テニス メンタル

メンタル

「テニスの試合で勝ち進みたい」なら、今日限りで止めたほうが良いこと6つ

「試合に勝ちたくて練習してるけど、なかなか結果が出ない・・・」と、悩んでいる方。

私も以前に学生時代に、練習量と結果が比例しないスランプに陥ったことがあります。

そんなときは、思い切ってオフコートでの生活を変えてみるのが効果的かも知れません。

テニスの試合では、私生活の影響するところが非常に大きい。

一度、見直してみませんか?

 

「テニスの試合で勝ち進みたい」なら、今日限りで止めたほうが良いこと6つ

 


 

1.毎晩夜更かしをする

睡眠不足はテニスの練習だけでなく、仕事や勉強にも悪影響です。

日々の生活の主体である仕事や学業が上手くいかないと、必ずテニスにも悪影響が出ます。

寝る前のスマートフォン操作もほどほどに、確実に睡眠時間を確保しましょう。

 

2.暴飲暴食、間食をする

テニスというスポーツは非常に運動量が多い。

アナタの適切体重は、自分で把握できていますか?

また、プロ選手とまでいかなくとも、しっかりと筋力と脂肪のバランスは取れた身体になっていますか?

食事の管理は、アナタ自身のトレーニングです。

まずは自分で調べてみること、そして暴飲暴食と間食を断つことから始めましょう。

 

3.長時間ゲームに没頭する

ゲームはある意味、成功体験ができてテニスのゲームであればイメトレにもなる。

しかし長時間の実施は、悪影響です。

1日の限られた時間を有効に活用する為にも、そのゲーム時間の10分でも良いので、自宅で可能なトレーニングに回しましょう。

10分の積み重ねが、大事な試合の大事なポイントでアナタを助けてくれます。

 

4.気乗りしない誘いに乗る

友達付き合いも大切ですが、自分が気乗りしないような誘いは思い切って断りましょう。

試合に勝つ、勝ち進むということは、何かを捨てるということです。

決して人間関係を捨てるのではなく、その時間にアナタ自身がやるべきことを考えるべきです。

気乗りしない誘いは、終わった後に後悔することも多いですよね。

決断力のトレーニングにもなりますので、意識して行動しましょう。

 

5.物事に簡単に満足すること

目標は高く設定してこそ、テニスの醍醐味を味わえます。

普段の仕事、勉強から、簡単に満足する癖が付いている人は要注意です。

無意識のうちに目標を低く設定していて、それはテニスの練習の中にも必ず反映されてしまっています。

自分が打ったショットにいちいち満足しているようでは、到底試合でシード選手は倒せません。

 

6.アナタ自身が判断して、テニスの悪影響になること

優先順位を自分で決める、ということは、学生の皆さんにもとても大事なことです。

限られた1日の時間をどう使うのか。

「テニスの試合に勝つこと」を優先させるのであれば、何が必要で、何は不必要なのか。

時間を作ってやるべきことは何かを、しっかり考えて書き出してみましょう。

一度紙に全て書いてみることで、整理できると思います。

 

テニスの試合の中でも、「捨てる」という行為は多い。

予測一つにしても、「こちらに来る!」ではなく、「こっちには来ない!」という判断がベースになります。

続けている習慣を変えるのは、とてもパワーがいりますよね。

ただ、周りのライバルと同じ生活をしていても、同じ結果しか出ないのは当たり前。

アナタ自身で、見つめ直して変われるのは今日、なのです。

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  2. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. メンタル

    負荷は自ら、かけるもの

    そろそろ、テニスが出来る。そう感じてワクワクしている方も、多…

  3. テニス 雨

    メンタル

    大事な試合の後は、一人で帰ろう

    みなさんの中にも、「忘れられない試合」ってあると思います。勝つ…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    もうすぐ試合が終わると思った瞬間に、アナタの思考は停止する

    勝っていたのに、最後で逆転される。思い出したくもない試合、きっ…

  5. テニス 指導

    メンタル

    辛い試合を乗り越えた選手じゃないと、本当の意地は見せられない

    テニスの試合、最後の最後で踏ん張れるかどうか。意地を見せて、試…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    なぜテニスの試合、初戦は戦い辛いのか?

    初戦の戦いの、難しさ。これは、テニスの試合だけでは無いでしょう…

特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    テニスでの良い攻撃とは、球速よりもいかに相手を「16種類のショットで走らせている…
  2. バボラ ピュアドライブ

    テニス知識

    テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. テニス シングルス

    ストローク

    「ストロークでテイクバックが大きい」と現代テニスで通用しない5つの理由
  4. 日々の雑記

    他の人の考え方は否定せずに、自分の糧にした方が10倍強くなれる
  5. テニス シングルス

    シングルス

    「シングルスの試合は体力勝負」だけだと、余りに単純
PAGE TOP