テニス コントロール

戦術

安定した守備力、を今年のキーワードにしよう

試合を戦う上で、ベースとなる部分。

必要な部分は、きっとこれでしょう。

私自身、試合に勝てるときはこの部分がしっかり出来ている、安定している時。

テニスでは、結構甘く考えられがちですけどね。

だからこそ、私はチャンスだと思います。

テニスの試合における守備力、一緒に真剣に考えてみませんか?

 

安定した守備力、を今年のキーワードにしよう

 

1.シコラーこそ、褒め言葉

どうやら、たくさんの方が誤解しているようです。

シコラー、という言葉に抵抗を感じ、カッコ悪いと思う方が多い。

走りまわってロブでつないで、スライスで粘って勝つこと、は確かにしんどそうですよね。

でも、シコラーと認定されることは守備力アップの大事なステップ、だと私は思います。

相手から、やり辛いと感じてもらう。

1ポイントを取ることが、容易で無いとプレッシャーに感じてもらう。

これこそ、テニス選手としての強さ、だと私は思いますよ。

 

2.守備力こそ、個性が必要

守備力=瞬発力、体力・・・。

そんなイメージ、捨てましょう。

私が考えるテニスの守備力とは、予測+技術。

相手のコースを読んで、攻撃をスキルで受け止める。

つい、守備力って個性ではなく根性、身体能力、みたいに受け止められているじゃないですか。

テニスでは、ちょっと違うはず。

もちろん、体力や瞬発力が無いと取れないボールもありますが、予測と技術で返球出来るボールを増やすこと、がまず先決。

いや、それだけで必ず試合に勝てるようになると思いますよ。

アナタ自身の、個性あふれる予測、相手を見る眼、感じる力。

まずこれを鍛えていきましょう。

日常の練習の中で、「こっちに、こういうボールが来そうだな」と感じて先回りする。

攻撃されるときには、しっかりグリップを変えてスライスを使う。

こういう意識だけで、必ず変わってくると思います。

 

3.明らかに足りないのは、守備の練習時間

つい、私たちが疎かにしてしまう部分でしょう。

守備の練習、きっと足りません。

足りないから、個性とかそういうのを感じられない。

だって、攻撃ばっかり考えてるじゃないですか、私たちは。

「どうやって相手を攻撃していこうか・・・」

「サーブはどこに打とうか・・・」

「ボレーはここに決めたいな・・・」

こういう意識ばっかり先立って、守備に対しての関心も低いし練習時間も足りない。

相手の攻撃、からラリーをスタートするだけでも違ってくると思いますよ。

守備の意識は、練習からしか変えていけませんからね。

その前に必要なのは、「守備を好きになる」ということです。

 

4.守り切っても、テニスは1ポイントが入る

テニスって、攻守の回というのがある訳では無い。

野球のように、攻守が切り替わることは無い。

サッカーやバスケでも、ボールをクリアして失点は防げても、得点は入らないですよね。

でも、テニスは違う。

守り切って、相手のミスを誘うことが出来れば、自分に得点が入る。

これを、自分に優位なルールだと思えるかどうか。

守って相手のミス、でも自分の得点。

自分から攻撃してノータッチエース、と同じ価値という設定になっている。

どうですか?少し守備についての考え方が変わってきませんか?

 

騙されたと思って、ぜひ守備から入る試合、磨く練習を意識して欲しい。

もちろん、簡単じゃないですよ。

でも、きっと意識を変えれば返球出来るボールは増えていく。

そうなると成功体験が増えて、守備が楽しくなっていく。

守り、備えること。

これをテニスの試合における基本、と考えていきましょう。

きっと、試合に勝てるテニスに変わっていけると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. メルマガ配信、登録を開始します!
  5. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…

関連記事

  1. テニス

    戦術

    太った対戦相手は、遠慮無く前後に走らせよう

    「そんなの、当たり前じゃないかー!」と、思いますか?ですよね。…

  2. テニス 打点

    戦術

    テニスの試合で自分の武器を使いたければ、「武器を使えるポジショニング」を意識していこう

    試合で強引な攻撃ばかりしている人は、大抵3回戦あたりで負けていく。…

  3. 戦術

    弱点を補うことで、1番は目指せない

    弱点を補うのが良いのか、長所を伸ばす方が良いのか。色々なテニ…

  4. テニス サイト

    戦術

    強気に前で勝負する、サッカー日本代表は私たちの未来

    サッカー日本代表、応援されている方も多いと思います。私も今まで…

  5. テニス マナー

    戦術

    「初心者」という意識を捨てた人から、テニス選手として巣立っていく

    無意識にでも、自分の心の中に潜んでいるもの。それは間違いなく行…

  6. テニス 上達

    戦術

    テニスのラリーでは、追い付いてから考えるんじゃなくて、「走りながら考えて結論を出す」ことが大事

    試合慣れしているかどうかって、こういう部分に出ます。決断が早い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス シングルス

    メンタル

    テニスが楽しくない、というのは、ある意味楽しめている証拠かも
  2. テニス メンタル

    ダブルス

    4人全員がネットについた4アップの状態では、「シンプルにセンター狙い」を徹底して…
  3. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスのパートナー選びは、実力より信用に尽きる
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で必要な、「ペアでのメンタルの切り替え方」はトレーニングで養えます…
  5. テニス知識

    私が最近よく見るYouTubeチャンネル7選
PAGE TOP