テニス メンタル

ダブルス

「この1本なんだ!」という息を合わせていけるペアが、本当に強いダブルスペア

試合で強いダブルスペア、それって技術的な部分だけじゃない。

本当に2人で、波のように押し寄せてくるようなペア、強さを感じますよね。

圧迫感があって、大事なポイントをしっかり押さえてもっていく。

こういうペアって、どんな特徴がありますか?

私は、「共通認識」だと思います。

ポイント間での打ち合わせでもそうですし、それ以前に「ここなんだ!」という意識が同じ。

そうは思いませんか?

 

「この1本なんだ!」という息を合わせていけるペアが、本当に強いダブルスペア

 

1.息が合っているって、こういうこと

「ここだ!絶対に取りたいのは」というポイント、ありますよね。

4-4での30-30、のようなポイント。

だからこそ、ダブルスならお互いでその価値観が同じじゃないと。

「まぁ、リード出来れば良いかな・・・」くらいの意識と、「絶対に40-30にして、相手にプレッシャーをかけて5-4にするんだ!」と考えるのでは違う。

この温度差があるペアって、結構多いですよ。

確かにポイントは取りたい、でも本当に取りたいポイント、の認識が違う。

そうなると、プレーにも現れてくるのがテニス、なんです。

 

2.大事なポイントは、計画的に準備を

ダブルスペアで、もし組み慣れているペアなら再度確認しておきましょう。

自分たちが、絶対に取りたいポイントはどこなのか。

お互いの考えを確認して、共通部分を見つけ出す。

序盤、中盤、終盤に、必ずポイントとなる場面があるでしょう。

まずは、カウントで考えてみてください。

ゲームカウント、ポイントで、どういう時に「絶対に取りたい」と考えるのか。

言葉に出して、しっかり意志を確認する。

これって、大事なことですよ。

 

3.絶対取りたいポイントで、選択するプレーは?

ここに、ダブルスとしての個性が出て来る。

ペアとしての本質、とも思って欲しい。

絶対に取りたいポイント、私ならあえての「積極策」で出ます。

サーブ側ならチェンジプレー、リターン側ならリターンダッシュ、ストレートアタック、を入れていく。

なぜなら、これが自分たちの一番得意な形であり、後悔が無いから。

失敗しても、やり切っておけば後悔は全く無い。

ペアで温度差があるときって、何かしらポイントが終わった後にしこりが残るんですよね。

ポイントを落とした以上に、きっと残るはず。

そうならない為に、自分たちがどういうプレーをするのか、その根拠は何なのかを考えておきましょう!

 

4.迷いの無いプレーは、勢いを生む

「ここだ!絶対取るんだ!」というポイント、迷いが無いのが一番。

迷いが少しでもあると、それはプレーに影響する。

温度感を合わせて、しっかりプレーしていく。

そしてやることを、しっかり決めておく。

これは、何度も書いてきましたが実力に関係無く、皆さんが出来ること。

まずは、こんなコミュニケーションからペアとしてみませんか?

テニスの試合って、「どのポイント」が勝負の境目だと思う?みたいな感じで。

意外な答えが返ってくるかも知れませんよ。

 

ダブルスのペアで、息が合ったプレー・・・は、実はプレー前に始まっている。

ポイントの価値観が同じだから、必死になって結果的にナイスなコンビネーションが生まれる。

このことだけは、覚えておいて損は無いでしょう。

強い相手試合なら、こういうポイントでも相手に立ち向かっていかないといけない。

しっかり準備して、考えていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. ダブルス

    「自分よりかなりテニスが上手い選手とダブルスを組むことに・・・」アナタが意識するべきこととは?

    部活やサークルで、「この人、自分より全然上手いなー」と感じている人と、…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    雁行陣での「クロスへのアプローチショット」は、センター寄りのコースに!

    ダブルスの試合の中で、雁行陣を主体にしているペアは学生の皆さんでも多い…

  3. テニス メンタル

    ダブルス

    相手の前衛に触られても、とにかく慌てないことが一番

    ダブルスの試合で、落ち着いてプレー出来るかどうか。これは、勝敗…

  4. テニス ストローク

    ダブルス

    初めてペアを組んでの試合なら、この3つだけは確認しておこう

    初めて組む人と、試合に出る。なかなか難しいシチュエーションです…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    「そんなに強そうに見えないのに、負けないダブルスペア」に共通する隠れた秘密4つ

    ダブルスペアは、実力が図り辛い。パッと見でそんなに強く無さそう…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの練習をより実戦的に行う為に、すぐに出来るアイデア5つ

    ダブルスの練習、意外とバリエーションが少なくてマンネリ化しがちですよね…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 雨

    戦術

    第1シードの選手が相手なら、「良いプレー」だけじゃ足りない
  2. テニス メンタル

    ストローク

    明らかな相手のチャンスボールを守るときには、「慌てずコンチネンタルグリップ」で守…
  3. テニス サーブ

    スマッシュ

    「スマッシュを磨きたければ、スライスロブを打ち抜け!」一般レベルの試合の勝敗は、…
  4. テニス ボレー

    ストローク

    両手バックハンドのストロークを振り切れない人は、テイクバックから更に肩を入れよう…
  5. テニス 守備

    フットワーク

    ネットミスの相手に、更にプレッシャーをかける方法
PAGE TOP