テニス ボレー

ボレー

ボレーは、「スライス回転をかけるから安定する」ことに気付けると、テニスはもっと楽しくなる!

テニスはレベルが上がれば上がるほど、「ボールの回転」でコースやスピードをコントロールするスポーツ。

真のフラットなボールは無く、縦回転や横回転を駆使できるようにラケットを振り抜ける打点やグリップが重要になってきます。

特に、フラット系から回転系へ移行していくのが難しいのが、ネットプレー。

ボレーの技術は、スライス回転を覚えると飛躍的に向上していきます。

ボレーは、「スライス回転をかけるから安定する」ことに気付けると、テニスはもっと楽しくなる!

 

1.ボレーは急速が遅い方が良い?

速いボレーにばかり憧れていると、ついフラットに当てたくなってしまいます。

ネットにしっかり詰めれたときには、そんなボレーも必要です。

しかし実際の試合では、そこまでネットに詰めてプレーする機会も少ない。

むしろサービスライン附近や、ネットより低い位置からのつなぎのボレーの技術の方が求められます。

こういったボレーに、スピードが必要でしょうか・・・?

速いボールを打てば、それだけ速い準備も必要となり、アナタ自身のポジショニングのレベルも上げていかないといけません。

結構これは、難しい問題です。

 

2.ボレーでスライス回転をかける2つのメリット

ボレーをスライス回転に仕上げていくことで、メリットは2つあります。

1つは適度に急速を抑えられることで、自分の態勢を立て直すペースを保ちやすいということ。

もう1つは、ラケットを上から動かして回転をかけるので、小さいスィング動作を入れる。

ただし、手首の角度は変えないこと。

この動作を安定させることで、ボレーにも小さいルーティン動作が入って安定するのです。

「全くラケットを振らない」では、ボレーもいつまで経っても安定しません。

スライス回転をかけるような、小さなスィングは必要なんです。

 

3.相手の打点を低く出来るのも、試合で効果大!

もう1つ、メリットを忘れていました・・・!

それは、相手の打点を低く出来ること。

しっかり下半身から力を伝えて、スライス回転をかけましょう。

スライス回転のボールは相手コートにバウンドした後に滑っていきますので、効果的に相手を追い込むことが出来る。

特に学生の皆さんは、スライス回転に慣れている選手が少ないので、アナタが身に付ければそれだけで1歩リード、と言えるでしょう。

打点が低い位置から、さらにネットにいる相手の足元に沈めるのは難しい。

このメリットは、ダブルスでもシングルスでもとても有効です。

 

スライス回転を覚えると、ボレーで「相手をコントロール」出来るとプレーの幅が拡がります。

また安定感も出てきますので、自分のプレーにリズムも生まれる。

ストロークだけの戦いのテニスは、上のレベルになるとかなりしんどいはず。

積極的に、スライスのボレーを使っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  4. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. ボレー

    「足元ボレー強化法」テニスの試合で求められる即決力をネットプレーで磨くには?

    相手がネットプレーに出てきたらどうする?パッシングで抜いてしま…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーの基本である「斜め前に踏み込みながらボレー」を実践して、守備範囲を拡げよう!

    シングルスでもダブルスでも、ネットプレーを入れていくのには勇気が要りま…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    「下がりながらやっと届いたバックハンドハイボレー」から態勢を戻しつつ攻撃する、アングルの発想とは?

    バックハンドのハイボレーは、テニスで一番打つ時に力が入り辛い場所。…

  4. テニス 攻撃

    ボレー

    フワッと浮いたボールを詰めてボレー、足から合わせていけばミスが減る

    ネット近くに、フワッと浮いたようなボレー。これをしっかり決める…

  5. テニス フットワーク

    ボレー

    ボレー対ストロークのラリーでは、ボレー側は常に「ストローク側が後ろ足体重で打つ瞬間」を見逃さないこと…

    ボレー対ストロークのラリー練習、ただつなげるだけでは試合で使えない。…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    ミドルボレーの安定感アップには、フォロースルーの高さと短さが必要

    自分の腰から胸の高さで打つ、ミドルボレー。簡単そうに見えて、意…

特集記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    自分のサーブのトスのやり直しは、1ゲームに1回までが目安でしょう
  2. テニス 客観視

    メンタル

    アナタのテニスの評価は、他人が下すということを忘れてはいけない
  3. テニス サーブ

    戦術

    試合結果は、目の付け所で価値が変わる
  4. テニス サーブ

    サーブ

    味方ペアのダブルフォルトが2回続いたときに、かけてあげたい言葉3つ
  5. フットワーク

    ネットプレーにメリハリを付ける「つなぐボレーと決めるボレー」は、足の使い方を分け…
PAGE TOP