、ゲーム差があるし気にしなくて良い。

笑顔も増えて、急にラケットを振って来るでしょう。

こうさせない為、にアナタ自身は喰らい付いていかないと。

力を出させているのは、アナタ自身ですよ。

 

3.序盤に離されない為には、どうすれば良いのか?

私が意識しているのは、「相手にやられるのは仕方ない」と思うこと。

自分からミスしない、出来るだけラリー回数を多くする。

3回ラリーした後には5回、7回と増やしていく。

難しいですが、相手が長いラリーを嫌がってくれれば、ミスしてくれるようになります。

序盤は、相手だって探り探り、ですからね。

出来るだけ色々なショットを打たせながら、序盤は相手にやらせてみる。

これが大事、だと思いますよ。

 

4.「相手にプレーさせる」のも、大事な実力

「でも、それが難しいんじゃない・・・」と、感じますよね。

確かにショットも強力だし、サーブを返すのでも精いっぱいかも知れません。

相手にプレーさせる、粘るのもテニスでは大事な実力。

技術的な問題よりも、「これが大事なんだ」とアナタ自身が本気で思えるかどうか。

スライスを打ったり、高い軌道のボールを使う、ことを自分で受け入れられるかどうか、です。

私が何を言っても、決断するのはアナタ自身。

格上選手に勝ちたければ・・・です。

 

ただ粘るって、しんどい。

その先に、何があるのかをイメージしないと。

序盤でしっかり付いていき、最後は逆転する。

この成功体験を積んでいけば、格上相手に粘ることも苦じゃなくなります。

負け続けているときはしんどいですが、みんなその壁を破って来ている。

きっと、アナタも破れるはずです。

ピックアップ記事

  1. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  2. 5/1(水)&5/22(水) 涌井コーチ 女子ダブルスレッスン…
  3. ご質問頂いた件につきまして
  4. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  5. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

関連記事

  1. テニス シングルス

    シングルス

    アナタのシングルスの試合を勝利に導く、30のポイント

    シングルスの試合、自分一人の孤独の戦い。だからこそ、勝っても負…

  2. テニス 練習

    シングルス

    「初めてシングルスの3セットマッチの試合を戦う」うえで、気を付けたい5つのポイント

    普段の試合の多くは、1セットマッチか8ゲーム先取だと思います。…

  3. テニス スライス

    シングルス

    シングルスに強くなりたければ、まず〇〇から意識しよう!

    強い選手と、シングルスで戦う。怖いようで、でもテニスの一番の醍…

  4. テニス スポーツ

    シングルス

    シングルスの試合では「自分の事より相手の事」をしっかり意識して、試合に勝つ

    どんなにたくさん試合経験を積んでも、シングルスの試合はやっぱり緊張しが…

  5. テニス メンタル

    シングルス

    3セットマッチで格上相手と勝負するなら、死に物狂いで第1セットを獲りにいこう

    アナタも試合で勝ち進んでいけば、3セットマッチの試合を経験することにな…

  6. テニス 雨

    シングルス

    長い試合に慣れている人は、後半にペースを上げることが出来る

    特に、シングルスの試合ですかね。毎回長い試合をものにしていくの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 戦術

    ダブルス

    試合に強いダブルスは、「0-40、15-40からスコアを戻せる」その為の作戦意識…
  2. テニス アイシング

    テニス知識

    ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    自分から速い球を打って、「返されると反応出来ない」のは、テニスで一番みっともない…
  4. 練習メニュー

    3列でボレー対ストローク、の練習を実戦向きに変えていくアイデアについて
  5. テニス メンタル

    戦術

    試合で使う自分のテニスに、「オリジナルの作戦名」を付けると、すごく試合は楽しくな…
PAGE TOP