リターン

リターンに最適な、テイクバックの高さについて

リターンミスが多い人が、意識したいポイント。

私は、テイクバックの高さだと思います。

これが、正しく準備出来ていれば、ほとんどのボールはちゃんと返るはず。

大事なのは、自分のリターンのポジションとの関連性を意識すること。

難しく考えずに、高さを臨機応変に準備しましょう。

 
 

打点とテイクバックの、高さを揃える

これだけで、かなり安定感がアップします。

打点の高さ、にテイクバックする。

例えば、高い打点でリターンを打ちたいなら、高いテイクバックが必要。

低い打点でのリターンになるなら、低い位置にテイクバック。

これはストロークの基本、ですよね。

リターンでも一緒です。

ましてや、速いサーブは出来るだけシンプルにボールを捕らえないと、時間が無いですから。

高さを揃える、という視点を常に意識しましょう!

例えば、スピンサーブなら

大きく弾むスピンサーブなら、どうでしょう。

私なら、しっかり高くテイクバックを取る。

でも、リターンですからそこまでラケットを後ろに引く感じではないです。

上半身をターンさせて、その時にラケットが顔の横くらいにあるイメージ。

これだと、ライジング気味にしっかり上から叩けるリターンが打てます。

スピンサーブこそ、前に入って高い打点でリターンしたいですからね。

ラケットは、高い位置にセットしておく意識、が大事になります。

低く滑る、スライスサーブは・・・?

スライスサーブのリターンも、コツさえ掴めば簡単です。

低い位置にラケットを準備する、ようなイメージです。

テイクバックを小さく、低くしておけば、滑って来るスライスサーブも怖く無い。

打点の高さにそのままラケットを素直に出していけるので、ミスが少なくなるんです。

もちろん、低い打点でのリターンは持ち上げないといけないので、危険。

出来るだけ前に入る、それでもスピンサーブと違って膝から腰の高さ、で打つようなリターンも多いでしょう。

その打点の高さ、と同じ位置にラケットセット、でリターンの準備はバッチリです。

サーブを読むのは、コースだけじゃない

コースを読む、のは当たり前。

私たちはそれだけじゃなく、打点の高さも予測出来るようにしていかないと。

リターンミスが多い人って、どんな打点の高さで打つのか、イメージ出来ていない人が多いような気がします。

サーブのコースを読むだけ、では物足りない。

打点をどの高さ、に設定するのか。

それに合わせて、ラケットセットの高さも変えていく。

これこそ、勝てるリターンの基本準備です。

   

お勧めの練習法

前に入って、高い位置にラケットセット。

これを徹底して、サーブを打ってもらって練習してみましょう。

前に入る、ということはバウンドの後にボールが頂点に届く前に打つ、ということ。

自然と、ラケットをセットする位置は高くなりますよね。

ベテラン、シニアのみなさんは、思った以上にラケットって高い位置にセット出来ていないはず。

ぜひ、動画も撮影しながらシンプルなリターンになっているのか、準備の高さが揃っているのか、を確認しましょう。



同じ高さにセット出来ると、ラケット動作も小さくて良い。

ムダな動作が入るから、ミスになるんですよね。

高さが合っていれば、あとは踏み込んでいくだけ。

リターンはシンプルに、でも攻撃的にいきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. リターン

    スライスサーブを、自在にリターンするコツ5つ

    試合に出ていて、感じること。それは、スライスサーブを打って来…

  2. リターン

    テニスの試合、初心者の方でも「相手サーブの傾向を読む」ことが出来れば試合に勝てる!

    初心者の方、テニスの試合に慣れていない方はまず「リターン」が課題になっ…

  3. テニス リターン

    リターン

    シンプルな方法で動体視力を高めて「リターン最強軍団」を、一緒に作りませんか?

    リターンを苦手にしていると、試合自体が嫌になる。早いサーブが苦…

  4. テニス ストローク

    リターン

    相手のサーブは1種類しかない、と思えばリターンは楽

    必要以上に、相手を警戒することは無いでしょう。アナタ自身が試合…

  5. リターン

    ストロークは得意なのに「リターンが苦手・・・」な人は、発想を変えてみると劇的に安定するかも知れません…

    ストロークはすごく伸び伸び打っているのに、リターンになると急にミスが増…

  6. リターン

    ジャックナイフリターン、で攻めよう!

    少し前までは、異端なショットだったかもしれません。でも、現代…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 守備

    メンタル

    「団体戦が2-2で自分の勝敗にかかったとき」に勝ち切る為のメンタルとは?
  2. テニス リターン

    シングルス

    シングルスの試合、苦しければとにかくセンター深くに返球を
  3. テニス 客観視

    メンタル

    試合に負けた後のことなど、試合中に考えてはいけない
  4. テニス メンタル

    日々の雑記

    自分のテニスが上達していくと、「現実的にはこんな感じかな?」はイメージ出来ますか…
  5. テニス メンタル

    テニススクール

    テニススクールの体験レッスンで、チェックすべき10のポイント
PAGE TOP