ダブルス

バレないでポーチに出られる!にはコツがある

ダブルスの試合で、前衛で動けない!

と、お悩みの方に、今回はシンプルなコツをご紹介します。

よくポーチは、「斜め前に動いて打つ!」と習いませんでしたか?

間違いではないですが、実戦の場ではそれだと相手にバレてしまう可能性も高い。

相手にバレないで、ササッと出てポーチを決める。

テニスの試合で必要な、視界の考え方を覚えておきましょう。

 

バレないでポーチに出られる!にはコツがある

1.斜め前に動くのは、悪くないけど

実際、これでも決まるケースは多いです。

相手の後衛がこちらを見ない、ようなケースもありますからね。

ですが、強い相手になって来ると、話は別。

しっかりとアナタ自身、つまりは前衛をギリギリまで見ながら、ストレートを匂わせて来る。

その怖さ、があるからなかなかポーチに出れないのが実戦の試合、でしょう。

 

2.そもそも、なんでバレるのか?

相手の後衛が、アナタ自身の動きに気付く時。

それは、視界の中で「横への動き」に気付くから。

↓こんな風に、相手が左右に動いた瞬間は、気付きやすいじゃないですか。

でも、前後の動きならどうでしょう?

↓相手が正面にいるので、多少近づいたり、遠くなっても、左右よりはバレにくい。

この動きこそ、赤側の前衛、つまりはアナタ自身に必要なことなんです。

左右に動いたらバレやすいけど、前後なら気付かれない。

ネットに近づく、というだけで、アナタ自身のポーチは何倍も決まりやすくなります。

縦の動きは、相手に気付かれにくい。

でも、ポーチでは非常に有効なポジショニングになる。

このことは、大前提として覚えておきましょう!

 

3.ネットに詰めていれば、それだけでポーチ出来る!

ネットに詰めていれば、実はかなりポーチは完成形、なんです。

左右に動いていなくても、前に出るだけで良い。

相手のボールが、飛んで来ると・・・。

前に詰めている状態が作れていれば、少し腕を伸ばすだけで触れますからね、ボールを。

ネットに詰めていれば、相手のボールがクロスに切れていく前に触ることが出来る。

動いて飛びついてポーチ!なんて、決まらないですよ。

逆にネットから遠い、前に空間があると、触れないんです。

相手が打つ前に、ネットに詰めてしまう。

これはバレない、と思っておけばすごく楽になります。

私のお勧めは、こうやって相手に動きを隠す忍者スタイル。

神出鬼没で、「え?いたの??」と思わせる力、フットワークが大事。

それには、相手の視界の弱点を突くのが一番でしょう。

 

相手が打つ前に、1.5メートルくらい前に詰める。

これだけで、確実にポーチ出来る機会は増えます。

勇気が要りますか?

でも大丈夫、相手にはバレないし、当たり損ないもエースになります。

「バレないんだ」と気付けると、アナタのダブルスは確実にレベルアップしていくでしょう!

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  4. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    「サーブが強い、ボレーも手堅い・・・」そんな強豪ダブルス並行陣ペアを倒すのに、必要な意識4つ

    ダブルスの試合をしていて、サーブもボレーも強力で手強い。並行陣…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    初対面の人とペアを組むときに、意識したいコミュニケーション4つ

    社会人の方やスクールで頑張る皆さん、の中には、初対面の方とダブルスペア…

  3. テニス ダブルス
  4. テニス ストローク

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で、ストレートロブからのチェンジ後は「前衛はセンターに絞る!」のが基本です

    ダブルスの雁行陣で試合を進めていると、前衛がロブで抜かれたときに少し変…

  5. ダブルス

    相手並行陣をワイドに攻めて、センターで決める方法

    相手の並行陣を崩す、その為に必要なストローク。センターセオリー…

  6. テニス リターン

    ダブルス

    ダブルスの試合で自分の甘いセカンドサーブの時、味方の前衛は下がるべきか?

    ダブルスの試合で、どうしてもセカンドサーブが叩かれてしまう。ア…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    アナタにとって、「バックハンドストロークの試合の中での位置づけ」は、ハッキリして…
  2. テニス ストローク

    ボレー

    ボレーが上手く打てない人は、「外側から内側へ」ラケットを動かしてみよう
  3. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合で勝てる選手は、「上手くいっているうちから作戦を変える」勇気を持って…
  4. テニス 夜

    メンタル

    テニスの試合で格上相手に勝ちたければ、「アナタが格下相手にやられて嫌なこと」を徹…
  5. テニス メンタル

    ストローク

    テニスのラリーでは、「ボールは近づいて来てから見る」だと遅過ぎる
PAGE TOP