テニス ボレー

ボレー

ボレーは、「スライス回転をかけるから安定する」ことに気付けると、テニスはもっと楽しくなる!

テニスはレベルが上がれば上がるほど、「ボールの回転」でコースやスピードをコントロールするスポーツ。

真のフラットなボールは無く、縦回転や横回転を駆使できるようにラケットを振り抜ける打点やグリップが重要になってきます。

特に、フラット系から回転系へ移行していくのが難しいのが、ネットプレー。

ボレーの技術は、スライス回転を覚えると飛躍的に向上していきます。

ボレーは、「スライス回転をかけるから安定する」ことに気付けると、テニスはもっと楽しくなる!

 


 

1.ボレーは急速が遅い方が良い?

速いボレーにばかり憧れていると、ついフラットに当てたくなってしまいます。

ネットにしっかり詰めれたときには、そんなボレーも必要です。

しかし実際の試合では、そこまでネットに詰めてプレーする機会も少ない。

むしろサービスライン附近や、ネットより低い位置からのつなぎのボレーの技術の方が求められます。

こういったボレーに、スピードが必要でしょうか・・・?

速いボールを打てば、それだけ速い準備も必要となり、アナタ自身のポジショニングのレベルも上げていかないといけません。

結構これは、難しい問題です。

 

2.ボレーでスライス回転をかける2つのメリット

ボレーをスライス回転に仕上げていくことで、メリットは2つあります。

1つは適度に急速を抑えられることで、自分の態勢を立て直すペースを保ちやすいということ。

もう1つは、ラケットを上から動かして回転をかけるので、小さいスィング動作を入れる。

ただし、手首の角度は変えないこと。

この動作を安定させることで、ボレーにも小さいルーティン動作が入って安定するのです。

「全くラケットを振らない」では、ボレーもいつまで経っても安定しません。

スライス回転をかけるような、小さなスィングは必要なんです。

 

3.相手の打点を低く出来るのも、試合で効果大!

もう1つ、メリットを忘れていました・・・!

それは、相手の打点を低く出来ること。

しっかり下半身から力を伝えて、スライス回転をかけましょう。

スライス回転のボールは相手コートにバウンドした後に滑っていきますので、効果的に相手を追い込むことが出来る。

特に学生の皆さんは、スライス回転に慣れている選手が少ないので、アナタが身に付ければそれだけで1歩リード、と言えるでしょう。

打点が低い位置から、さらにネットにいる相手の足元に沈めるのは難しい。

このメリットは、ダブルスでもシングルスでもとても有効です。

 

スライス回転を覚えると、ボレーで「相手をコントロール」出来るとプレーの幅が拡がります。

また安定感も出てきますので、自分のプレーにリズムも生まれる。

ストロークだけの戦いのテニスは、上のレベルになるとかなりしんどいはず。

積極的に、スライスのボレーを使っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの前衛は、「相手の視界に入って動く」から意味があることを再確認しよう!

    ダブルスの試合で、私が一番嫌だったこと。それは、「相手の前衛が…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    バックハンドボレーが浮いてしまうのは、「打つ方向を見ながら打っている」から

    バックハンドのボレー、皆さん精度はどうでしょう?もちろん、力が…

  3. テニス 練習

    ボレー

    ダブルスで前衛に捕まると、相手は血相を変える

    テニスの試合、相手が感情的になる試合。こういう試合、場面を、増…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    自分がネットに出たときに「ボディ正面を突かれたとき」の為に、対処ボレーを覚えておくと便利!

    ネットプレーに苦手意識のある方の多くが、「身体の正面」に来たボールの処…

  5. テニス 攻撃

    ボレー

    浮いたボールこそ、肩を入れたボレーで入って打てば効果的!

    ボレーを打つ時に、意識したいこと。試合の中で、前に詰めてハイボ…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    どんなに身体に近いボレーでも、1歩で踏み込まずに2歩で打てれば安定感が増す

    身体に近いところの、ボレーは難しい。そう感じること、ありますよ…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    自分の試合を結果論でしか見れない選手は、そこまでの成長しか出来ない
  2. 戦術

    相手のレベルに関係なく、攻めて勝とう
  3. テニス ストローク

    ダブルス

    ストレートアタック、にこそスライスを使おう
  4. テニス ストローク

    メンタル

    テニス部の中で、「チームの柱になれる選手と、なれない選手」は、ココが違う
  5. テニス センス

    メンタル

    馬鹿にされた、刺激をもらったの違い
PAGE TOP