テニス ボレー

シングルス

シングルスの試合で恥ずかしくない、「ネットプレーを入れて勝ち切る」実践アイデア5つ

シングルスの試合で、しっかり結果を出したい。

そう考えている人に、今回は改めてネットプレーの基本を実践アイデアも含めてまとめてみます。

何度か記事で書いてきたこともありますが、繰り返し書くのはそれが本当に有効だから。

ぜひ、挑戦してみて下さい。

 

シングルスの試合で恥ずかしくない、「ネットプレーを入れて勝ち切る」実践アイデア5つ

 


 

1.サーブ&ボレーを序盤に入れる

ネットプレーと連携させやすいショット、それは間違いなくサーブ。

サーブは自分のタイミングで打てますし、打つコースも自分で決めることが出来る。

リターン側は、サーブのボールと選手が同時に向かってくる訳ですから、かなりの圧迫感があるはずです。

試合の序盤に入れておくと、「ポワーン」とした山なりなリターンは、打ち辛くなりますよね。

しっかり自分がサーブを打った方向に、詰めて前にいく、相手が打つ瞬間にスプリットステップ、を確認しましょう。

 

2.セカンドサーブは積極的にリターンダッシュ

皆さん、試合で相手のセカンドサーブは・・・どうでしょう?攻撃出来ると思いませんか?

後ろからハードヒットするより、前に踏み込んで打つ、そのままサービスライン1歩内側くらいまで前に出ていく、リターンダッシュはシングルスで有効です。

なぜなら、セカンドサーブを打った相手は「頼む、入ってくれ・・・」という感じで、入れることで頭がいっぱいだから。

きっとアナタがリターンダッシュを見せるだけで、ミスして自滅してくれるでしょう。

 

3.相手のミスを誘う意識を強く持つ

これは実践アイデアのベース、になる部分です。

華麗なネットプレーで、ポイントを取りたい?

それは、きっと少なくて良い。

むしろ、相手に自分の存在感をアピールして、ネットミスやアウトミス、を引き出したいのがシングルスでのネットプレー。

その為には、良いポジショニングをしっかり練習しておきたい。

ネットに出た時に、コートの真ん中=センターストラップ近くに立つのではなく、相手を右に寄せたら自分も右に、左に寄せたら左に・・・と、細かく調整していきましょう。

まず優先して、ダウンザラインのストレートのコースから消しておくことをオススメします。

 

4.ラリー戦の中からのアプローチは「攻撃出来るバウント地点」を決めておく

予め、「今日はネットプレーを入れるぞ!」と思うなら、どんなボールからアプローチしていくのかも決めておきたい。

私は、「サービスエリアよりも浅くバウンドしたボール」は、迷わず前にいくように決めています。

これも、もちろんボレーで決まるポイントもあるでしょうが、相手のミスを誘いたい。

そして、ポイントが終わった後も、「この相手は、浅いストロークだと前に来るな・・・深く打たないと・・・」というプレッシャーが相手に残る。

きっとその後は、警戒してストロークでのアウトを連発してくれるはずです。

 

5.「ネットプレー」を恥ずかしがらないこと

最初のタイトルで、「恥ずかしくない・・・」と書きました。

皆さん、なかなかシングルスでのネットプレー、正直恥ずかしいと思っている部分ありますよね。

この心こそ、実は恥ずかしい。

勝つために、シングルスの試合でネットプレーは必要です。

だからこそ、ネットプレーを恥ずかしがらずに入れていく勇気、を持って欲しいと心から思います。

 

共通するテーマは、シンプルです。

自分から動いて、相手に心理戦をしかけてミスを誘う。

シングルスの試合では、相手をいかに「どうしよう・・・どうしよう・・・」という感じに、追い詰めていくこと。

ストロークで充分戦える?

であれば、ネットプレーを入れればもっとシングルスで勝てるはず!

今年の春のテーマとして、いかがですか?

ピックアップ記事

  1. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  2. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で、「リズム良くサーブを打ってくる、調子が良さそうな相手」には、深いリターンで正面を…

    昔のアガシ選手がそうでしたが、サーブをリズム良くポンポン打ってくる相手…

  2. テニス ポジショニング

    シングルス

    「シングルスではポジションによって、異なる力がある」攻撃と守備、一人でこなすバランス感覚とは?

    シングルスを戦うときに、ポジションごとに攻撃力・守備力を意識したことは…

  3. テニス ボレー

    シングルス

    自由度が高いシングルスの試合、実は出来ることってすごく少ないかも知れない

    アンケートでご質問頂いた項目で多かったのが、シングルスでのお悩み、です…

  4. 食事

    シングルス

    シングルスで結果を出してこそ、アナタは本物の自信を入れ得るとこが出来る

    テニスの試合は、ダブルス中心。私の肌感覚では、T-PRESS読…

  5. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「ストロークで相手の逆を突けたら、迷わずネットへ出る」ことで試合を優位に進められ…

    最近、プロ選手のシングルスの試合を観ていると、特に女子選手でもこういっ…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    意図的に浅いボールを打ってネットダッシュ、はシングルスで超絶使える基本パターン

    オムニコートでの試合、先日のインターハイをネットで観戦していたときに、…

特集記事

  1. テニス知識

    痙攣は、慌てなければおさまることも多い
  2. テニス サーブ

    ボレー

    初心者にボレーを教えるなら、「セットしてから横向きで踏み込む」ことをシンプルに徹…
  3. テニス知識

    テニスの大会でも備えておきたい「台風や暴風雨対策」に役立つグッズ5つ
  4. テニス 環境

    日々の雑記

    T-PRESSがどんな価値を生み出して、どんな場所になれるのか
  5. テニス ポジショニング

    ダブルス

    魚のいない場所で糸を垂らしても、一匹も釣れない
PAGE TOP