テニス 格上相手

戦術

粘り強く勝てる人は「同じことを根気よく繰り返す」ことが出来る人

試合の中で、粘りが足りないで淡泊な試合が多い人は、なかなか勝てない人が多い。

そもそも、淡泊な試合って、なんで増えてしまうのか。

それは、人は「継続して続けることが難しい」のが普通だから。

試合だって、まさにそうですよね。

 

粘り強く勝てる人は「同じことを根気よく繰り返す」ことが出来る人

 


 

1.色々試す、のは悪いことじゃないけど・・・

私は、色々試すなら試合の序盤、狙いを絞って、がベストだと思います。

相手があるスポーツですから、まずは色々な技術を試させたい。

フォア、バック、ボレーにスマッシュ、ドロップショットの処理・・・を、探る意味で相手に全て打たせてみる。

でもそこから先、試合の中盤から後半は、「何かをしつこく続けていく」ことも大事になってくる。

根気よく、しっかり狙った作戦を続けていくことって、意外と勇気が要るんですよね。

 

2.試合では不安だから、色々やって動きたくなる

テニスの試合、せっかく効きはじめた作戦を「捨てて」しまう人は多い。

ちょっと試してダメだと、「これはダメだな・・・次だ・・・」と、見切りを付けてしまう。

相手は、せっかくアナタの作戦を意識し出したのに、もったいない・・・と思うことが、私も観ていて多々あります。

やっぱり試合では、不安だからこそ色々とやりたくなる。

変えていくのは良いけど、根拠が無いとそこに「強さ」は生まれない。

結果的にどんな試合がしたかったのか、何がしたかったのか・・・を、見いだせない試合になってはいませんか?

 

3.根気の良い攻めは、「強い相手にほど効く」のがテニス

実際に、試合の中で効くのは「根気よく、続けること」が大事になってくる。

試合に強くなりたければ、何回でも相手に見せ付ける、失敗してもくじけないような作戦が効いて来る。

これは、試合慣れした強い相手程、効くんです。

しっかり意図がある、考えたテニスをやって来る相手は、レベルに限らず嫌ですからね。

何かを続ける、根気よく相手と向き合う勇気、アナタにはありますか?

 

きっと、みんな「作戦が効いてきたくらい」で諦めるんです。

もったいない・・・相手を楽にさせているだけ、な場合が多い。

やり続けることで、相手も考えて動く、からそこに隙が生まれる。

試合の中で、ぜひアナタ自身も意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  3. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. 戦術

    テニスにおけるベストなポジションなんて、無い

    ベターなポジションは、ある。でも、これがベストという陣形やポ…

  2. 戦術

    「で、君のプレースタイルは何?」テニスの試合で必要な、攻撃とミスをもらうという攻め方

    さぁ、試合シーズンだ!!夏は大会がたくさんあるからね。…

  3. 戦術

    挑戦企画を通じて、感じること

    すっかり更新が滞ってまして、失礼致しました…。今回は、先日の…

  4. テニス 準備

    戦術

    40歳以上のテニスプレイヤーの皆さんへ、提案したい5つのプレースタイル

    今回アンケートを実施して、改めて感じたのは・・・すごく、40代以上の方…

  5. テニス ストローク

    戦術

    テニスというルールの中で、自分の土俵を作れば試合に勝てるはず

    なぜかいつも、相手の作戦にはまってしまう・・・。試合の後に気付…

  6. 戦術

    速い段階での戦術ミスは、試合で許される

    どんなスポーツにも、共通すること。そして「試合が上手い」選手が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 居場所

    テニス知識

    テニスのセルフジャッジの試合では、「アウト!」ではなくまずは「ウォッチ!」が正し…
  2. ボレー

    シングルスで「いきなり相手がボレーに出てきても、慌てない!」正面への緩いショット…
  3. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュの決定力を上げるには、「溜めてからのコース変更」をできるようにしておく…
  4. ストローク

    片手バックハンドストロークは、「ラケットを持たない手」をどう使うかが一番のポイン…
  5. 戦術

    練習すること、が目的になってないか?
PAGE TOP