ダブルス

テニス部としてダブルス強化を狙うなら、「ペア練ローテーション」を!

テニスの団体戦、で今年は結果を出したい!

と思っているチームの皆さんは、まずダブルスの強化を図りたいと考えているはず。

シングルス中心の選手も、ダブルスで磨いた技術はシングルスにも絶対に活かされる。

その為に必要なのは、ペアを決めて「組み込んでいく」意識です。

 

テニス部としてダブルス強化を狙うなら、「ペア練ローテーション」を!

 


 

■ダブルスのペアは、「組み込んでいく」ことで相性が分かる

本当に相性が良い組み合わせ、皆さんのチームの中で理解出来ているでしょうか?

なかなか難しいと思います。

ですが、まず大事なのは「このペアでやってみよう!」と思ったら、しっかり練習で組み込んでいくという意識。

ちょっと練習したくらいでは、相性なんて分からない。

それに毎回ペアが変わると、「まぁ、ミスしても気にしないで良いか・・・」と曖昧になってしまうんですよね。

練習から試合から、試合に勝ちたいなら、たくさんの時間を特定のペアの選手共にして感覚を共有する、ことが大事なのです。

 

■ダブルスペアを決めて、練習をペアで回っていく

普段のダブルス練習を、ハッキリとペアで練習してみる。

ローテーションをペア毎に行うことで、常に2人でコートに立ってお互いでテニス観を共有することが大事。

リターン練習なら、担当サイドを徹底して決めて練習することも出来ますよね。

とにかく2人で、攻撃や守備、特徴を掴んでどう戦うかを自分たちで考えること。

ハッキリとペアで練習、みたいに振り切っている部活やサークルのチームは少ないと思います。

ペアでのローテーション、練習を回していくことで、自然とその意識も高まっていくでしょう。

 

■1ヶ月毎にペアを変える、かどうかも本人たち次第

私は過去のチームでは、1ヶ月毎にペアを変えてみることも試してみました。

どうにも、しっくりくこない・・・という組み合わせも、あるはずです。

ですが、そこには必ず理由があるはず。

ダブルスの試合、に勝てるペアになるにはお互いで納得したうえで長所を活かし短所を補う。

どんどんペアを変えてみるかどうかは、本人たち次第。

チームの中で、変えるペアと変えないペア、を選手主体で考えて相談して、実行していきましょう。

大事なのは、試合で勝てる、計算できるペアを1つでも多く作ること。

今年は一緒に、強いダブルスペアをたくさん作っていきましょう!

 

普段やっているシンプルな練習も、ペアと一緒なら連帯責任。

より考えるようになるし、ペアとのコミュニケーションも生まれるはず。

センターのボール、ロブのケア・・・どんどん話して確認していくこと。

テニスのダブルスの練習、密度の濃さが肝です。

団体戦に勝てるダブルス、をたくさん育てていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  2. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. テニス 前衛

    ダブルス

    「並行陣を崩すディンクショット」を身に付ければ、テニスの試合での速いサーブも怖くない!

    ダブルスの試合は、相手コートに2人。前衛もいる中で、サーブが強…

  2. ダブルス

    ロブに弱いダブルス、並行陣を卒業しよう!

    試合になると、ロブにやられてしまうダブルスペアのみなさん。これ…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で鉄壁な並行陣は、「センターの守り方」が優れているから抜かれない!

    この夏こそダブルスで並行陣にトライしたい、または並行陣の強いペアを倒し…

  4. ダブルス

    ミックスダブルスに必要な、センターセオリーの考え方

    ミックスダブルスの試合、みなさんどう戦いますか?上手く女性を狙…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    40-0の場面からは、3本連続ポーチで良いと思う

    ダブルスの試合、怖いのは大逆転。その呼び水、となるようなアナタ…

  6. テニス メンタル

    ダブルス

    4人全員がネットについた4アップの状態では、「シンプルにセンター狙い」を徹底していこう

    人は、慣れていない視界が広がると慌ててしまう。ダブルス慣れして…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    メンタル

    今すぐテニス選手としてのメンタルを強くする方法
  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスでは、「肘から先でラケットをたたむような打ち方」人、のこと手打ちと呼ぶこと…
  3. ボレー

    ダブルスの試合で、誘うことは出来ても決められる前衛は少ない
  4. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスのネットプレーは、「相手のミスを誘う」要素が求められる
  5. テニス ストローク

    ストローク

    回り込みのフォアハンド、を使わないのは絶対に損なのがテニスです
PAGE TOP