シングルス

「アナタとラリーを続けたい」精神で

試合で安定した成績を残すために、必要な意識。

対戦相手も、試合を一緒に形作る要素、ですからね。

もちろん敵ですから、そこはハッキリ、嫌な想いをしてもらわないといけないのですが、ラリー中はどうでしょう。

もっと、アナタと打ち合っていたい。

実力が同じくらいの相手であれば、試合の序盤はこれでも良いと思いますよ。

 
 

しっかりラリーするポイントを、作ろう

試合の中で、序盤に意識したいこと。

「このポイントは、しっかり打ち合うぞ」と決めたら、ラリー回数が多いポイントを作りたい。

私も普段はサーブ&ボレーですが、意図的に後ろに留まって雁行陣でラリーするポイント、も作ります。

なぜなら、ストロークの数を序盤にも打っておきたいからなんですよね。

試合の終盤、大事なポイントで探るようなことはしたくない。

だから、序盤で長いラリーを相手としたい。

そこには、相手の協力が不可欠です。



「続けましょうよ」と語りかけてみる

相手を、避けない。

相手に、「ラリーずっと、続けましょうよ」という気持ちで、丁寧にラリーしてみる。

そこでもし、相手に攻撃されて決められたら、しょうがない。

自分から相手を避ける、強引な攻撃をしてミス、だけはしないように意識してみる。

自分と実力が同じくらいの相手なら、結構これでそのまま勝てたりもするんですが。

相手に語りかけるように、打ってみて下さい。

きっと、良いラリーが出来ると思いますよ。



相手は自分の、「協力者」である

対戦相手を、自分の協力者にしてしまう。

テニスの試合では、こういう発想も大事です。

倒すべき相手ですが、その前に自分自身の調子を上げたり、ナイスな配球で走り回ってもらったり。

相手がいないと、そもそもテニスの試合自体出来ないですからね。

自分の協力者にしてしまって、自分の勝ちに貢献してもらう。

虫の良い話かも知れませんが、こういう発想が持てると序盤にすごく楽に入ることが出来ますよ。

   

相手の強引な攻めに、やられることって少ない

思い出してみて下さい、自分の試合。

相手の強引な攻めに失点、どの程度あるでしょうか?

結構少ないはずなんです。

だから、この「アナタとラリーを続けたいんです」精神でも、試合の序盤はちょうど良い。

エンジンがかかって来た試合の中盤以降は、「終わらせる」という意識も大事ですが。

強引な攻めを恐れて、アナタ自身がラリーを投げてしまっているケース、の失点の方が圧倒的に多いでしょう。

粘る、というニュアンスを少し変えてみる意識で、取り組んでみて下さい。



粘るのとは、違います。

自分の調子を上げていく、その手助けを相手にしてもらう。

序盤に反対側のコートに協力者を見つけられたら、もう試合は勝ったようなもの。

ぜひ、意識してみて下さい。

相手はアナタの、サポートまでしてくれる良い人、ということで。

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「長いラリーは自分のペース」と思えるように

    シングルスの試合に勝てない人には、ある共通の苦手意識がある。そ…

  2. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスのストロークには、リズムの変化が求められる

    シングルスの試合で、そんなにパッと見強くないのに、負けない選手っていま…

  3. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で使える、相手を前後に振り回すロブボレー術

    シングルスの試合で、使えるテクニックの1つ、をご紹介。ドロップ…

  4. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「自分の得意なパターンで攻撃していく」ために大切な4つの準備

    シングルスの試合は、自由にプレー出来る分、想像力が求められます。…

  5. テニス メンタル

    シングルス

    「テニスのシングルスの試合でドロップショットを活かす」打った後のポジショニング5箇条

    シングルスの試合でリズムに変化を付けたいとき、あなたはどんな武器を持っ…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    初中級相手のシングルスの試合なら、「バックの浅いスペースにスライス」を徹底して打ってみよう

    テニスを始めて間もない、またはソフトテニスから移行してすぐの初中級プレ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    相手が強気で来る場面は、冷静に「動いてくる逆」を突いていこう
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合で「ダブルスの雁行陣の弱点」は、学生プレイヤーの皆さんにも覚えておい…
  3. ボレー

    成長するとは、受け入れるということ
  4. ストローク

    相手が打った瞬間に、フォアかバックかを決めて、グリップまで決めよう!
  5. リターン

    「レシーブ構えている時」に意識したいテニスの試合で使える相手への印象付けテクニッ…
PAGE TOP