ダブルス

動きが少ないペアは、なぜ勝てないのか?

目次

ダブルスの試合で、「勝てないんです…」と悩んでいるペアの方から相談を頂きました。

試合の動画も観ました。

すごく、技術的にはしっかりしているし、走ることも出来る。

でも、圧倒的に足りない要素、がありました。

これは、きっとみなさんの試合のヒントにもなるはず。

当たり前のようでなかなか出来ないこと、ダブルスの試合で差になりやすい部分。

それは、「ペアとしての動き」です。

 
 

ペアとしての、ダイナミックな動き

勝てないペアは、ペアの動きが無い

例えば、前衛が動いて後衛がチェンジ。

積極的に、自分たちから仕掛けてサイドを変えていく。

こういうペアは、試合でも強い。

相手からしても、本当に2人を相手にしているような感じになりますからね。

でも、ただ片方の選手が、一人で走り回るようなダブルスは怖く無い。

そう思いませんか?

動きが少ないと、どうなるか?

簡単です。

相手に、すぐに2対1の状況を作られて、苦しくなる。

自分たちが動かないから、相手に動かされる。

相手2人に、1人が集中攻撃を受けるような形、になりがちなんです。

これ、気付けないもんなんですよね。

先に動く、大きく動く

強いダブルスペアは、しっかり動きます。

動くとは、陣形が変わるということ。

サイドチェンジして、自分たちから担当の守備範囲を変える。

こういう動きが無いと、いくら技術的に優れていても試合では厳しい。

1人でひたすら粘る、ことはダブルスでは難しいですからね。



攻めて動く?守りで動く?

いつも後手、じゃないですか?

相手に走らされて、チェンジさせられてばかり。

こういう試合は、勝ったとしてもすごく疲れる。

その次の試合、で足にきてしまうでしょう。

でも、自分たちから攻めて動く試合は、疲れない。

だって、心理的に先手が取れている訳ですから。

走らされるんじゃなくて、自分たちから走る。

これが出来るペアが、躍動感もあって相手にプレッシャーを与えられるんです。

相手が本当に嫌なこと、は?

ダブルスで、何でしょう。

みなさんが、相手にやられて嫌なこと。

色々あると思いますが、私は「お前、出てくんなよ!」と思うこと。

後衛に打ったつもりが、前衛に触られる、捕まる。

こういう時に、すごくストレスを感じます。

そして、次のポイントではプレッシャーになる。

「そっちに打ったんじゃないのに・・・」と思っても、それはもう相手の術中にはまってますからね。

打ったコースは良いのに、相手に決められる。

なんてのは、本当に勘弁して欲しいですよね。

動けるペアには、誰でもなれます

なれます、絶対に。

ただし、ちょっとした失敗は増えるし、恥をかくことも増えるでしょう。

でも、どうでしょう。

今こそ、この殻を破る時だと私は思いますよ。

動けるペアになって、格上相手に勝負していく。

動かないペアのままで、集中砲火を浴びて負けるのは、もう嫌じゃないですか。

あとは、変われるかどうかです。

   

頭も活性化される

動く人ほど、スッキリしていく

プレーにも、迷いが無くなってスッキリする。

やり切った感じで、疲労感も少ない。

動ける人の試合って、こういう感じなんですよね。

動かないでただその場で打ち合う、ような人は頭がスッキリしないはず。

ずっとモヤモヤしながら、そのまま試合終了。

私も、そういう試合は大抵勝てないです。

動くからリズムも出て来る

試合で、自分のリズムを作ることは大事です。

だからこそ、しっかり動かないといけない、それも序盤に。

試合に強い人は、いつも自分のリズムを持っている。

それは、なかなか待っていても手に入れることは出来ないもの、ですから。

t-press.jp/p4481/

ポイントの重み、嬉しさが変わる!

やっぱり、嬉しいですよ。

自分たちから動いて、得点出来た時には。

試合の中で序盤にこういうポイントがあると、その後がすごく乗っていける。

逆にずっと個人プレーばかりだと、かなりのスキルが無いとリード出来ない。

まぁ、それで勝てる相手なら良いですけど、縦割りみたいな感じでも。

私たちがやる試合は、どちらが勝てそう、ですかね。



躍動感のあるダブルスは、やっぱり相手もやり辛い。

それに、周りも応援したくなるじゃないですか。

多少失敗しても、捨てるところは捨てて攻める、大胆に動く。

私自身、そういうダブルスペアをこれからも応援していきたいです。

ピックアップ記事

  1. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. テニス フットワーク

    ダブルス

    ミックスダブルス必勝法は、「序盤で女性が相手の男性に向かっていく」ことに尽きる

    テニスの試合、基本は「やられたら嫌なこと」から考えてみる。そう…

  2. テニス ボレー

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合では、「前衛が触った瞬間にペースアップする」ことを頭に入れておこう

    ダブルスの試合、シングルスとの大きな違いとして意識したいこと。…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの並行陣のメリットは、「相手に打つところが無い」という光景を見せられる点が一番

    高校生の方から、こんな質問を頂きました。「ダブルスで2人が前の…

  4. ダブルス

    ミックスダブルスは、女性の前のスペースでチャンスメイク

    ミックスダブルスの試合での、鉄板パターン。それは、どのレベルに…

  5. テニス ボレー

    ダブルス

    リターンした相手の逆を突く、ポーチボレーはコース勝負でいこう!

    ダブルスの試合、ポーチで触ってもなかなか決まらない。前衛でのプ…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合では、シンプルにまず「相手のどこを狙っていくか」を確認して試合に入ろう!

    ダブルスの試合。序盤は皆さんどんな意識で試合に入っていますか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ミス

    戦術

    「自分らしい失点、自分らしくない失点」という視点
  2. テニス メンタル

    日々の雑記

    アナタが考える「テニスのウィッシュリスト」を作ってみよう
  3. テニス ストローク

    サーブ

    サーブに必要な下半身の土台は、「トスを低め」にすることで安定する可能性が大
  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュでネットミスが多い人は、「ラケット面下半分」にボールが当たっている可能…
  5. サーブ

    本気で実行出来る人は、そういない
PAGE TOP