ダブルス

バレないでポーチに出られる!にはコツがある

ダブルスの試合で、前衛で動けない!

と、お悩みの方に、今回はシンプルなコツをご紹介します。

よくポーチは、「斜め前に動いて打つ!」と習いませんでしたか?

間違いではないですが、実戦の場ではそれだと相手にバレてしまう可能性も高い。

相手にバレないで、ササッと出てポーチを決める。

テニスの試合で必要な、視界の考え方を覚えておきましょう。

 

バレないでポーチに出られる!にはコツがある

1.斜め前に動くのは、悪くないけど

実際、これでも決まるケースは多いです。

相手の後衛がこちらを見ない、ようなケースもありますからね。

ですが、強い相手になって来ると、話は別。

しっかりとアナタ自身、つまりは前衛をギリギリまで見ながら、ストレートを匂わせて来る。

その怖さ、があるからなかなかポーチに出れないのが実戦の試合、でしょう。

 

2.そもそも、なんでバレるのか?

相手の後衛が、アナタ自身の動きに気付く時。

それは、視界の中で「横への動き」に気付くから。

↓こんな風に、相手が左右に動いた瞬間は、気付きやすいじゃないですか。

でも、前後の動きならどうでしょう?

↓相手が正面にいるので、多少近づいたり、遠くなっても、左右よりはバレにくい。

この動きこそ、赤側の前衛、つまりはアナタ自身に必要なことなんです。

左右に動いたらバレやすいけど、前後なら気付かれない。

ネットに近づく、というだけで、アナタ自身のポーチは何倍も決まりやすくなります。

縦の動きは、相手に気付かれにくい。

でも、ポーチでは非常に有効なポジショニングになる。

このことは、大前提として覚えておきましょう!

 

3.ネットに詰めていれば、それだけでポーチ出来る!

ネットに詰めていれば、実はかなりポーチは完成形、なんです。

左右に動いていなくても、前に出るだけで良い。

相手のボールが、飛んで来ると・・・。

前に詰めている状態が作れていれば、少し腕を伸ばすだけで触れますからね、ボールを。

ネットに詰めていれば、相手のボールがクロスに切れていく前に触ることが出来る。

動いて飛びついてポーチ!なんて、決まらないですよ。

逆にネットから遠い、前に空間があると、触れないんです。

相手が打つ前に、ネットに詰めてしまう。

これはバレない、と思っておけばすごく楽になります。

私のお勧めは、こうやって相手に動きを隠す忍者スタイル。

神出鬼没で、「え?いたの??」と思わせる力、フットワークが大事。

それには、相手の視界の弱点を突くのが一番でしょう。

 

相手が打つ前に、1.5メートルくらい前に詰める。

これだけで、確実にポーチ出来る機会は増えます。

勇気が要りますか?

でも大丈夫、相手にはバレないし、当たり損ないもエースになります。

「バレないんだ」と気付けると、アナタのダブルスは確実にレベルアップしていくでしょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス 前衛

    ダブルス

    ダブルスの試合で相手のリターンを崩していくには?

    ダブルスの試合、前衛の仕事って・・・何でしょう?ボレーでポイン…

  2. テニス チャンス

    ダブルス

    「ロブは無い!」と思ったら、並行陣のポジションはここまで上げられる

    並行陣、イマイチポジションが分からない・・・という方。「ロブケ…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスで4アップの陣形に強くなる!」4人でネットプレーの状態になったときに、注意したいポイントは…

    テニスのダブルスにおいて、上のレベルの試合になるとネットプレーが増えて…

  4. テニス メンタル

    リターン

    シングルスの試合、「スライスでのリターン」で絶対に試合での勝率は上がる

    シングルスの試合、勝てない選手はリターンが荒い。もったいないと…

  5. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、「冷静にクロス勝負での実力差」を考えて前衛は動こう

    ダブルスの試合で、アナタが前衛にいるとき。まず冷静になって、ク…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 練習

    戦術

    テニスの試合では、精神的なプレッシャーはデュースサイドの方が少ないはず
  2. テニス スマッシュ

    ボレー

    ボレーボレーの泥試合、ロブボレーを使おう
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    フォアハンドハイボレーの隠れたコツは、「自分のポジションによって支点を変えること…
  4. テニス テニスボール

    メンタル

    真面目な人ほどかかりやすい、「テニス鬱」について、アナタにも知っておいて欲しい
  5. テニス メンタル

    シングルス

    テニス選手として一気に成長したければ、「次の大会は本気で戦う」と周りに宣言してみ…
PAGE TOP