テニス ダブルス

ボレー

ボレーの基本は、「スタンス広めでその中間に頭」を意識すれば安定する

ボレーに安定感が欲しい方。

まずは、頭の位置をしっかり意識することで、確実に安定感が高まります。

自分の頭の位置を意識すれば、身体が突っ込むことも無くなり、連続プレーが可能になる。

基本を押さえて、練習していきましょう。

 

ボレーの基本は、「スタンス広めでその中間に頭」を意識すれば安定する

 


 

■ボレーはどうしても、身体が突っ込んでしまいがち

テニスにおけるボレーは、「早く触りたい!」という意識が強くなる。

だから頭が突っ込んで、バランスが崩れてしまうの選手が多いので、意識したいのは自分の頭の位置。

頭の位置が、前足より前に出るとそれは突っ込み過ぎ。

前足、後ろ足、のちょうど中間の位置に自分の頭があると、バランスが良い。

ぜひ、意識してみて下さい。

 

■背筋を伸ばして、ボールを引き付ければ完璧!

ボレーを得意になりたければ、しっかりボールを引き付けること。

背筋を伸ばして引き付けることが出来れば、それだけで自然と頭は両足のスタンスの真ん中になります。

そうなると、連続プレーが出来るようになる。

連続プレーが出来るようになれば、プレースタイルが変わる、もっとテニスが楽になる。

まず、しっかり顔を上げてスタンス=足幅を広く意識してみましょう。

きっとボレーがもっと、変わってくるでしょう。

 

■ハイボレーもローボレーも、頭と下半身の関係は変わらない

打点が変わっても、このスタンスは変わらない。

両足の真ん中に、しっかり頭が来るように。

ハイボレー、ローボレー、どちらもつい頭が前に出てしまってはいませんか?

だからこそ、しっかり頭の位置を意識する。

ローボレーは、頭が突っ込むようならハーフボレーに自分から変えていかないといけない。

とっさの判断力で、バランスを保つ。

意識すれば、きっとネットプレーがグッと安定感を増すでしょう。

 

足は出すけど、頭は出さない。

ほとんどの人が、頭から突っ込んでバランスを崩してしまう。

落ち着いてボレーを続けていくには、何よりバランスを保つことが大事。

何球も返球出来れば、相手は勝手に崩れてくれる訳ですからね。

先に崩れるテニスでは、試合に勝てないですよ。

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. ご質問頂いた件につきまして
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    サイドスライスのボレーが打てるから、ネットプレーには安定感が出る

    ボレーの基本、ある程度身に付けてきたらぜひ「逆クロス方向へのショット」…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    「何でも後衛にお任せ」になっている前衛は、責任感が無さ過ぎる

    テニスの試合のアナタの姿。それは、アナタの日常に潜む本性をさら…

  3. ボレー

    浮かないボレーこそ、試合で使える実戦向きなショット

    ボレーを浮かないように、コントロールし続けること。試合に出てい…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ネットプレーでは相手の「緩急」に気を付けないといけない

    ネットプレーで大事なポイント、皆さんどの辺りでしょう?速いボー…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーで速い反応を求めるなら、「打つというより引く」という感覚に変えること

    試合の中で、ボレー戦になったときに反応が遅れてしまう。これって…

  6. ボレー

    ハイボレーをいつもふかしてアウトする人は、「テイクバックのときに膝が伸びない」ようにチェック!

    テニスの試合で、ミスして落ち込むのがハイボレー。ダブルスでもシ…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「日記ってスゴイ」テニスの試合で強くなるには、自分を見つめ直し続けること
  2. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスの練習中、「足を動かして!」と言われても、ただバタバタ動かすだけだと疲れる…
  3. テニス ロブ

    戦術

    チェンジした後の前衛、のポジショニングが肝
  4. テニス 体力

    戦術

    力んで入っても、そのプレーで序盤に体力を消耗するだけ
  5. テニス 客観視

    その他

    「本気でテニスを上手くなる」段階に入るには、自分自身で恥を知るきっかけが必要です…
PAGE TOP