テニス ストローク

ボレー

バックハンドボレーは、スライス?フラット?

目次

今回、アンケートのご質問の中から。

バックハンドボレーの当たり、回転がイマイチ分からない・・・という方。

フラット気味?スライス回転?

この問題は、打つ場所によって変わってくると思います。

バックハンドボレーは、スライス?フラット?

1.ネットに近い場所なら、フラットで当てよう

私の感覚ですが、ネットに詰めたときはフラットに近い当たり、にしたい。

スライス回転をかけると、アウトしてしまう可能性も高いですからね。

パチン!と叩いて、コンパクトに打つ、フォロースルーを小さくする。

これは、片手バックハンドで特に大事です。

逆に、ネットから離れた場所なら飛距離を出さないといけないので、スライス回転をハッキリかける。

このグリップチェンジ、私は片手バックハンドの方は必須だと思います。

つまり、フラットもスライスも両方必要、ということですね。

2.グリップチェンジ、を工夫しよう

得に、ポーチの時ですね。

ポーチに出たら、しっかりネットに詰めると同時にフラット気味で弾かれないようなグリップにしたい。

この部分、自分でぜひ調整してみて下さい。

しっかり下に飛ばすボレーなのか、飛距離を出す山なりなボレーなのか。

勇気を持ってグリップを変える事、で全ては変わってくると思います。

ぜひ、チャレンジじしてみて下さい。

3.両手バックボレーの方は、ハッキリとスライスかドライブボレー

これは、私の提案です。

両手バックボレーの方は、ハッキリとスライスをかけるか、ドライブボレーのスピン、どちらかで良い。

もちろん、フラット気味のボレーも良いと思いますが、思い切ってスピン回転をかけるドライブボレー、も有りだと思いますよ。

フワッと上がったボールは、ドライブボレーで叩いていく。

グリップチェンジが大変ですが、その分当たった時の威力があるはず。

学生の方だけじゃなく、ベテラン・シニアの方にもオススメです。

4.まずはスライスボレーを磨こう!

試合を作る、ラリーを組み立てるボレーは基本はスライス。

この回転をしっかり覚えて、その応用として詰めてのフラット、ドライブボレー。

このスタンスで練習して良いと思います。

練習するコツは、ネットから離れた位置でボレーを継続出来るように、ボレー対ストロークの練習をしっかり行うこと。

立つ位置はサービスラインの一歩内側、くらいで良いと思います。

相手をしっかり追い込む、圧迫感のあるボレーが打てているかどうか、相手の反応を常にチェックしてみましょうね。

スライス回転、きっとアナタ自身が思っているよりも「もっとハッキリ、強く」で良いと思います。

スピードよりも、バウンド後の威力を優先しましょう。

深く、しっかりスライスのボレーが入れば、次はきっとロブの可能性が高い。

この組み合わせでしっかり、ポイントを取得出来るように頑張りましょう!

ピックアップ記事

  1. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  2. 40歳からポリストリングにする、という選択肢を
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い

関連記事

  1. ボレー

    ブロックボレー、そして攻撃するボレー!

    深いボールは、まず返すこと優先。浅いボールを攻撃していく。…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    コントロールの良いネットプレーは、「ボールを飛ばす方向を見ない」ことから

    私がこのコツを掴んだのは高校一年生のとき。それまでは、打つ方向…

  3. テニス ダブルス
  4. テニス ストローク

    ボレー

    安定感のあるテニスのリズムは、「ボレーはゆっくり、ストロークは速く」という速度のイメージが大事

    学生の皆さんの部活の練習を見ていると、ストローク同士のラリーはとてもレ…

  5. ボレー

    バンバン打って来る相手に、並行陣でどう対抗する?

    男子ダブルスで、ストロークに自信があるペアと対戦するときに。…

  6. ボレー

    フラットボレーは、肘を伸ばして打ち終わろう

    相手コートに押し込むボレー、フラットボレー。しっかりとネットに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュの基本は、相手に優位性を渡さないこと
  2. テニス メンタル

    その他

    相手や周りを「褒めること」が出来る人は、きっとテニスも早く上達していく
  3. その他

    刺激に勝る、妙薬は無し
  4. 練習メニュー

    「強豪と対戦する日のためにも」日々のテニスの練習で意識しておきたいポイント
  5. テニス 人脈

    ボレー

    「確かにボレーは決定力あるけど・・・」テニスで必要なゆっくりした球速を身に付けた…
PAGE TOP