テニス サーブ

ダブルス

ミックスダブルスの撮影で、感じたこと

先週にて、YouTube用にミックスダブルスの撮影を行って来ました!

視聴者の方からのリクエストも多く頂いておりましたので、ぜひやりたいと考えて早半年が過ぎ、ようやく実施出来て良かったです。

私自身、ミックスダブルスは好きなんですけど、試合に勝てるかと言えば…非常に難しい競技だなと。

だからこそ、これからみなさんと一緒に強くなっていきたいという想いが強いです。

今回は、その撮影を通じて私自身が感じたことを、まとめてみたいと思います。

 


 

男性を避けていると、難しい

避けようとするから、難しくなる

どうしても、まずミックスダブルスはこの先入観があると思います。

女性は男性を避ける、男性も男性を避けて出来るだけ女性にボールを集める。

もちろん、基本の戦術としてはこれが常套手段。

でも、やはりここにまず、大きな落とし穴があると感じました。

何かを避けよう、避けようとしても、コントロールは難しい。

「男性にも配球する、触られても良い」くらいの気持ちで打っていく、だから精度も上がるしボールの勢いも出るんじゃないかと。

この先入観こそ、ミックスダブルスで最大の障害になるなと感じました。

守備に徹する女性は、強い

実際に撮影していく中でも、「守備に徹する女性は、強い」と感じました。

意識もそうですし、試合の後半になればもうスピードにも慣れて来る。

序盤は何となくミスしてくれていた女性が、非常に強くなるのが試合の後半じゃないかなと。

思い出してみると、私の試合でもそんな感じでしたね…。

ただ狙えば良い、集めておけば良いなんて、安易に考えているとミックスダブルスでは勝てない。

だからこそ、偏った配球は危険なんです。

男性リターン、サーブを、どうするか?

避けようにも、これはテニスのルール上避け切れないんですよね。

男性サーブの女性リターン、またその逆もしかり、です。

この場面は、とにかく最初に男性対女性、のラリーになります。

「男性を避けよう」というメンタルで試合に入ると、☝のシチュエーションになるとどうでしょう?

かなり、腰が引けて自分から何かを狙う、仕掛けるということが出来ないと思います。

最初から、「相手男性とも戦うんだ!」という姿勢が、まず必要。

ダブルスですが、サーブとリターンはまず個人で何とかするしかないショットでもあります。

ここでのメンタルの作り方、大事ですね。

狙い目はずばり、「女性寄りのセンター」

チャンスメイクは、ココが基本!

特に、相手が並行陣、または後ろで2バックの陣形の時に。

センター狙いはダブルスの基本セオリーですが、少し女性寄りを狙う。

こうすることで、実はチャンスメイクがかなり楽になります。

センターのボールは、つい女性も男性を頼りたくなる場面。

自分の外側、ストレートを女性は専門で守っているペアもいますからね。

チャンスメイクで、ココを使う意識を持てると良いと思います。

当然、相手からも狙われる

自分たちも、もちろん狙われます。

だからこそ、必要なのは準備でしょう。

女性寄りのセンター、女性が前のポジションで潰しても良いですし、男性がハッキリとセンターをポーチに出るのも良い。

相手のチャンスメイクの芽を摘むことが出来れば、ミックスダブルスはそう負けないはず。

どこかでチャンスを量産されるから、一方的な試合になってしまうケースも多いですから。

強い相手は、必ず女性寄りのセンターでゲームを作ろうとして来る。

対策が取れれば、怖くないです!

あと、防ぐべきは…

私が撮影していて感じたのは、「男性の高い打点を封じる」ことの重要性です。

リターン、ボレー、ストローク、全てにおいて、相手男性に「高いところで打たせない」ことがまず大事。

ですから、サーブだって浅くても良い、リターンも前に落としても良い、ボレーは出来るだけ足下に、遅く。

これだけで、相手の男性の攻撃力はかなり落ちます。

そこで無理してくれれば嬉しいし、つないでくればそこからまたチャンスも作れる。

特に、厚いグリップで打てる若い男性の方の対策としては、有効でしょう!

ミックスダブルスは、全てに通ずる

私は、改めて感じました。

ミックスダブルスの技術は、男女のダブルス、そしてシングルスにも活かされえるんじゃないかな、と。

必要なのは、準備と観察眼。

相手をよく見て、男女だからこそ起こり得る相手ペア間のプレーの起伏や感情の波を、読み取ることが出来れば。

きっと、テニス自体がより楽しく、奥深いモノになるでしょう。

ぜひ、YouTubeの動画も参考にしてみて下さい。

ミックスダブルス、一緒に頑張りましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  2. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. テニス ミス

    ダブルス

    「ミックスダブルスでは、女性狙いだけでOK?」だと、手堅いベテランペアには試合で勝てません

    ミックスダブルスの試合、皆さんはプレーする機会はありますか?学…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で「リターンをストレートに展開する」メリット5つ

    かつてダブルスの名手として活躍した杉山愛選手。彼女がいつも口に…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルスで女性に深くボレー、「ロブケアとセット」で考えること

    ミックスダブルスで、女性を攻撃していくときに気を付けたいこと。…

  4. ダブルス

    後衛に任せる前衛、はどんどん利用させてもらおう

    試合になかなか参加出来ない前衛、を見つけた時。もし相手なら、こ…

  5. テニス ストローク

    ダブルス

    右利きプレイヤー視点で、ダブルスのリターンサイドを考えてみると・・・?

    今回は、ダブルスのリターンのサイド、について考えてみたいと思います。…

  6. ダブルス

    「ダブルスの連携術」はテニスの試合の中での優先権の確認から!

    ダブルスで大事なことは、パートナーとの連携。その連携プレーを利…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    速い展開でバックハンドストロークを打たされると弱い、人は?
  2. テニス 雑誌

    戦術

    テニスの作戦、戦術、理論は、「頭だけで覚えようと思ってもダメ」な理由について
  3. 戦術

    ポジションを下げされたら、まず戻すボールを使おう
  4. ストローク

    ストロークの軸足は、「体重移動のときに変わる?」の疑問について
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに詰める勇気を持った人だけが、本物のアングルボレーが打てる
PAGE TOP