リターン

相手の前衛の、どこを見極めるのか?

目次

ダブルスの試合で、相手の前衛をチェックする。

これ、意外と盲点だと思います。

どこのペアでも、前衛は同じような感じだと決めつけてはいませんか?

それって、すごくもったいない話。

相手の前衛が、どういうタイプ、スキルなのか。

そこを見極めると、試合は楽に戦える。

感じる必要の無いプレッシャーは感じなくて良いし、動いて来るだけの相手ならどんどんストレートを使う。

やることをシンプルにするのが狙いです。

前衛こそ、その人の個性が出る

性格が出る、と思って良い

みなさんも、どうでしょうか。

前衛だと、自分の性格が凄く出ると思いませんか?

後衛よりも、私はこの部分で差がでやすいのがテニスであり、ダブルスだと考えています。

だからこそ、見極めが大事。

毎回、相手は違うんだと。

ダブルスなら、相手ペアでも全く違うと考えておいて良いでしょう。

まずは「動く」タイプかどうか

これを、確認しましょう。

そもそも、相手のペアがお互い半面を担当して干渉しない、ようなペアである可能性もあります。

クロスの打ち合い、雁行陣で自信があるなら前衛が動く必要が無いと考えることも多い。

その選手、個人を見て「動いて来る」タイプかどうか、を見極める。

動いて来るなら、確認すべきはもう1つ。

ここが今回のポイントです。

相手のリターンの、どのタイミングまで溜めているか?

例えば私なら、相手が前に振り出すタイミングでは確実に動き出します。

思い切って、それより前に動き出す時もある。

多少変えることはありますが、この「動き出すタイミング」って一緒なんですよね。

だから、相手の前衛をよく見て「このタイミングで動くんだな」と気付ければ楽。

逆に言えば、「このタイミングで動いていなければ、安心してクロスに打てる」とも言えます。

この相手のタイミングを見極める、というスタンスが私は大事だと思います。

リターンで、どう対策を打つか?

線で合わせる、幅を持っておきたい

リターンで、ギリギリまで相手を見極めてコースを変える。

これは、得に相手のセカンドサーブであれば、私は必要なスキルだと思います。

その時に必要な感覚は、点ではなく線で合わせる意識。

言葉で表現するのは難しいですが、打点に少し幅を持って入る、ボールを引き付けるタイミング、間のようなものを自分で持つことが大事です。

リターンではボールを見ながら、相手も周辺視で見る。

何も、恐れる必要は無いですよ。

崩れる時は、決まってコレ

無理に流す、引っ張るようなストレート。

このリターンが出始めると、要注意です。

相手が動いて来る、そのタイミングも分かって視界でもしっかり確認出来ると、力入ってしまうじゃないですか。

崩れるのは、こういうところから。

相手の前衛を見極めておけば、その逆を突くだけで良い。

触らせて、次で展開していけば良いと思えたら楽ですよね。

自分のメンタル、の安定の為に

ダブルスの試合、リターンで一番神経を使うのは相手の前衛。

だからこそ、しっかり見極めが大事。

ハッタリでも良いので、見極めることが出来れば自分のメンタルの安定につながる。

こういうのって、技術じゃないんです、自分でやるかどうか。

相手は、自分が掌握しているんだという意識を、無理やりにでも作れれば強い。

相手も万能じゃないですからね。

触られることを、恐れてはいけない

基本は、コレです。

相手の前衛を、恐れてはいけない。

避けようとしては、アナタ自身のミスになる。

「相手の前衛、気にしないで良いよ」と、私はいつもペアに声かけています。

気にしない、ということはこちらがしっかり相手を知り、掌握しているとい状況。

もちろん、そんなに上手く事が進む試合ばかりではないですが…。

きっとみなさんが思っている以上に、前衛って分かりやすいですよ。

ピックアップ記事

  1. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. リターン

    リターンはボレー、で意識改革を

    試合に出続けていると、本当に色んなサーブを受けることになる。本…

  2. テニス ストローク

    リターン

    「気持ちがこもった」プレーなら、相手前衛を気にする必要は無い

    ダブルスの後衛で、プレーをしているとき。調子が悪いときって、や…

  3. テニス リターン

    リターン

    ポイントを50-50でスタートする、ことをリターンの合格点に

    相手のサーブが強力で、なかなかリターンからの展開がイメージ出来ない。…

  4. リターン

    ノーアドバンテージ形式なら、30-40になった段階でリターンサイドを決めておこう

    ダブルスの試合、リターンのサイド。ノーアドバンテージ形式だと、…

  5. リターン

    サーブのプレッシャーが無い、レベルは3回戦まで

    みなさんも、トーナメントを勝ち進んでいくと感じるはず。3回戦く…

  6. リターン

    テニスの試合、初心者の方でも「相手サーブの傾向を読む」ことが出来れば試合に勝てる!

    初心者の方、テニスの試合に慣れていない方はまず「リターン」が課題になっ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. フットワーク

    ネットプレーに強い人は、これを意識している
  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスを上達させるには、「何となく」を言葉にしていくこと
  3. テニス 打点

    戦術

    テニスの試合で自分の武器を使いたければ、「武器を使えるポジショニング」を意識して…
  4. ストローク

    テニスの試合で「フォアハンドストロークを振り切れない」全ての人へ、意識したい4つ…
  5. テニス ミス

    ボレー

    「ダブルスの前衛として良いプレーが出来ているかどうか」、それは対戦相手が決めるこ…
PAGE TOP