ロブ

ミックスダブルスで、「男性サーブを女性がどう返すのか?」について

ミックスダブルスの試合で、一番考えておくべきポイント。

それは、相手男性サーブを女性がどうリターンするのか、ですよね。

これ、一見するとかなり厳しい課題、に見えますよね。

でも、これをクリアすればペアとしてはかなり試合に乗っていける。

私は、逆にチャンスだと思いますけどね。

 

ミックスダブルスで、「男性サーブを女性がどう返すのか?」について

 


 

1.基本はロブ!ストレートロブを使おう

まず、相手男性のサーブを返す心得として。

しっかり、ストレートにロブを打てるようになりましょう。

これは、決して難しくない。

クロスに厳しいリターン、は捨てる。

ボレーのグリップで、相手男性の強力なサーブの力を利用して、相手の前衛の頭の上を狙う。

ミックスダブルスのリターンは、これが基本です。

応用としてストレートアタックや、クロスリターンがある。

7割は、ストレートロブでも良い。

それくらい、私は女性のリターンは徹底しても良いと思います。

 

2.相手の前衛は、当然女性

ですから、何も恐れる必要はありません。

多少甘くなっても良い、アウトになる方がもったいないです、この場合。

相手男性のサーブは、確かに速いし重い。

ですが、コントロールが良いかと言えば・・・そうでも無くないですか?

少し下がって、ボレーの感覚で上に打てると思ったら、返せるはずです。

気持ちで引いてしまうから、男性サーブというだけで返せなくなる。

これではもったいない。

だって、チャンスですから、相手が男性サーブ、こちらが女性リターンの時って。

 

3.男性は、「サーブで終わって欲しい」と思っている

弱々しいロブ、でも良い。

前衛の女性がチェンジして、サーブを打った男性がカバーしても・・・その時点で、アナタの勝ちです。

男性からすると、サーブで終わって欲しい、と思っている人がほとんど。

それを粘って返されて、自分が走ってまたストロークを打つ、なんてすごく嫌。

気分が悪くて、そこでまた強打してミス、になる可能性が高いです。

ミックスダブルスの男性って、傲慢になりがちなんですよね。

相手の女性に抵抗されること、がすごく嫌。

だからこそ、チャンスなんです。

ストレートロブで走らせれば、ボロを出すような男性結構多いですよ。

 

4.動いて打つ、のは男性だって難しい

サーブを打った後に、3歩以上走って、止まって打つ。

これは、どんなに緩いボール、ロブでも難しいものなんです。

3.の繰り返しになりますが、これをいかに、女性がリターンで実践するか。

試合で実際にやってみると、効果テキメンです。

サーブを打った男性からすると、「もっと厳しいサーブで遠慮なくいくか・・・」となって、また自滅の芽が出て来る。

ストレートロブで、男性を走らせること。

これがミックスダブルスの女性の基本、です。

 

実際、しっかり出来ればミックスダブルスは勝てます。

徹底的に、これを練習しても良いと思いますよ。

男性サーブ、何も恐れる必要無し!

むしろ、女性のみなさんは試合を決める、チャンスだと思っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. テニス ストローク

    ロブ

    テニスの試合で使えるショット、「ロブはスライス?トップスピン?」について考えてみる

    ロブを上げる時、トップスピンとスライス、どっち使うことが多いかと言うと…

  2. テニス ストローク

    ロブ

    ダブルスの試合、相手をロブで走らせたら待ちかまえよう

    ダブルスの試合、結構ロブを使うのが上手い方は多い。でも、本当に…

  3. テニス フットワーク

    ロブ

    低く速いロブを、クロスに打てば試合で有効

    あるレベルになれば、ロブは通用しなくなる。これは、試合に出てい…

  4. テニス コントロール

    ロブ

    ロブを追いかけて一度落とす時には、並行して走ってると一生間に合わない

    「そんなの、誰だって知ってるよ・・・」という、テニスの基本。こ…

  5. テニス ボレー
  6. テニス ストローク

    ロブ

    「浅いボールをギリギリキャッチ・・・」からのストレートロブは、テニスの試合で必ずアナタの助けになる!…

    シングルスでもダブルスでも、試合に強い人には共通する特徴があります…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 客観視

    メンタル

    テニスの試合前、「トイレに行って鏡を見て」自分の時間を作ることをオススメします
  2. テニス ハードコート

    戦術

    「正直、団体戦が苦手・・・」な人こそ、私はチャンスがあると思います
  3. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブを安定させたいなら、ボールの回転の向きを斜めに変えてみよう
  4. ダブルス

    相手の浅いロブは、実はドロップボレーのチャンス
  5. テニス メンタル

    その他

    テニスにおいて、「仲良しチームから勝てるチームになる」為に必要な、週に一度のミー…
PAGE TOP