ボレー

シングルスの試合でのネットプレーは、逆を突かれて全然OK

シングルスの試合で、ネットに出る。

これはもう、大変ですよね。

プロ選手でも、なかなか出来ない、やらない技。

だからこそ、私たちは実践する価値があるんです。

ストロークの打ち合いだけじゃない、ネットに出て相手にプレッシャーをかける。

自分には、プレッシャーをかけないように・・・これくらいの意識、で良いと思いますよ。

 

シングルスの試合でのネットプレーは、逆を突かれて全然OK

 


 

1.クロスにパッシング、打たせよう!

私が意識しているのは、相手の打つコースの予測。

基本は、ダウンザラインに来るボールを塞いで、クロスには打たせる。

実際にパッシングショットをクロスに打たれると、逆を突かれた感じになります。

でも、これで良いと私は思っています。

「クロスか!」と気付いて、腕を伸ばして、やっと触るくらいでも良い。

ダブルスには前衛がいますが、シングルスは・・・いませんからね。

 

2.やっと届いてドロップボレー、シングルスの武器になる

これ、結構あるあるだと思うんですよね。

シングルスの試合は、やっと届いたボレーがエースになる。

ネット近くにポトッと落ちるようなケース、ありますよね。

これも、想定内。

シングルスのネットプレーでは、これで良いんです。

ダブルスなら、前衛のチャンスになって攻撃されるところですが、シングルスなら大丈夫。

 

3.相手だって、パッシングショットで必死

実際、相手もベースラインで必死に打っています。

一球入魂、全精力を込めてパッシングショットを打って来る訳ですからね。

その後に前にダッシュ、すぐには走れない。

やっと届いて触るくらいのボレーでも、相手の脅威になるんです。

シングルスの試合は、この意識で充分。

しっかりやることをやって、当たり損ないでも良いんだと。

そう思えたら、楽になりませんか?

 

4.相手のナイスショットは、しょうがない

この意識も大事ですね。

本当にクロスへのナイスショット、が来れば触れない。

相手のナイスショット、しょうがない、と諦める。

安易に作戦を変える必要は無いと思いますよ。

下手にクロス方向、センターに寄ってネットに出てしまうと、ストレートの方が抜かれやすい。

やることは間違っていない、相手へのプレッシャーは効いていると考えましょう。

アナタ自身を避ける為に、厳しいコースに打ってそれが入った。

ただそれだけのこと、ですからね。

 

ネットに出れない方が、もったいない。

シングルスの試合でも、私はこのスタンスです。

逆を突かれても、触ればOK、それが出来ないショットは、相手を褒める。

どうでしょう、この考え方の方が楽じゃないですか?

ピックアップ記事

  1. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  2. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

関連記事

  1. ボレー

    攻める為に前に出る?逆ですよ

    テニスでは、ネットに近いポジションが攻撃的。のように、見えま…

  2. テニス ダブルス
  3. ボレー

    低い態勢でポーチに出る、だけで生み出せる5つのメリット

    最近大活躍の、マクラクラン勉選手。まだ私自身、何度かテレビで観ただ…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    ボレーで身体が開く人は、ラケットを持たない手のひらを使おう!

    ボレーを打つときに、安定感に欠ける人は考えて欲しい問題。きっと…

  5. ボレー

    意表を突いたボレー、が効果的な場面は?

    相手に、「やられた!」と思う瞬間。みなさんは、試合でどんな時に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 不器用

    メンタル

    「自分はテニスに向いていないかも…」と思ったら、不器用な選手に徹してみても面白い…
  2. テニス ストローク

    ボレー

    ダブルスの試合に前衛で武器になる、「ポーチからのドロップボレー」は絶対に身に付け…
  3. テニス ボレー

    日々の雑記

    40-30は、アドバンテージサイド?バックサイド?
  4. テニス 攻撃

    戦術

    直線的で速い球が良いテニス、と思い続けている限り試合では勝てない
  5. ストローク

    浅いボールの打ち込みも、軌道は山なり
PAGE TOP