テニス スライス

ストローク

シングルスの試合こそ、「ロブの技術には精度」が求められる、その理由とは?

シングルスの試合、強い選手の特徴って、どんな部分が目立ちますか?

ストローク、サーブ、ネットプレー・・・もちろん、全てが大事ですが、意外と忘れられがちなのが「ロブ」という技術。

「シングルスの試合より、ダブルスの試合で大事でしょ?」という声が聞こえてきそうですが、そんなことはありません。

シングルスの試合こそ、ロブの精度と技術が大事。

今回はその理由について、シンプルに考えていきたいと思います。

 

シングルスの試合こそ、「ロブの技術には精度が求められる」、その理由とは?

 


 

■ジョコビッチ選手の強みは、ロブに隠されている!

私は、最近のジョコビッチ選手の強さの秘訣は、ロブにあると思っています。

1セットで1度あるかないか・・・のポイントですが、ロブの種類が実に多彩です。

そして、絶対にミスをしない、コートに入る打球でロブを上げる。

相手に決められることもありますが、かなりギリギリのスマッシュなので、「あまり迂闊にネットに出れないな・・・」という印象を残しておくことが出来る。

無理せず、相手がやっと触られるくらいの精度で、丁寧なロブが打てる。

こういう選手って、意外とプロ選手にも少ないんです。

 

■相手に強引に決められるのはOK

ロブの大原則は、無理に抜こうとしないこと。

スライスロブでもトップスピンロブでも、相手がやっと届くくらいのイメージで充分です。

そして、スライスロブはしっかり回転をかけて滞空時間を長くすること。

ラケットを合わせるだけでなく、しっかり薄いグリップ、ボレーの意識でスライス回転をボールに与えましょう。

ジョコビッチ選手のコートカバーリングは、このスライス回転に支えられています。

アナタもまずは回転量を意識して、なかなか落ちて来ないロブに挑戦してみて下さい。

目的は、相手を後ろに下げること、自分が戻る時間をかせぐことです。

 

■練習しなければ、ロブは絶対上達しない

皆さん、ロブの練習って出来ていますか?

自信を持って言える人、あまりいないと思います。

テニススクールでも、「今日はロブを練習します!」と言っているコーチはほとんどいない。

なんでそんな地味な技術を・・・と、思う方が多いですからね。

でも、試合で大事な技術であれば、絶対に練習は必要。

ラリー練習やゲームの中で、アナタ自身でどんどん使っていきましょう!

 

普段の練習の中で、必ずロブは入れましょう。

ダブルスでももちろん、シングルスの練習でも意図的に相手を前に出して、ロブというパターンで揺さぶる。

打つ回数が増えないと、問題意識や上達の意識は絶対に生まれません。

学生の皆さんも、ぜひこの機会にロブを磨いて欲しい。

その成果は、必ず試合結果に現れます。

ピックアップ記事

  1. ご質問頂いた件につきまして
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「ラケットの真ん中より少し下側」で打つと、トップスピンロブは回転がかかりやすい!

    飛び過ぎるとアウトするし、短いと打ち込まれてしまう・・・。トッ…

  2. テニス 練習

    ストローク

    「自分のストロークに相手が慣れてきたな…」と感じたら実践したい5つのチェンジオブペース

    対戦相手と、それほど実力差は無いと感じる試合の中で、中盤から相手に押さ…

  3. テニス ボレー

    ストローク

    「ストロークでストレート」に流せると、テニスの試合では展開に幅ができる

    テニスの試合はミスが多い方が負け。攻撃もするんだけど、その攻撃…

  4. テニス リターン

    ストローク

    「繋ぎショットをマスターせよ!」テニスの試合に必須の技術のポイントは3つ

    繋ぐショットを練習してるか?自分より強い相手と戦って、勝利を得…

  5. テニス サーブ

    ストローク

    「テニスにおける隙の無い並行陣を崩す」為のストローク術とは?

    ネットプレーが得意な選手の並行陣、とても安定感がありますよね。…

  6. ストローク

    「トレーニングは続かない」守るべきものがある環境が強いテニス選手を育んでいく

    「これからトレーニングを頑張ります!」そう言ってきた高校生の選…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 武器

    戦術

    勝ち続けたければ、アンチを取り込もう
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合中に「負けても良い理由」を考え出すから、思考が現実になる
  3. テニス 戦術

    戦術

    「強い選手の対戦では、奇襲からの作戦で勝つ!」格上選手との試合は、テニスコートに…
  4. ストローク

    「両手から片手へ」テニスのストロークを改造するうえで注意したいこととは?
  5. 戦術

    前衛同士のビビらせ合い、に負けないように
PAGE TOP