テニス ウェア

その他

「テニスウェアは着れれば何でも良い!」と思っていると、社会人になって「痛い人」になります

特に男性の方は、思い当たる方も多いんじゃないでしょうか。

「誰に迷惑をかけている訳でも無いんだから、良いじゃないか!」という声も、聞こえてきます。

でも、テニスの試合に勝ちたい、強くなりたいのであれば、必要なことなんです。

社会人になって、いかに最低限のテニスウェアの着こなしが大切か・・・を気付いた時に、痛い人になっていない為に。

 

「テニスウェアは着れれば何でも良い!」と思っていると、社会人になって「痛い人」になります

 


 

■テニスの練習は仲間と一緒にやる機会が多い

壁打ち練習を一人でやるのであれば、確かに気にする必要は無いかも知れません。

それでも仲間で練習する機会が多いテニスですから、やはり見た目は気にして最低限、周囲の人に不快な思いはさせないよう注意しましょう。

社会人になれば、男性と女性が同じコートで練習することも多く、ダブルスのマッチ練習ではタッチする機会も当然あります。

気持ち良く練習ができれば、アナタ自身の価値も上がっていき、テニスも強くなれる環境が出来ていきます。

 

■ウェアに無関心ではテニスに必要な感性が磨かれない

自分自身がウェアやギアに無頓着だと、相手のウェアにも無頓着になり、感性が磨かれません。

「あの選手はいつもとウェアが違うな・・・何かあったのかな・・・」

「この選手は赤のウェアを着ているときは、気合が入っているときだ」

という探り合いも、テニスの試合では重要な要素です。

まずはアナタ自身が、「どんなウェアが着たいのか、似合うのか」と探してみると良いでしょう。

見た目でテニスは変わります。

自信のある装いは、アナタのプレーにも必ず自信を与えてくれます。

 

■「どれを着たら良いか分からない・・・」という人は、周囲にアドバイスを求めましょう

恥ずかしがる必要はありません。

アナタ自身が似合うと思っていても、それが周囲から見れば異なるケースも多々あります。

思い切って、友達や家族に聞いてみても良いでしょう。

自分がどういう印象を持たれているのか、それをウェアで補うにはどんなデザインが良いのか・・・。

思わぬ発見が、そこにあるかも知れません。

社会人になれば、チームウェアを着る機会も少なくなり、着ているウェアでアナタ自身のイメージを構築されていきます。

「痛い人」になるかどうかは、少しでも学生時代に意識を持ってテニスウェアを着続けていけるかどうか、が大切です。

 

学生の皆さんの中には、「新しく買いたいけど、お金が・・・」という方も多いでしょう。

何事も工夫が必要ですが、正直テニスを継続していくにはお金は絶対的に必要です。

そこをどう工面するか、アナタ自身で考えてみて下さい。

アルバイトをする、親を説得する、安く買える場所を探す・・・など、こういった活動も、テニスを強くなるには避けて通れないこと。

そうやって作り上げて挑む試合は、また格別です。

絶対に勝ちたくなるでしょう!

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. + POWER CUP について
  3. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス 格上相手

    その他

    「テニス節約術」って、考えたことありますか?

    俺は金持ちではない。お金は無いけど、遊ぶことは大好きなので休日…

  2. テニス 練習

    その他

    テニス部に一枚、「小さなホワイトボード」を用意して部活を始めてみよう

    部活の練習、いつもどこかモヤモヤしていたりしませんか?「アイツ…

  3. その他

    相手選手へのマナーとして、「1stサーブがフォルトしたときには、ボールを深追いしない」ことを意識しま…

    悪気は無いんだけど、相手の印象を悪くするマナー違反、のようなことがテニ…

  4. テニス メンタル

    その他

    久しぶりにテニスをすると、なぜ調子が良いのか?

    最近、私自身あまりテニスが出来て無くて・・・。これはまずい、と…

  5. テニス 主将

    その他

    「全国で頑張るテニス部のキャプテンの皆さんへ」部員から好かれる、よりも大切なこと

    私自身、中学と高校時代に、テニス部の主将を務めさせてもらいました。…

  6. テニス 準備

    その他

    カウントに疑問を持ったら、必ずクリアしてから入ること

    セルフジャッジの試合、みなさんも絶対経験があるはず。「今、カウ…

特集記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    攻撃的なスピンストロークを、安定させる要素5つ
  2. テニス トレーニング

    ストローク

    自分自身でコントロールに厳しくならないと、上達は無い
  3. テニス ミス

    ボレー

    「ダブルスの前衛として良いプレーが出来ているかどうか」、それは対戦相手が決めるこ…
  4. テニス メンタル

    ダブルス

    「ローボレーがどうしても苦手・・・」な人は、ダブルスでは変則陣形で挑むのも有り!…
  5. サーブ

    テニスにおけるサーブこそ、一番多くの「失敗」が求められる技術である
PAGE TOP