テニス ボレー

シングルス

シングルスの試合で恥ずかしくない、「ネットプレーを入れて勝ち切る」実践アイデア5つ

シングルスの試合で、しっかり結果を出したい。

そう考えている人に、今回は改めてネットプレーの基本を実践アイデアも含めてまとめてみます。

何度か記事で書いてきたこともありますが、繰り返し書くのはそれが本当に有効だから。

ぜひ、挑戦してみて下さい。

 

シングルスの試合で恥ずかしくない、「ネットプレーを入れて勝ち切る」実践アイデア5つ

 

1.サーブ&ボレーを序盤に入れる

ネットプレーと連携させやすいショット、それは間違いなくサーブ。

サーブは自分のタイミングで打てますし、打つコースも自分で決めることが出来る。

リターン側は、サーブのボールと選手が同時に向かってくる訳ですから、かなりの圧迫感があるはずです。

試合の序盤に入れておくと、「ポワーン」とした山なりなリターンは、打ち辛くなりますよね。

しっかり自分がサーブを打った方向に、詰めて前にいく、相手が打つ瞬間にスプリットステップ、を確認しましょう。

 

2.セカンドサーブは積極的にリターンダッシュ

皆さん、試合で相手のセカンドサーブは・・・どうでしょう?攻撃出来ると思いませんか?

後ろからハードヒットするより、前に踏み込んで打つ、そのままサービスライン1歩内側くらいまで前に出ていく、リターンダッシュはシングルスで有効です。

なぜなら、セカンドサーブを打った相手は「頼む、入ってくれ・・・」という感じで、入れることで頭がいっぱいだから。

きっとアナタがリターンダッシュを見せるだけで、ミスして自滅してくれるでしょう。

 

3.相手のミスを誘う意識を強く持つ

これは実践アイデアのベース、になる部分です。

華麗なネットプレーで、ポイントを取りたい?

それは、きっと少なくて良い。

むしろ、相手に自分の存在感をアピールして、ネットミスやアウトミス、を引き出したいのがシングルスでのネットプレー。

その為には、良いポジショニングをしっかり練習しておきたい。

ネットに出た時に、コートの真ん中=センターストラップ近くに立つのではなく、相手を右に寄せたら自分も右に、左に寄せたら左に・・・と、細かく調整していきましょう。

まず優先して、ダウンザラインのストレートのコースから消しておくことをオススメします。

 

4.ラリー戦の中からのアプローチは「攻撃出来るバウント地点」を決めておく

予め、「今日はネットプレーを入れるぞ!」と思うなら、どんなボールからアプローチしていくのかも決めておきたい。

私は、「サービスエリアよりも浅くバウンドしたボール」は、迷わず前にいくように決めています。

これも、もちろんボレーで決まるポイントもあるでしょうが、相手のミスを誘いたい。

そして、ポイントが終わった後も、「この相手は、浅いストロークだと前に来るな・・・深く打たないと・・・」というプレッシャーが相手に残る。

きっとその後は、警戒してストロークでのアウトを連発してくれるはずです。

 

5.「ネットプレー」を恥ずかしがらないこと

最初のタイトルで、「恥ずかしくない・・・」と書きました。

皆さん、なかなかシングルスでのネットプレー、正直恥ずかしいと思っている部分ありますよね。

この心こそ、実は恥ずかしい。

勝つために、シングルスの試合でネットプレーは必要です。

だからこそ、ネットプレーを恥ずかしがらずに入れていく勇気、を持って欲しいと心から思います。

 

共通するテーマは、シンプルです。

自分から動いて、相手に心理戦をしかけてミスを誘う。

シングルスの試合では、相手をいかに「どうしよう・・・どうしよう・・・」という感じに、追い詰めていくこと。

ストロークで充分戦える?

であれば、ネットプレーを入れればもっとシングルスで勝てるはず!

今年の春のテーマとして、いかがですか?

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「自分の得意なパターンで攻撃していく」ために大切な4つの準備

    シングルスの試合は、自由にプレー出来る分、想像力が求められます。…

  2. テニス ストローク

    シングルス

    シングルス試合での実践的なネットプレーは、「ゆっくりな速度のアプローチとフェイント」を混ぜていこう

    学生の皆さんやジュニアの選手の試合を見ていると、ネットプレーがほとんど…

  3. シングルス

    ジョコビッチ選手に見る「シングルスでのコートカバーリング」の技術4つ

    今年のグランドスラム、男子シングルスはまさにジョコビッチ選手の独壇場で…

  4. テニス 準備
  5. テニス 客観視

    シングルス

    テニスのシングルスの試合、結局相手のどこをチェックすれば良い?

    相手をよく観察することの重要性、をこのサイトでは何度も書いてきました。…

  6. テニス ドロップショット

    シングルス

    シングルスの試合は、まず3往復スタートで充分

    いざ、大事な試合のシングルス。序盤が大事なことはしっかり理解し…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーの基本である「斜め前に踏み込みながらボレー」を実践して、守備範囲を拡…
  2. テニス メンタル

    戦術

    自分のテニスの特徴、どんどん相手に見せていこう!
  3. その他

    「パワーとスピードを生み出す関節の使い分け」身体を理解してテニスの動きを身に付け…
  4. テニス 感覚

    その他

    「2015年 インターハイ テニス会場」に行って良かった感じたこと5つ
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で大事なのは、「ボールがバウンドした地点ではなく、バウンド後の伸び」…
PAGE TOP