ダブルス

ポーチに出ないと発生する、ダブルスでのデメリット5つ

ダブルスの前衛は、動きましょう!

これが、私からずっと発し続けているメッセージです。

今回は、改めて「動いて来ない相手が、いかに楽か」という視点で考えてみたいなと。

ポーチに出て来ない、それだけで相手にはたくさんのメリットがある。

同時に、アナタ自身に多くのデメリットが発生していく、ことを覚悟しないと試合では勝てません。

1.思いっきりリターン出来る

アナタや、アナタのパートナーが良いサーブを持っていても、思い切りリターンされます。

だって、前衛が動いて来ない訳ですから。

クロスの空いているコースに、しっかり自信を持って打って来る。

セカンドサーブになったら、もう相手の方が確実に有利になるでしょう。

サービスゲームなのに、相手の方が主導権を握っている。

それは、サーブ側の前衛が動かないから、です。

2.サーブ&ボレーも簡単

今度はアナタ自身が、リターンの時。

せっかく前に出て来た相手の足下に打っても、前衛がポーチに出てくれないと相手は楽。

ゆったりしたボールを、ファーストボレーで相手の後衛に返せばそれで充分ですからね。

サーブで無理しないでも、楽に並行陣が出来る。

リターン側の前衛が動けないと、足下に沈めたナイスリターンも意味がない。

結局、無理した強打、になって自滅していくでしょう。

3.前衛が参加出来ない

ラリーに前衛が参加する。

これは、間違いなく一番最初のポイントが楽です。

ラリーが始まると、なかなかポーチに出るのが難しくなるのがテニス。

最初の動きは、ペアとも打ち合わせ出来るので、カバーもしてもらえやすい。

でもポーチに動かないと、この最初のチャンスをみすみす捨てることになる。

これも、大きなアナタ自身のデメリットです。

4.結局、ストレートも狙われる

ポーチに出ない前衛は、相手にプレッシャーがかからない。

結局、ストレートにも打たれて、相手からすると「何のために前にいるの?」という感じになるでしょう。

動いて来ない相手って、狙われます。

そして、また益々ポーチに動けなくなる。

悪循環を止めることが出来ない、自分に気付かないと。

ポーチに動いてミス、ならまだ良いんです。

動いてもいないのにストレートに打たれてミス、は自分でもどんどん落ち込んでいきますからね。

試合では大きな弱点、になっていくでしょう。

5.実力差を覆せない

ダブルスは、シングルスよりチャンスがある。

実力差がある相手でも、勝てるチャンスが私はあると思うんです。

ただし、それは動ける前衛、動ける選手に限るでしょう。

強い相手に、いつも通りのテニスをさせない工夫は、まず前衛が動いてプレッシャーをかけるところから。

それが無い、というだけでアナタ自身はチャンスを捨てているのと同じ。

それくらい、危機感を持って欲しいポイントなんです。

お勧めの練習法

これは、練習試合でのやり方、の一つ。

サーブ側のペアがポイント間でジャンケンして、サーブ側の選手が勝つ以外は前衛が絶対にポーチに出る!と決めます。

つまり、前衛の選手がジャンケンで勝つかあいこ、だったらもうチェンジする勢いでポーチに出る。

この約束事、が大事です。

つまりは、もう強制的にでも動いて出てしまおう!という作戦。

習慣付けて、ポーチに動くこ都が当たり前になるように。

ちょっとした遊び感覚で、ぜひ試してみて下さい。



ポーチに出ないと、損するだけ。

失点が怖い以上に、動けない自分を恐れて欲しいんです。

以前も書きましたが、失点=失敗という発想は止めましょう。

動かないこと、チャレンジしないこと、が全て失敗なはず、です。

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. 【女子ダブルス 土居コーチと交流大会】8/17(水) in綾瀬テニスガーデン
  3. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. テニス ドロップショット

    ダブルス

    ダブルスの試合では、積極的に自分が「オトリになる」意識を持ってパートナーを活かそう!

    他の競技を観ていると、「オトリ」になるような作戦は結構ありますよね。…

  2. テニス 練習

    ダブルス

    シングルスが得意な選手同士が組んだダブルス、を崩していくレシピ5つ

    ダブルスの試合、シングルスが強い選手同士が組むとどうなるか。私…

  3. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「相手前衛の上にロブを打って、2人で前→ロブ待ち」作戦でいこう!

    ダブルスの試合、相手を攻撃していく基本パターン。相手雁行陣に対…

  4. ダブルス

    テニスの大会で上位を目指したい、並行陣のレベルアップ術7つ

    ダブルスの試合で、並行陣で戦いたい。そして、テニスの大会をし…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「ケアー!」と叫ぶ後衛って・・・どうでしょう?

    ダブルスの試合で、雁行陣で後衛のボールが甘くなる。思わずパート…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス シングルス

    ストローク

    「ストロークでテイクバックが大きい」と現代テニスで通用しない5つの理由
  2. テニス 観察眼

    戦術

    弱点は磨くというより、上手く隠せるようになると試合に勝てる
  3. テニス パラソル

    テニス知識

    晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. テニス メンタル

    メンタル

    2-5でチェンジコート、ほぼアナタの負けは決定ですか?
  5. ボレー

    低い態勢でポーチに出る、だけで生み出せる5つのメリット
PAGE TOP